年末年始帰省できないご家族へ、秋田県の印刷会社が提案する、コロナ禍に適応したコミュニケーション!実家の家族とオンラインで一緒に遊べる知育・脳トレゲーム【しりとりBINGO エコ】

2セットあれば、遠く離れたおじいちゃん、おばあちゃんと思い出をつくれるゲーム!


有限会社雄物川(おものがわ)印刷(秋田県横手市雄物川町、代表取締役:高橋富男、以下 雄物川印刷という)は、おうち時間が多くなったコロナ禍で、親子間のコミュニケーションづくりを目的に、「しりとり」と「ビンゴ」を組み合わせたゲーム『しりとりBINGO』を2020年7月に企画・商品化しました。さらに同年10月に、抗菌用紙・間伐材紙を活用したリニューアル版『しりとりBINGO エコ』を企画し、今の時代にマッチした商品を発売しました。

会えない家族と思い出作り、ビデオ通話でカードゲーム

じいじとビデオ通話で「しりとりBINGO」を遊ぶ4歳の女の子
じいじとビデオ通話で「しりとりBINGO」を遊ぶ4歳の女の子

2020年の年末年始は、不要不急の外出や県外への移動を控え、帰省を諦めるご家族も増えることが予想されます。そんな中、離れたご家族に会えなくなり、寂しい思いをされている方も多いのではないでしょうか。
そういった方々に向けて雄物川印刷は、離れた場所でもオンラインで一緒に遊べ、コロナ禍でも家族の交流が促進されるコミュニケーションツールを提案いたします。
4歳前後の男の子・女の子から、おじいちゃん・おばあちゃんまで、性別・世代を問わず楽しむことができるカードゲームです。おうち時間に親子で遊ぶだけでなく、お孫さんとビデオ通話で交流する際の、思い出づくりとしても活用いただけます。
また、「抗菌」・「環境にやさしい」など、これからの時代にもマッチしたおもちゃです。
誕生日のプレゼント、ママ友や営業先へのプチギフトにもおすすめです。

抗菌で安心、環境にも配慮『しりとりBINGO エコ』

子どもの興味を引くかわいいデザイン
子どもの興味を引くかわいいデザイン

「おうちで遊び、子どもに自信と喜びを」

現在進行形で子育てに悩むパパだから生まれた、子どもに自信を持たせる知育

「しりとりBINGO」は、しりとりの最後の文字が自分のカードにあれば穴をあけていく、「しりとり」と「ビンゴ」を組み合わせた考える力を育むゲームです。
このゲームは、現在2歳と4歳の子供を育てている、雄物川印刷役員の父親が開発しました。
子育てパパだからこその切り口とアイデアで商品開発を進めました。
家族のコミュニケーションを促進し、子どもが自主的に考えて答えを導き出すプロセスが、自信や喜びにもつながります。
遊びながらひらがなの勉強にもなりますし、語彙力や思考力を育みます。
自分のカードにある文字で終わる言葉を選択することが、頭の体操になるので大人でも脳トレーニングとして楽しめます!

家族の会話が弾むビンゴゲーム
家族の会話が弾むビンゴゲーム

オンライン(リモート)プレイで遊べます

『しりとりBINGO』は、場所問わず「しりとり」さえできれば成り立つゲームです。
『しりとりBINGO』が2セットあれば、PCやスマホ、タブレットなどのビデオ通話を介して、離れた場所の人たちと遊ぶことができます。
【2セット以上で遊ぶ際の注意点】
同じ文字配列のカードを選ばないように注意が必要です。ビンゴカードの左下にある識別コードで事前に確認お願いします。『しりとりBINGO 新装版』と『しりとりBINGO エコ』など、シリーズの異なるセットであれば重複することはありません。

