えっ、先進国で日本だけ!?「ヒアルロン酸を使った●●」のほんとうの話

美容外科 南クリニック(所在地:東京都渋谷区、院長:南 晴洋)は、ヒアルロン酸を用いた豊胸術についてのコラムを公開いたしました。

一部の美容クリニックが、大々的に推している「ヒアルロン酸注入法」。手軽でリーズナブル、そしてダウンタイムがほとんどないことから、施術を受ける人が爆発的に増えています。

しかし、ここまでヒアルロン酸注入法に注目が集まっているのは、世界を見渡しても日本だけではないかと言われているのはご存じでしょうか。

そもそも、ヒアルロン酸の効果は数ヵ月から1~2年程度で失われてしまうという特徴があり、あくまでも一時的な豊胸と捉える必要があります。海外の人たちは、消えてなくなってしまうものにお金をかけるという発想そのものを持たないのかもしれません。

そもそも海外では豊胸を「悪」とは捉えず、美しくなるための「努力」とする考え方が広まってきています。ですから、一時的な豊胸ではなく、半永久的な豊胸が選ばれるのかもしれません。

今回は、日本だけで流行しているヒアルロン酸注入法について、メリットとデメリットを伝えていきましょう。

美容医療では名の知れたヒアルロン酸。豊胸でもメジャーだけど、どんなものなの?

細胞の結合や、衝撃から細胞を守る働きをするヒアルロン酸

まず、ヒアルロン酸とは何なのか……というところからお話していきましょう。

ヒアルロン酸はもともと私たちの体内に存在する成分です。豊胸術で使用するのは、体内に備わっているヒアルロン酸と同様の成分でつくられた人工物になります。

成分内容としては、グルコサミンとグルクロン酸という2種類の糖がペアになっており、私たちの体の中では、細胞と細胞を結合や、刺激や衝撃から細胞を守る役割を担っています。水分保持力が高いことから、基礎化粧品に使われたり、水分が失われたことで痛む関節炎の治療に利用されたりしています。

アンチエイジング美容で活躍するヒアルロン酸

美容クリニックの施術でも、ヒアルロン酸は大活躍しています。というのも、加齢によって、皮膚のヒアルロン酸量が減少してしまうからです。ヒアルロン酸が減って、水分が不足することで、皮膚にはシワやたるみができてしまいます。そのため、アンチエイジングの1つとして、皮膚にヒアルロン酸を注入すると、肌がふっくらと盛り上がり、張りのある若々しい素肌をつくることができるのです。また、シワに沿って、皮膚に線状に注射すれば、シワを盛り上げて目立たなくすることができます。

ただし、最初にも述べた通り、人工的に注入したヒアルロン酸は、時間とともに体内に吸収され、やがて消失してしまいます。

院長:南晴洋

京都第二赤十字病院形成外科勤務、大手美容外科院長を経て1997年 南クリニック開業。