コロナ禍、日本の書道を海外に伝える

オンラインで書道を伝えるある試み

 コロナウイルスの脅威が世界的を覆っている中
海外、在住の日本人は故郷日本に帰りたくても
帰れない日々が今も続いています。

 そして、海外在住だからこそ日本への思いは
日本で生活している人たちよりも強いのです。

 海外で生活している日本人のテーマは
「いかに日本語や日本文化を守るか!」だと
シアトル在住の日本人の方からお聞きしました。

 昨年のコロナウイルスの緊急事態宣言を受けて
山口県光市の浩苑書道教室も生徒さんが来れなくなって
途方に暮れていたのですが、オンラインでの書道教室を
模索して昨年の秋から徐々にオンラインでの指導が
可能となりました。

 山口の教室の近くの人だけが通っていた書道教室でも
県外の生徒さんの指導も出来るようになりました。

 そんな矢先にニューヨーク在住の日本人の方から
お問合せのメールが届き、
「コロナウイルスのため、外出も出来きない日々が
続いています。子供のころに日本で書道を習っていたのを
思い出してオンラインで書道を習いたいと思っています。」
とメッセージを受けました。

 オンラインではありますが、書道を通じて日本文化に
触れる事が出来て大変喜ばれている様子で私たちも
オンラインでの書道教室を開催して良かったと思っています。

 コロナ禍ではありますが、ニューヨーク、シアトル、カザフスタン
と書道を通じての日本文化の交流が始まっています。

ニューヨークとのオンライン書道風景
ニューヨークとのオンライン書道風景

お問合せ
浩苑書道教室
山口県光市三井5丁目22-12
電話 0833-61-1227
FAX 0833-77-2797
http://www.ouchi-shodo.com/
担当 藤田浩苑
携帯 090-7125-6681