「東京ヤクルトスワローズファン感謝DAY」で旬のリンゴなどを味わおう!【長野県中野市】

明治神宮野球場で開催される「東京ヤクルトスワローズファン感謝DAY」に長野県中野市が協賛ブースを出展。北信州・中野市で栽培した、今が旬の「リンゴ」、「きのこ」の農産物に加え、信州の伝統野菜「ぼたんこしょう」の加工品の販売を行います!

中野市は、長野県北部にある北信州の中心都市です
中野市は、長野県北部にある北信州の中心都市です
名産品のリンゴ
名産品のリンゴ
キノコ生産量は日本一
キノコ生産量は日本一
信州の伝統野菜「ぼたんこしょう」
信州の伝統野菜「ぼたんこしょう」

催行日

令和2年12月6日(日)

午前の部:午前9時30分~11時30分
午後の部:午後1時30分~3時30分

会場

明治神宮野球場 7番口ゲート前

長野県中野市の概要

人口約42,000人。唱歌「故郷」の作詞者・高野辰之、「シャボン玉」の作曲家・中山晋平が生まれ育った地で、豊かな自然、美しい山々、日本のふるさとの原風景が今も広がっています。リンゴ、キノコ、ブドウとおいしい食べ物いっぱい。自然に囲まれている一方で、市街地にはスーパーやホームセンターなど大規模店舗や病院もたくさん!高速道路のインターチェンジが2つあり、新幹線駅にも近く、首都圏とのアクセスもとても良い「ちょうどいい田舎」です。

日本の原風景が広がる長野県中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。
日本の原風景が広がる長野県中野市は、懐かしい自然を残しつつ、常に時代に先駆けて新しいおいしさに挑戦する農業の先進地として知られています。
「東京音頭」作曲の中山晋平
「東京音頭」作曲の中山晋平

長野県中野市はスワローズファンならおなじみ「東京音頭」の作曲家、中山晋平の出身地です。
中山晋平がその生涯で作曲した作品は、「シャボン玉」「てるてる坊主」「証城寺の狸囃子」など童謡823曲、新民謡287曲、流行歌468曲、その他学校の校歌・社歌等217曲あり、現在判明しているだけで1795曲の作品があります。

中野市経済部売れる農業推進室
〒383-8614 長野県中野市三好町一丁目3番19号
TEL:0269-22-2111(406)
FAX:0269-22-5924
E-Mail:ureno@city.nakano.nagano.jp