世界で最も有名な日本人ギタリスト高崎晃率いるLOUDNESS 今年40周年を迎える彼らが、本日のステージで突然披露した新曲を 『The NFT Records』にて世界最速販売決定!! 2021年8月10日正午 公式NFTドロップ開始!!

The NFT Records

(English follows)

株式会社クレイオは、音楽専門のNFTマーケットプレイス『The NFT Records』にて、世界で最も有名な日本人ギタリスト高崎晃率いるLOUDNESSの公式NFTを2021年8月10日正午に、世界最速・限定販売することが決定しましたのでお知らせ致します。

LOUDNESSの公式NFTを2021年8月10日正午に、世界最速・限定販売することが決定
LOUDNESSの公式NFTを2021年8月10日正午に、世界最速・限定販売することが決定

結成40周年を迎えるLOUDNESS。
本日8月5日、Zepp Tokyoにて行われた一夜限りの“真夏の追加公演”にて初披露された新曲「大和魂」および「OEOEO」を、『The NFT Records』にてNFT(ストリーミング配信)販売することが決定しました。
これらの曲販売は、他のどの媒体よりも先駆けて行われるものとなります。
販売開始は2021年8月10日正午(日本時間)を予定。
あわせて、記念オークションなども開催予定です。

販売に関する詳細は、The NFT Recordsのホームページにて随時お知らせいたします。
https://jp.thenftrecords.com/

<LOUDNESS プロフィール>

LOUDNESS
LOUDNESS

1981年、樋口宗孝(ds)、高崎晃(g)、二井原実(vo)、山下昌良(b)の4人で“LOUDNESS”を結成。日本のハード・ロック・シーンを揺るがすファースト・アルバム『誕生前夜~THE BIRTHDAY EVE』をリリース、浅草国際劇場でのデビュー・コンサートで圧倒的なライヴ、その後も国内で精力的な活動を続け、わずか3年でアメリカのアトランティック・レコードと、日本のバンドとしては初となるワールドワイドでの複数枚契約を結び、1985年記念すべき世界発売となったアルバム『THUNDER IN THE EAST』は、アメリカ「ビルボード誌」のチャートで日本人バンドとしては異例の74位を記録し、連続19週に渡ってチャート・インし続け、モトリー・クルーとの全米ツアーでは、日本のバンドとしては初のマジソン・スクエア・ガーデンのステージに立つという快挙も成し遂げた。続くアルバム『LIGHTNING STRIKES』はビルボード誌で前作を凌ぐ64位を記録し、その後も国内外で精力的な活動をつづけるも1988年二井原が脱退。そこから数度に及ぶメンバーチェンジを繰り返した後、2000年にオリジナル・ラインナップによる再結成を果たし、ブランクを埋めるがごとく怒涛のリリースラッシュと、精力的なライヴ活動をつづけるが、2008年ALBUM『METAL MAD』をリリース後、樋口が体調を崩し、その後半年間にわたる過酷な闘病生活の甲斐なく、肝細胞癌のため49歳という若さでこの世を去る。その後、後任ドラマーに鈴木“あんぱん”政行を迎え入れ、バンドは休む間もなく活動を続行。2014年には自らのマネージメント&レーベルとなるカタナミュージックを立ち上げ、アルバム『THE SUN WILL RISE AGAIN~撃魂霊刀』をリリース、海外の様々なフェスから声がかかるようになり、2018年再びワールドワイドの契約も手に入れたアルバム『RISE TO GLORY -8118-』を全世界リリースするが、日本ツアー直前にドラマーの鈴木が脳梗塞で倒れ、急遽サポートに西田“Dragon”竜一を迎えツアーを敢行。その後もヨーロッパのフェスや、初のオーストラリア・ツアー、メキシコ初上陸のフェス出演。リハビリに励む鈴木も、そして国内のステージでは、徐々にパフォーマンスもできるようになり、コロナ禍の2020年、五人態勢でレコーディングに挑んだ40周年作品の第一弾が、いよいよここNFTより狼煙をあげる。

<The NFT Recordsについて>

音楽専門のNFTマーケットプレイス。
The NFT Recordsでは、商品を仮想通貨ではなくクレジットカードなどの法定通貨で購入することができます。
なお、The NFT Recordsで購入した音楽、MV、ジャケット写真、アーティスト写真などはThe NFT Recordsの「マイコレクション」ページで楽しむことができます。

<NFTについて>

NFTとは、デジタルのものであっても、ユーザーが確かにそれを持っていることを証明してくれる仕組みのことです。
NFTを買うということは、ユーザーの好きなアーティストと共に喜びを分かち合うことにつながります。NFTの楽しみ方の一つとして、急激に市場が拡大しています。

<The NFT Recordsが取り扱うNFTについて>

The NFT Recordsは音楽原盤および各種データを権利元から正式に許諾を受けて商品化し、NFT商品としてお客様にお届けします。NFT商品の原盤権や著作権はアーティストまたはレーベル各社が権利を保有しており、NFTは原盤権や著作権を販売・譲渡するものではありません。
また、販売されるNFT商品には一つ一つ固有のシリアルナンバーが入っております。その番号を持っているのは購入者のみとなり、購入者がその商品を「所有」することとなります。購入し受け取った商品は、今後展開または連携予定の二次販売マーケットにて、他者に譲渡することも可能です。

