ペット保険:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ペット保険:市場シェア分析、産業動向・統計、成長予測(2024~2029年)」(Mordor Intelligence)の販売を3月19日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/moi1439756-pet-insurance-market-share-analysis-industry.html

ペット保険市場規模は2024年に107億6,000万米ドルと推計され、2029年には193億3,000万米ドルに達し、市場推計・予測期間(2024-2029年)のCAGRは12.43%で成長すると予測されます。

例えば、2021年6月に発表されたPeople's Dispensary for Sick Animals(PDSA)のPAWレポートによると、英国では2020年3月から2021年5月までの間に200万人がペットを飼い始めました。また、Bennett, Coleman &Co.が2022年7月に発表した記事によると、迷子の里親探しやペットのメンテナンスに対する意識が高まり、ペット保険のニーズも増加し、毎年14%増加すると予想されています。ペット保険会社の調べでは、インドで保険に加入しているペットは1,900万匹を超えます。さらに、COVID-19は、診断と治療処置の料率が上昇していることから、ペット保険市場に若干プラスの影響を及ぼしています。例えば、2021年11月、ルイジアナ動物疾病診断研究所(LADDL)は、ルイジアナ州公衆衛生局および疾病管理センター(CDC)と提携し、2021年12月31日までルイジアナ州の犬と猫にCOVID-19検査を無料で提供するプロジェクトを実施しました。この動向は、COVID-19パンデミック時の市場成長にプラスの影響を与えました。

養子縁組に出される動物の数が大幅に増加し、養子縁組が増加していることが、市場の成長を促す大きな要因となっています。2021年11月に米国獣医師会(AVMA)が発表した調査によると、近年、犬・猫両方の個体数が増加しており、犬や猫を飼っている世帯の割合も増加しています。犬の数は2016年の7,680万頭から2021年には約8,370万頭、1世帯あたり1.46頭となっています。ペットフード製造業者協会によると、2021年の時点で、英国ではパンデミック開始以来320万世帯がペットを飼っています。現在、英国には3,400万匹のペットがおり、その内訳は猫1,200万匹、犬1,200万匹、モルモットやハムスターなどの小型哺乳類320万匹、鳥類300万匹、爬虫類150万匹となっています。さらに、欧州の推定8,500万世帯が少なくとも1匹のペットを飼っています。この動向は、ペットの人間化や新興国におけるペットの急速な普及などの要因により、予測期間中にさらに高まると予想されます。このように、ペット飼育の増加は市場の成長を促進する主な要因の一つです。

したがって、上記の要因は、予測期間中の調査市場の成長に総体的に起因しています。しかし、償還のための標準化されたペットの健康コードの欠如は、予測期間中の市場成長の妨げになると予想されます。

ペット保険市場の動向

犬セグメントがペット保険市場で有利な成長機会を示す見込み

ここ数年、動物、特に犬の養子縁組が大幅に増加しています。世界的に見ても、犬は他のどのペット動物よりも好まれています。例えば、2022年のペット飼育統計によると、米国では70%の世帯(9,050万世帯)がペットを飼っており、そのうち6,900万世帯が犬を飼っています。ペットの飼育が増加していることも、このセグメントの成長の大きな理由です。2019年のペット総人口では、犬が34.0%、猫が20.0%を占めています。そのため、犬の飼育頭数や需要が多いことから、それに伴い犬向けの保険も増加しています。

さらに、犬の間でいくつかの病気が流行し、治療費が高額であることが、犬のペット保険導入の主な要因となっています。犬のがん罹患率は人間とほぼ同じです。2020年6月の獣医がん協会によると、がんは世界的に犬の47%、特に10歳以上の犬の死因のトップです。がんは高齢の動物に見られる病気であるにもかかわらず、ロットワイラー、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、ブービエ・デ・フランドル、ジャーマン・シェパード、グレート・デーン、ラブラドール・レトリーバー、ビション・フリーゼ、ボクサー、ゴールデン・レトリーバーなど、若くしてがんを発症する家系や犬種があります。

したがって、上記の要因が予測期間中の市場のセグメント別成長を促進すると予想されます。

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1439756

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています