ダイエットに停滞期はつきもの!乗り越える方法を紹介

停滞期を脱出できるかどうかが、ダイエットを成功させることができるかどうかにかかっています

体重が減らない!停滞期が起こるメカニズム

ダイエットをスタートさせてすぐは、意外と簡単に体重が落ちるものですが、しばらくすると体重が減らなくなることがあります。同じように食事を制限しているのに、どうして体重が減らなくなるのでしょうか?


ダイエット停滞期が起こるメカニズムをみていきましょう。

停滞期は体の自然な反応

ダイエット停滞期が起きるのは、人間の身体に備わっている「ホメオスタシス(恒常性)」という機能によるとされています。ホメオスタシス機能というのは、人間を飢餓から守るために備わっている機能で、食事による摂取カロリーが少ない時期が続いたときに、体重の減少を抑えようと働くものです。


ホメオスタシス機能が働くと、食事によるエネルギーの吸収率が上がり、基礎代謝や運動によるエネルギーの消費量が少なくなるといわれています。いわば身体が省エネモードになるのです。


なので、「食べていないのに体重が減らない」ということが起こるようになります。


ホメオスタシス機能は生命維持のために必要なものなので、誰にでも備わっています。つまり、ダイエットをやっているのに体重が減らないといった停滞期は、誰にでも起こり得ることなのです。

停滞期はいつ起こる?

ダイエット停滞期がいつ起こるかは個人差がありますが、だいたい1カ月で体重の5%が減ると、ホメオスタシス機能が働いて停滞期に入りやすくなります。


なので、1カ月の間に体重が50Kgの人なら2.5Kg、60Kgの人なら3Kg減ったら、停滞期に入る可能性が高いと思っておきましょう。これくらいの体重なら、ちょっとダイエットを頑張れば誰もが減らせるので、多くの人はダイエットをスタートして1カ月前後で停滞期を経験するようです。


とくにダイエット中にカロリー制限をしていると、身体がエネルギー不足を感じやすくなるため、少しの食事でもエネルギーの吸収率が上がるようになるといわれています。そして、運動や基礎代謝によるエネルギーの消費量を減らすようになるため、停滞期に入るのが早くなる傾向にあります。


また、ダイエットで食事制限を行う場合は、タンパク質の不足に注意しましょう。タンパク質が不足すると筋肉量が減り、基礎代謝も低下するため、ダイエットしていても痩せにくくなってしまいます。


タンパク質を積極的に摂取していて運動も行っているなら、筋肉量が増えたことにより体重が変わらない可能性があります。この場合は停滞期ではなく、痩せやすい体へ変化している状態であるといえます。体脂肪率を確認しつつダイエットを継続していくのがおすすめです。


女性の場合は、体重が減らない理由に女性ホルモンの影響も考えられます。排卵から月経の開始までのあいだは、食欲が増すプロゲステロンというホルモンが分泌され、水分や栄養を溜め込みやすい時期に突入しています。なかには、むくみやすくなる方もいるようです。


一方、月経後から次の排卵日を迎えるまでの時期は、エストロゲンというホルモンが分泌されます。エストロゲンは脂肪代謝が高まるホルモンなので、月経の前後で体重の落ちやすさが変化するようなら、女性ホルモンの影響があった可能性が高いです。反対に、排卵や月経による変化が見られなければ、停滞期の理由は別にあると考えられます。

停滞期はいつまで続く?

停滞期に入っているかを判断するには、体脂肪率か体重、そして体温をチェックします。


運動をしている人は体脂肪率をチェックし、運動をしていない人は体重をチェックします。それぞれ2週間以上変化がなければ停滞期に突入している可能性があります。運動をしているかで判断基準が違うのは、運動によって増えた筋肉量が体重に影響し、正しく判断できないときがあるからです。


また、停滞期中は体重の変化に備えるために体が代謝をおさえる働きをします。その際には体温が低下するので、いつもより体温が低く、それが続く場合は停滞期に入っているのかもしれません。


ダイエットをしているうちに停滞期に入ってしまうと、体重が思うように減らなくなってしまいます。


ダイエットを継続し続けるにはモチベーションの維持が欠かせませんが、努力したことが数字に反映されなくなるのは挫折する原因になることも少なくありません。


停滞期は、ダイエットをスタートしてから1カ月ほど経ったころに始まる人が多く、個人差があるものの約2週間~1カ月程度続くとされています。長い人だと2カ月続くこともあるようです。


