7月28日は世界肝炎デーです 当社専属保健師が解説、肝炎とは?最近流行の小児の急性肝炎についても紹介

セントラルメディエンス、「産業医ラボ.com」コラム更新のお知らせ

 産業医と企業をマッチングするサービス展開するなど、企業のヘルスケアをサポートする産業医ラボ.comを運営する株式会社Central Medience(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中川隆太郎、以下産業医ラボ.com)は、当社専属保健師による「世界肝炎デー」に関するコラムを更新しましたのでお知らせいたします。

 2010年(平成22年)5月の世界保健機関(World Health Organization 以下WHO)の総会において7月28日を「世界肝炎デー」に制定されています。今回のコラムでは、肝炎とはどのような病気なのか?最近流行している小児の急性肝炎についても当社専属の保健師が紹介いたします。




■肝炎とは?

 さて、最近、小児の急性肝炎が報告されていますが、そもそも肝炎とはどんな病気なのでしょうか?

肝臓は、
①消化管から取り込んだ栄養を利用しやすい形にかえる。
②毒物を分解
③体内の物質のバランスを維持

など、生命を支えるため重要な働きを担っていますが、この肝臓の細胞が壊れてしまった状態が肝炎です。

肝炎には、原因により、
①ウイルス性
(A型、B型、C型、D型、E型など)
②薬物性
③アルコール性
④自己免疫性など
があります。

出典: 厚生労働省 知って肝炎プロジェクト
https://www.kanen.org/about/kanen/#nav_subcategory 


■それぞれの肝炎の感染経路や治療法、効果のあるワクチンは

 肝炎ウイルスの種類は何種類かありますので、その感染経路やワクチン、治療法について簡単に見てみましょう。

※ 肝炎ウイルスのキャリア:肝臓の中に肝炎ウイルスが住みついている(持続的に感染している)状態

出典: 厚生労働省 E型肝炎ウイルスの感染事例・E型肝炎Q&A
https://www.mhlw.go.jp/houdou/2003/08/h0819-2a.html


■小児の急性肝炎の原因とは

 今回小児に発症がある急性肝炎については原因がはっきりとせず、2022年6月30日10時までの報告で、国内で67名が感染しています。アデノウイルスや新型コロナウイルスの関係性も調べられてはいますが、今のところ関係性は認められていないようです。(もちろんA~E型の肝炎感染が否定されている肝炎症例です。)

アデノウイルス陽性例(2件)は、英国等で報告されているアデノウイルス 41 型 ではなく、アデノウイルス1型及び2型となっています。

出典: 厚生労働省 小児の原因不明の急性肝炎について
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000959421.pdf


小児の急性肝炎については、WHOも厚生労働省も今後も情報収集していくようです。原因がわかるとともに、早期に治療を開始し肝臓移植などに移行しないことを、心から願っております。


■まとめ

 7月28日の世界肝炎デーを機に、ご自身の肝機能の異常がないか?異常があれば、ウイルス性の肝炎ではないことを、一度検査して調べてみてください。
自治体によっては、無料でウイルス検査ができる自治体もあるようです。
お住いの自治体の対応は、下記URLにて調べられます。


肝炎の感染を放置せず、肝硬変や肝がんに移行しないよう予防をしていきましょう!!




■ 執筆 ■
小岩 統子 こいわ とうこ
株式会社Central Medience 産業医ラボ.com専属保健師

臨床にてICU・内科・訪問看護を5年ほど経験したのち、健康保険組合・企業などにて13年間産業保健師として活躍。
現在は、当運営会社 株式会社セントラルメディエンスに入社し、産業医ラボ.comの専属保健師として活躍している。


株式会社Central Medience

代表者:代表取締役 中川隆太郎
所在地:〒221-0052 横浜市神奈川区栄町2-9 東部ヨコハマビル3F
事業内容:産業医紹介、メンタルヘルス対策、医療コンサルタント事業 他
公式HP:https://centralmedience.com/