リスキリングとは?リカレント教育との違いやDX時代に学び直しが必要な背景、有名企業の事例を紹介!

リスキリングとは、社会や環境の変化に合わせて、新しく知識やスキルを学び直すことです。

デジタル化が進む現代では、新たなスキルを身に付けるためのリスキリングが重要だと言われています。

しかし、これからリスキリングの実施を考える企業のなかには、社員の有効な学びのためにどのような取り組みが必要になるのかを悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、リスキリングで学ぶべき内容やリスキリングを実践するうえで注意するべき点について解説しています。

また、実際に社内でリスキリングを実施している企業の事例も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

リスキリング(学び直し)の意味とは?|基礎知識を確認

リスキリングとは、仕事を行う上で必要なスキルや知識を学び直すことです。

デジタル化が進む変化の激しい現代では、時代の変化にいち早く対応するための学習が重要です。

時代の変化に対応できずに同じ業務を繰り返すだけでは、売上を伸ばすことができないばかりか企業の衰退にもつながりかねません。

リスキリングは、企業がより良い企業経営を行うために重要な役割を果たします。

リスキリングが求められる背景と必要性

現在、各企業でリスキリングに注目が集まっているきっかけを作ったのは、2020年にダボス会議で発表された「リスキリング革命」です。

ダボス会議とは、スイスのダボスで開催される世界年次フォーラムの年次総会のことです。

ダボス会議では、各国の専門家が集まり世界の経済や雇用、環境問題についてより良い社会を作るための議論が行われます。

日本の経済産業省は、ダボス会議の「リスキリング革命」を受けてリスキリングの取り組みを進めています。

国内外の企業でリスキリングが求められる背景には、以下の2つが関係しています。

世界でDX化が進んでいる

各国の企業でリスキリングが求められる背景には、DX化の広がりが関係しています。DX化とは、デジタル技術を駆使してビジネスプロセスを構築することを指します。

現在の企業では、データやデジタル技術を用いることで、新時代に相応しい新たな価値を生み出すことが期待されています。

世界でDX化が進むなか、企業間の競争で優位に立つためには、リスキリングの実施による社内DX化の促進が必須です。

リモートワーク等による働き方の変化

リスキリングが求められる2つ目の背景には、2019年に発表された働き方改革やCOVID-19の影響による労働者の働き方の変化が影響しています。

近年の代表的な働き方の1つにリモートワークがあります。リモートワークとは、自分が所属している会社に通勤せず自宅で仕事をする働き方のことを指します。

リモートワークの実施には、パソコンやタブレットなどの情報通信技術を活用する必要があるため、高いITスキルが求められます。

リモートワークのような働き方の変化に対応して、柔軟な労働形態を実施するうえでもリスキリングによる学び直しが必要です。

リスキリングとリカレント教育の違い

リスキリングと似た言葉に、リカレント教育があります。リスキリング同様にリカレント教育も広い意味で「学び直し」を指します。

しかし、両言葉の厳密な意味は異なっており、使われる場面も違うため、リスキリングとリカレント教育の違いを正しく理解し、使い分けるようにしましょう。


(続きは以下リンクよりご覧ください。)

会社概要

ククレブ・アドバイザーズ株式会社

設  立 :2019年7月
所 在 地 :〒101-0047
      東京都千代田区内神田一丁目14番8号 KANDA SQUARE GATE 8F
資 本 金 :400,000,350円(資本準備金含む)
事業内容 :AI・IoT を活用した CRE 営業支援ツールの企画・開発・販売、
      CRE アドバイザリー業務、コンパクト CRE 不動産投資・開発業務等
サ イ ト :https://ccreb.jp/

ククレブ総合研究所(レポート内容)に関するお問合せ

ククレブ・マーケティング株式会社
お問合せ窓口
電話番号:03-6272-8642
E-mail  :contact@mktg.ccreb.jp