賃貸管理会社と仲介会社の違いとは何?

賃貸物件を借りる時と借りた後では、同じ賃貸物件なのに「対応する会社」が全く異なっていることをご存知でしょうか?
賃貸借契約を基準に、契約までの一連の対応をするのは「仲介会社」が行い、入居後管理全般に関する相談や対応をしてくれるのは「管理会社」となりますが、物件によって「仲介会社」と「管理会社」が同じの場合もあれば、まったくの別会社となるケースがあるので、相談する場合には注意が必要ですが、そもそも管理会社・仲介会社とはどのような仕事をする所なのでしょうか?

1.仲介会社の狙いは「仲介手数料」

不動産仲介会社とは、賃貸物件を探されている方に対して
・物件見学同行、室内説明を行う
・お客様の希望に合った物件を一緒に探す
・賃貸借契約書の作成及び説明を行う
おおまかではありますが、仲介会社ではこのような業務を行います。

冒頭でもお話ししたように、仲介会社と物件を管理している管理会社が同じ会社ではないことがよくありますが、これはどういうことかというと「賃貸借契約書」を作成した会社が、管理会社とは別の会社で行われていた場合に発生します。
仲介会社は、賃貸借契約が成立した際に発生する「仲介手数料」が唯一の売上となるので、自社他社を含めて「できる限り契約を多くとりたい」というのが本音。仲介会社と管理会社が別な理由は、実はこんなところに理由があります。

2.入居後の相談は管理会社

賃貸物件に入居された後は、全ての相談窓口は「管理会社」となります。
賃貸物件に入居された後は、全ての相談窓口は「管理会社」となります。

賃貸物件に入居された後は、全ての相談窓口は「管理会社」となります。

例えば「エアコンの効きが悪くなった」場合、管理会社に相談・連絡して頂ければ、適時対応し、場合によってはオーナーさんにお願いして交換してもらうよう交渉することもできます。

また、賃貸物件でよくありがちな「生活音トラブル」に関しても、当時者同士による話し合いは「まず解決しない」ことから、この場合も管理会社に相談することによって、解決に向けた対応をとってくれます。

さらに更新時「家賃を下げてもらいたい」というお願いに対しても、交渉(ただしあくまで中立的ですが)してくれますので、入居期間中に困ったことがあっても、すぐに対応してくれる面においては、とても助かりますよね。

3.賃貸と仲介が同じ会社の場合、メリットが大きい

管理と仲介が同じ会社の場合と、管理と仲介が別々の場合と比較した場合、圧倒的に管理と仲介が同じ会社の物件に入居した方が「オトク」になることが多いです。

例えば、管理物件同士(県外含む)に住替えした場合、他社仲介会社で契約した場合「仲介手数料」は当然発生しますが、管理と仲介が同じ会社の場合、仲介手数料が無料もしくは0.5か月となることがあり、さらに入居時には「家賃/初期費用交渉」を行う方も多いと思いますが、管理と仲介が同じ会社の場合、すぐに対応することができ「オーナー交渉」もしやすくなるので、他社仲介会社と比べると「オトク」になるケースが多くなることは間違いありません。
お部屋探しの際、参考になれば幸いです。

今日も最後までブログを読んでいただきまして、ありがとうございます。