ただし、永遠に続くわけではないので結果が出ないことを苦に諦めたりやめたりせず、継続し続ける必要があります。


また、3カ月以上停滞期が続くような場合は、停滞期ではなくダイエット方法そのものが間違っている可能性があるので、一度見直してみましょう。


ダイエットをしているのになかなか体重が減らないと、「このダイエット方法は効果がない」とか、「痩せにくい体質だから、ダイエットしても無駄だ」と考える人も。


ダイエットを挫折してしまうという人の多くは、この停滞期を上手く乗り越えることができないのが原因かもしれません。ダイエットを成功させるためには、停滞期から脱出することが重要です。

停滞期を脱出するために心がけること

ダイエットを頑張っているのに思ったように体重が減らないと、やる気をなくしてしまいますよね。しかし、停滞期はダイエットをしている人なら誰もが経験するものと言っても過言ではありません。


停滞期を脱出するためには、どんなことができるのでしょうか。

停滞期は起こるものだと認識する

まず、ダイエットをするなら停滞期は訪れるものだと認識しましょう。停滞期が来ることを予期しておけば、急に体重が減らなくなったという場合でも焦ることはありません。自分のペースでダイエットを続けていくことができます。


停滞期で焦ってしまう人の多くは、停滞期が来ることを予期していません。そのため、「食事の量を減らしているのに、全然体重が減らない!」「毎日走っているのに、全然痩せない!」とパニックになってしまうのです。


ダイエット効果が実感できないと、さらに食事制限を厳しくしたり、運動量を増やしたりしたくなるものですが、停滞期に頑張り過ぎてもあまり効果が期待できません。なので、停滞期が訪れても、今までのペースでダイエットを続けていきましょう。


体重が減らないとしても、「今は停滞期に入ったんだな」と思う程度にして、焦らずに地道にダイエットを続けていくことが大切です。

ダイエットの内容を見直す

停滞期に入ったら、ダイエットの内容を見直すこともできます。ダイエットの内容を見直すといっても、これまで以上に過酷なダイエットをするということではありません。


まずは自分の体重や食事、運動を記録して、停滞期を脱出するためにできることはないか考えてみることができます。記録してみると、食事の摂取カロリー量は少なくても、栄養バランスが悪いということに気づくかもしれません。また、ダイエットのための食事に問題はなくても、運動不足であることに気づく場合もあるでしょう。


問題点に気づいたら、それを改善するための対策を立てます。そうすることで、さらに効果的なダイエットをすることができるでしょう。


体重や食事・運動を記録するほかに、食事の量を一時的に増やしてみることもできます。ダイエット停滞期に陥ったのは、ホメオスタシス機能が働いている可能性があるからです。摂取エネルギーが減ったことに対して身体が危機感を抱いたために、身体が省エネモードに入り、痩せにくくなってしまっているのです。


なので、食事の量を一時的に増やすと、身体に必要なエネルギーはきちんと入ってくるということを知らせることができ、ホメオスタシス機能を解除できる可能性があります。食事の量を増やすといっても、大盛りにするということではなく、ダイエット食から普通食に戻すくらいの量に留めましょう。


ほかにできることとして、運動の方法を変えてみるということがあります。毎日走っているのに全然体重が減らないという場合は、ジムでのエクササイズや水泳などに変えてみることができるでしょう。そうすることで、飽きずに運動を続けていくことができますし、体重がまた自然と減るようになることもあります。

睡眠をしっかりとる

停滞期を乗り越えるためには、睡眠をしっかりととることも意識する必要があります。睡眠中に活発に分泌される成長ホルモンが、筋トレなどでダメージを受けた筋肉を修復するため、睡眠をしっかりととることで代謝量アップにつながります。


筋トレで「基礎代謝をあげようとしているのに思うように結果が出ない」という場合、睡眠不足が原因になっている可能性があります。


また、睡眠不足によるストレスは代謝量を減少させるともいわれており、ダイエット中に停滞期に入ったと感じたときは、まず睡眠の時間や質を見直してみると良いでしょう。


睡眠の質を向上させるには、就寝1時間前にはテレビやパソコン、スマートフォンを見ないようにすることが大切です。


朝起床したときに、カーテンを開けて朝日を浴びるなど、朝と夜のサイクルをきちんと体に習慣づけることを意識しましょう。


就寝時には体をしっかりと休ませる必要があります。食べてしばらくは胃腸が消化で働き続けます。夕食後すぐに眠ってしまうと、体は消化の働きをしたまま眠ることになるので、十分に休めなくなってしまいます。