<環境への配慮について>

The NFT Recordsは、環境に配慮した設計を心掛けています。
当社のマーケットプレイスでは、ブロックチェーンネットワークで一般的な、計算競争によるPoW (プルーフ・オブ・ワーク)というコンセンサスアルゴリズムを使っていないため、電力を大きく消費することがなく、環境に配慮した設計になっています。

【株式会社クレイオ 会社概要】

本 社:東京都港区赤坂3丁目7番地13号
代 表 者:代表取締役社長 神名秀紀
設 立:2019年4月22日
事 業 概 要:マーケットプレイスの企画・開発・制作・運営、動画配信サービスの開発・運営。

=========================================================
The NFT Recordsには、経験豊富なNFTの専門家及び、エンターテインメント界に精通する多彩なメンバーがそろっています。レーベル様単位でのNFT化、アーティスト様のNFT楽曲販売についてのサポートなどを行わせていただきます。


LOUDNESS led by Akira Takasaki, the world’s most famous Japanese guitarist
Celebrating their 40th anniversary this year, the new song unveiled on today’s stage to be sold world-first at “The NFT Records”!
Official NFT to start Drop on August 10th noon, 2021!!

We KLEIO Inc, hereby announces our world-first, quantity-limited official NFT sales of LOUDNESS led by Akira Takasaki, the world’s most famous Japanese guitarist, at “The NFT Records” starting August 10th noon, 2021.

Celebrating their 40th anniversary, new songs “Yamato-damashi” and “OEOEO”, first performed on their one-night-only performance “Manatu no tuika kouen (Midsummer additional performance)” are decided to go on sales as NFT (streaming) at “The NFT Records”.
These songs will be sold ahead of any other medium.
Sales are scheduled to start at noon (JST) on August 10th, 2021.
Commemorative auctions are planned as well.

Details regarding sales will be announced on the website of The NFT Records.
https://en.thenftrecords.com/

<Profile of LOUDNESS>

“LOUDNESS” started in 1981, with Munetaka Higuchi (ds), Akira Takasaki (g), Minoru Niihara (vocals), and Masayoshi Yamashita (b). They released the first album "The Birth Eve-THE BIRTHDAY EVE" which shook the Japanese hard rock scene, performed overwhelming debut concert at Asakusa International Theater, and continued energetic activities in Japan. Only after 3 years from debut, they signed a worldwide multi-disc contract with Atlantic Records in the United States for the first time as a Japanese band and released their first worldwide album "THUNDER IN THE EAST", which recorded 74th place in the “Billboard”, a great achievement for a Japanese band then. It continued to chart in for 19 consecutive weeks, then on the US tour with Motley Crew, they became the first Japanese band to play on Madison Square’s stage. The following album "LIGHTNING STRIKES" recorded 64th place in Billboard magazine, surpassing the previous work, but after their energetic activities at home and abroad, Niihara withdrew in 1988. After changing members several times, they reunited with the original lineup in 2000, and re-started their raging releases and energetic live activities to fill the blank. However unfortunately, after the release of album “METAL MAD” in 2008, Higuchi passes away at the age of 49 by hepatocellular carcinoma, after fighting for latter half of the year. Suzuki "Anpan" Masayuki joins as a successor drummer, and the band continued its activities without any break. In 2014, they launched their own management and label, Katana Music, and released album “THE SUN WILL RISE AGAIN”. After joining various festivals overseas and releasing album “RISE TO GLORY -8118-” on their world contract, just before the Japan tour, drummer Suzuki collapsed due to cerebral infarction. They went on tour with Nishida "Dragon" Ryuichi for support and continued performing at festivals in Europe, achieved the first Australian tour, and their first festival in Mexico. Suzuki, who has been working hard on rehabilitation, gradually is now becoming able to perform in domestic stages. Now the first work of their 40th anniversary, recorded by the 5 members in the Covid-19 era, 2020, is finally to give a signal from the NFT market.

<About The NFT Records>
A NFT marketplace dedicated in music.
You can purchase products in legal currencies such as credit cards, instead of cryptocurrencies.
Music, music videos, jacket photos, artist photos, etc. purchased in The NFT Records can be enjoyed on the “My Collection” page of The NFT Records.

<About NFT>
NFT is a mechanism proving that users do have the item, even if it is in digital format.
Buying NFT leads to sharing joy with your favorite artists. The market is expanding rapidly as one of the ways to enjoy NFT.

<NFT products in The NFT Records>

The NFT Records delivers NFT products commercialized from official-warranted music master and various data. Master disc rights or copyrights of the NFT products are owned by artists or label companies. We are not to sell or transfer any of those rights.
Each NFT product sold has a unique serial number, and you can “own” it by purchasing the product.
Each NFT product sold has a unique serial number. The purchaser is the only person to possess the number, and the product. The purchased and received products can be transferred to other customers in the secondary sales market to be developed or linked in the future.


<Environment-friendly>
The NFT Records is designed with environmental friendliness in mind.
Our website does not use PoW (Proof of Work) consensus algorithms, which are common in blockchain networks, so it does not consume a lot of power and is designed to be environmentally friendly.

[KLEIO Inc. Company Information]
Headquarter: 3-7-13 Akasaka, Minato-ku, Tokyo, Japan
Representative: CEO Hidenori Kamina
Establishment: April 22, 2019
Business Contents: Planning/developing/organizing Marketplaces, developing/organizing Video Distribution Services

=========================================================
The NFT Records has experienced NFT experts and a diverse group of members familiar with the entertainment world. We will support NFT for each label and NFT music sales for artists.