【北海道 東川町】4月14日「椅子の日」を制定・宣言 建築家 隈研吾氏と連携した新たな取り組みも開始

記念展示『世界の名作椅子ベスト20』などを同日から開催

北海道上川郡東川町は、「4月14日」を『椅子の日』と制定・宣言を行います。また、東川町は主要産業である家具・クラフトの更なる振興を図り、東川MADEの「旭川家具」の販売促進と価値向上に向け、建築家 隈研吾氏と連携した新たな取り組みや、世界的に評価の高い「織田コレクション」の中から椅子を中心にキュレーションした織田コレクション展『世界の名作椅子ベスト20』、東川町内木工事業所製作による『自慢の椅子/ワーク&ライフチェア/子ども向け椅子』などの企画展示を開催いたします。

「椅子の日」宣言

 旭川家具の主要な産地の一つである東川町は、多くの家具職人が集い、その匠達が高い技術と優れたデザイン力により、芸術性高い家具を作り続けており、世界から認められるモノづくりの産地へと成長しました。(中略)
 新しいライフスタイルが模索されている今、全国の皆様に向け、これらの暮らしを育む文化“東川スタイル”を通じて、未来の社会のあり方を考えるきっかけづくりとして「椅子の日」を制定し、家具や椅子に感謝する習慣と文化を創造するとともに、地域の家具産業の振興を図ることをここに誓い、宣言いたします。

4月14日「良い椅子の日」関連イベント・展示

・「良い椅子の日」制定・宣言の発表会
・建築家隈研吾氏がデザインし、町内木工事業所が製作した椅子の発表
・東川町内木工事業所製作による「自慢の椅子/ライフ&ワークの椅子/子ども向け椅子」の展示
・東川町が所有する家具コレクション、織田コレクション展『世界の名作椅子ベスト20』
・アンテナショップ「東川ミーツ」せんとぴゅあⅡ店のオープン
・東川町内木工事業所が、オリジナル家具を展示・販売する「家具・クラフト市」
・「『隈 研吾&東川町』KAGUデザインコンペ」

『隈研吾×町内木工事業所の椅子・椅子の日関連展示』

町内木工事業所の展示
町内木工事業所の展示
隈研吾氏デザインの椅子 制作:株式会社WOOD WORK
隈研吾氏デザインの椅子 制作:株式会社WOOD WORK
隈研吾氏デザインの椅子 制作:TIME&STYLE
隈研吾氏デザインの椅子 制作:TIME&STYLE

日時:2021年4月14日(水)~5月5日(水・祝)
場所:東川町複合交流施設せんとぴゅあⅡ内

椅子の日を記念して建築家の隈研吾氏がデザインし、東川町の木工事業所が製作した椅子の展示や、町内木工事業所が製作した『自慢の椅子/ワーク&ライフチェア/子ども向け椅子』などを展示。
また、この『椅子の日』制定を記念し、隈研吾氏との連携事業のひとつとして、建築家隈研吾氏がデザインし、町内木工事業所が製作した椅子を同日発表いたします。

織田コレクション展『世界の名作椅子ベスト20』

日時:2021年4月14日(水)~5月5日(水・祝)
場所:「せんとぴゅあⅠ」ギャラリー
世界的に評価の高い「織田コレクション」の中から世界の名作椅子20点を展示。

・「織田コレクション」とは? https://odacollection.jp/(織田コレクション協力会HP)
「織田コレクション」とは、椅子研究家の織田憲嗣氏(東海大学名誉教授、東川町芸術文化コーディネーター)が長年にわたり収集、研究をしてきた近現代における優れたデザイン群です。東川町では「織田コレクション」の一部を公有化し、圏域全体の資源として様々な取り組みを進めています。

アンテナショップ「東川ミーツ」せんとぴゅあⅡ店のオープン

オープン日:2021年4月14日(水)
場所:東川町複合交流施設「せんとぴゅあⅡ」内

東川町で製作された家具やクラフトを中心に、東川町関連書籍などを展示・販売するほか、木工事業所等の事業所紹介ブース「MAKERS TUNNEL東川のものづくり」が誕生します。

東川町内の家具事業者が家具の展示・販売をする『家具・クラフト市』

前回実施の様子
前回実施の様子
前回実施の様子
前回実施の様子

日時:2021年4月17日(土)・4月18日(日)
場所:東川町複合交流施設せんとぴゅあⅠ 講堂・コミュニティホール
東川町の20を超える木工事業所が一同に会し、家具クラフトの展示・販売を行うほか、ワークショップも開催します。東川町内で使える・貯まるユニバーサルカード(HUCカード)とも連携をしたイベントを同時に開催します。

東川町の家具を通じて“人生に寄り添う”取り組みは、2021年、新たに次世代を担う若者を育成するプロジェクトにも着手しました。コロナ禍の中、過密な大都市の課題が明らかになると共に、新しいライフスタイルの模索が始まっており、それぞれの地域が本来持つ可能性は、新しいライフスタイルのヒントとなろうとしています。
そのような中で建築を通じて地域の魅力を早くから唱え、地域資源の利用拡大や、次世代を担う若者達への教育への強い関心など、建築の世界から地域デザインを考えようとする建築家 隈研吾氏と、豊かで美しい環境に恵まれ、家具づくりの盛んな東川町が共に組んで、新しい提案を始めていきます。

隈研吾氏との連携プロジェクト「『隈 研吾&東川町』KAGUデザインコンペ」開催

「『隈 研吾&東川町』KAGUデザインコンペ」は、36の国・地域から、834件の提出がありました。(事前登録件数 は1,876件(41の国・地域))応募作品の中から10作品を選定し、6月26日(土)に東川町にて公開プレゼンテーションを開催のうえ、隈研吾賞(最優秀賞)1作品、優秀賞3作品、佳作6作品の受賞作品を選定する予定です。

応募内容:テーマ「木の椅子のデザイン」
参加資格:国内外問わず、学生で30歳以下の若者
スケジュール:
2021年3月31日 作品提出締め切り
   5月中旬 入賞10作品決定(公表)
   6月26日 公開審査会、表彰式(東川町で実施)
※公開審査会及び表彰式は、コロナウイルス感染症拡大等の状況によっては開催方式が変更となる場合があります

隈研吾氏メッセージ

コロナで今、世界は大きく変わろうとしています。閉じた箱から出ること、都市から出て自然に近づくことが、コロナ後の世界のテーマとなるでしょう。
その新しい世界では、人間と環境をつなぐ装置としての家具が今まで以上に注目されることになるでしょう。そして「家具」というものの定義自体が変わる可能性もあります。
そういう新しい時代にふさわしい家具を、新しい思い切った発想で提案してください。自然豊かな東川から、世界に家具の新しいあり方を発信したいと思っています。