食べ物の消化には3時間ほどかかるとされているので、食事は就寝する3時間前には終えるように心がけましょう。


また、就寝2時間前までに入浴を済ませ、体の中心の温度である「深部体温」を上げておくのもおすすめです。スムーズな眠りにつくためには、深部体温を下げることが効果的と言われています。一度上昇した深部体温が下がるのは時間がかかるため、睡眠の質を高めたい時は寝る直前の入浴は避けるのが良いでしょう。

水分をとる

ダイエットでトレーニングや有酸素運動を行うと、たくさん汗をかきます。このとき、水分をしっかりと摂取することで、汗などと一緒に体の老廃物を効果的に排出することができます。また、汗で消費したぶんの水分をきちんと摂取することで、新陳代謝を上げることにもつながります。1日2リットルを目安に摂取しましょう。


摂取する水分は、常温もしくは温かい水(白湯)かお茶がおすすめです。冷たい水分は、内臓を冷やして消化機能を下げてしまう原因になるので注意しましょう。


冷え性の傾向がある場合には、温かい白湯やお茶を飲むことで内臓を温められるので、消化機能改善にもおすすめです。


夏は冷たい飲み物が欲しくなりますが、熱中症予防には適しているものの、あまり大量に冷たい水分をとると内臓に負担がかかるので注意してください。


また、内臓を温めることは、代謝のアップにつながります。体温が1℃上がるごとに基礎代謝は約12~13%向上するといわれているので体温が高い人ほど基礎代謝が高いとされています。


内臓の冷えを予防できれば、体に必要なエネルギーがしっかりと全体に行き渡り、代謝のアップや血流の流れが向上します。ダイエットをしている方には、代謝アップでダイエットにも良い変化が期待できるでしょう。


ホットドリンクや温かいスープはもちろん、夏に飲む飲料は氷で冷やし過ぎないなど、小さな意識を積み重ねてください。

タンパク質を意識して摂取する

タンパク質は筋肉のもとになるので、意識的に摂取するとダイエットに効果的です。理由は主にふたつあります。


・タンパク質摂取で筋肉が増えると、基礎代謝も高まるため
・タンパク質は脂質や炭水化物と比べ、脂肪になりにくい栄養素であるため


基礎代謝が上がると、痩せやすく太りにくい体質へと変化していきます。また、健康的で美しいボディラインを目指すためには、ある程度の筋肉量が必要です。高タンパクで低カロリー(低エネルギー)の食材を積極的に取り入れましょう。


<おすすめの食材>
・肉類:鶏もも肉、ささみ、ラム、赤身肉など
・魚介類:イワシ、いくら、マグロ、いかなど
・豆類:きなこ、納豆、豆腐など
・乳製品:低脂肪、無脂肪と表記のあるもの


高タンパクな食材は、一種類を大量に食べるのではなく、いくつかの食材を組み合わせて食べるのがおすすめです。さまざまな料理で摂取してみましょう。

ゆっくり噛む

しっかりと噛んで食事を摂るように意識することも大切です。早食いは太ってしまうもとになるので、食事はしっかりと時間をかける必要があります。


とくに、満腹中枢が働くのは食事をはじめてから20分以上経ってからだといわれています。時間をかけて食べることで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎを防ぐことにつながるので、早食いは避けましょう。


また、ゆっくり噛むことには「味わって食べる」という意味もあります。食材の味や食感を、時間をかけて楽しむことで、食事への満足感もアップします。


スマホやテレビなどを見ながら食べる「ながら食事」をしている人は要注意です。食事以外のことに意識がいってしまうと、満腹感が得られにくいという実験結果もあります。


心当たりのある人は、食事の摂り方を見直してみるのもおすすめです。

ダイエットの停滞期を乗り越える方法

ダイエット挫折者の中には、停滞期に入ったときに体重が減らないことへの焦りやストレスから、ダイエットを諦めてしまったという人も多いです。


ダイエットを成功させるためには、停滞期を乗り越えることが必要です。
では、どのように停滞期を乗り越えることができるのでしょうか。

続きでは実際の方法をご紹介します♪