爪を噛むと何が悪いのか?咬爪症の心理的原因とスポーツパフォーマンスに学ぶ予防方法

アスリートサロン(爪のコンディショニング専門メディア)は、爪を噛む癖の咬爪症の原因と予防方法を公開しました


爪がでこぼこしていたり、深爪になっていたりしませんか?それは爪を噛んでいるからかもしれません。

爪噛みは、子どもによく見られますが、大人になっても子どもの頃の癖が残っている人がいます。またアスリートもストレスを受けることで爪を噛むことが癖になり、止めたいけどなかなか治らない人もいて、悩みの種になっています。

爪を噛む癖は、咬爪症(こうそうしょう)や咬爪癖(こうそうへき)と言います。

アスリートにとって爪はスポーツの武器と言える大切な体の部位。しっかりとメンタルケアをして爪を守ることが必要です。
そこで今回は、爪を噛む癖の原因とデメリット、また予防方法について解説していきます。

爪を噛む癖は悩ましいものですが、治すことができますので正しいステップで克服しましょう。


・どのようにしたら爪を噛まなくできるのでしょうか?
・そもそも、なぜ爪を噛んでしまうのか?
・爪を噛む癖を治すと、どのようなメリットがあるのか?


このような疑問にスポーツと爪の専門家アスリートネイルトレーナーがひとつひとつ解説していきます。

このニュースはこんなことを書いています


・咬爪症が起こる原因
・咬爪症が起きてしまった時の対処方法
・咬爪症の効果的な予防について

咬爪症とは


咬爪症(こうそうしょう)は、爪を噛む癖のことです。幼児期によく見られますが、幼児期の癖が直らないまま成長する子どもも多く、思春期の頃にもっとも頻度が高くなります。親指を多く噛む人もいれば、中指をよく噛む人もいて、人によって噛む指はそれぞれです。

爪を噛む癖は、幼い印象を与えますが、咬爪症は知性とは関係はありません。

咬爪症になりやすいスポーツ


咬爪症は、衝撃や摩擦といった外力ではなくて、ストレスなどの精神的な抑圧から解消されたい時に爪を噛む行動をします。そのため、スポーツ競技で分けることは難しく、本人のメンタルバランスとの関係が強い傾向にあります。

例えば、次のような状況にあるアスリートです。


・スランプに陥っているアスリート
・自己記録更新など、自分が望む結果に長年届かない
・イップスに悩んでいるスポーツ選手

咬爪症の症状


咬爪症は、爪を噛むことにより爪の形を変形させてしまいます。爪の表面がでこぼこになったり、爪先を噛むことで爪が短い状態が続いたり、他にもささくれや爪周りの傷口から細菌の感染を起こす場合もあります。

爪を噛むことにより、爪の衛生は損なってしまいますので、細菌感染などのリスクはどうしても付き纏うもの。極力、咬爪症(爪を噛む癖)を直し、克服することが望ましいでしょう。

咬爪症の主な原因


咬爪症の原因は、人によって様々です。しかし、爪を噛む原因の多くが、心理的で精神的な要因によるもので、そのことが無意識に爪を噛む行為に表れてきます。

例えば、周りの環境変化によるストレス、またはプレッシャーを感じるなどで、爪を噛んでしまうのです。咬爪症を直すには、これらの原因を取り除くことが重要と言われています。

先程、爪を噛む癖は、幼児期や思春期に多く見られると言いましたが、心理的、精神的なストレスは、まさにこの時期に多く降りかかりますよね。自分と友達を比べたり、思い通りにことが進まなかったりなど、誰もが経験があると思います。

咬爪症の原因について、もう少し細かく解説していきましょう。

なぜ、人は爪を噛むのか?


そもそも、なぜ人は爪を噛むのでしょうか?
よりもっと本質的な原因について、子どもと大人の違いに触れながら解説していきます。

咬爪症の子どもと大人の違い。それは、、、

アスリートサロン(https://athlete.salon/)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。