保護者が少しでも安心してお子様と遊べる抗菌用紙を採用

「抗菌用紙」使用のメダルカード

メダルカードは、ビンゴになるとポイントがもらえるカードです。
複数のプレイヤーが触る頻度の高いメダルカードは、衛生面でより安全に遊んでいただけるように、抗菌用紙を使用しています。
【抗菌用紙について】
菌やウイルスの増殖を抑える働きがある「銀抗菌剤」を使用した紙のことです。
抗菌用紙については、バクテリアに対して抗菌作用が認められています。
(新型コロナウイルスや他のウイルスに対する有効性については、現時点では確認できておりません。)

『エコ』について親子で考えるきっかけに

環境に配慮した「間伐材紙」を使ったビンゴカード

SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」でも目標とされている「持続可能な社会」の実現に向けて、世界中の様々な企業が取り組んでいる中、弊社も『しりとりBINGO エコ』を通して貢献していきます。
これからは一人ひとりの意識が求められ、家庭での教育も重要になってきます。
そこで、『エコロジー』(=自然環境保全)について親子で考えるきっかけになればと、ビンゴカードは間伐材紙を採用しました。

【間伐材紙について】
間伐材紙とは、植林された森林を健全に育成するために伐採した「間伐材」を原料とした紙のことです。

間伐材紙を使った商品を利用することで、森林を保全している人たちを支援することができるのです。
豊かな森林を守ることにつながる『しりとりBINGO エコ』をきっかけに、親子で森林保全に関心をもっていただけると幸いです。

<商品の詳細>

■『しりとりBINGO エコ』
《入っているもの》
・環境に配慮した間伐材紙を使用したビンゴカード10枚
・安全・安心の抗菌用紙を使用したメダルカード全10枚
(1ポイント5枚/2ポイント3枚/3ポイント1枚/0ポイント1枚)
・遊び方ガイド(間伐材紙使用)

●通常価格:1,100円(税込)送料無料
【期間限定2021年1月末まで】
発売記念特価:980円(税込)送料無料

<ご購入方法>

■雄物川印刷のウェブサイト
https://omonogawa.co.jp/shopping/

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B08KGK6ZKL/

■omonogawa 楽天市場店
https://item.rakuten.co.jp/omonogawa/sbeco-061-090/

<企業概要>

【有限会社雄物川印刷】

雄物川印刷は、これまで上場企業や行政を含む顧客から1000案件以上のオリジナルビンゴカードを製作してきました。そのビンゴカード製作のノウハウを活かし、これまでにない新しいゲーム商品を開発しました。遊びながら考える力を育むゲーム『しりとりBINGO(しりとりビンゴ)』を企画・製作し、2020年7月3日に販売を開始し、これを機に、ブランド「omonogawa(オモノガワ)」を立ち上げました。2020年10月8日には、菌の増殖を抑える「抗菌用紙」を使用することにより、安全・安心を高めた『しりとりBINGO 新装版』と、さらに「間伐材紙」を使用することで、環境保全に配慮した『しりとりBINGO エコ』の2種を同時発売。そして2020年11月1日に、まるごと抗菌用紙・脱プラの『2021年抗菌卓上カレンダー』をリリースしました。今後も、人々の暮らしを豊かにする様々な製品の企画・販売を行っていきます。

また、SDGsの達成にも、印刷会社として取り組んでいきます。間伐材紙を活用した環境に配慮した印刷物、抗菌用紙を使用したアフターコロナ時代にもマッチする印刷物などの開発・製造を通じて、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

・法人名:有限会社雄物川印刷
・所在地:秋田県横手市雄物川町薄井字神谷地218-2
・代 表:代表取締役 高橋富男
・設 立:平成6年9月
・事 業:印刷製本加工及び企画・編集・デザイン
・ウェブサイト:https://omonogawa.co.jp/

■リリースに関するお問い合わせ■
有限会社雄物川印刷
担当 : 高橋 和也(たかはし かずや)
Tel: 0182-23-1641
Email: support@omonogawa.co.jp (対応時間:平日9:00〜17:00)