「皮下脂肪が落ちにくいって本当?食事と筋トレ方法を見直して健康な体を目指そう」DANDY LABO.にて男磨きに関する記事を公開!

男磨きを総合的にプロデュースするダンディハウスからお届けします!

30代に突入すると、筋トレをしてもなかなかお腹周りの脂肪が落ちません。「昔は太ってもすぐに落とせていたのに…」と悩む人も多いです。

このような悩みの背景には、落ちにくい「皮下脂肪」が関係しています。なぜ皮下脂肪は落ちにくいのか、そして皮下脂肪を落とす方法を食事編、筋トレ編に分けて詳しく解説します。

皮下脂肪はなぜ落ちにくいのか

人間の体には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類の脂肪が存在します。一般的に「脂肪」と呼ばれているものは、皮膚の下につく皮下脂肪で、お腹をつまんだときに掴める脂肪のことです。

皮下脂肪は落ちにくい脂肪として知られていますが、これは人間の体の仕組みに起因しています。

体内の使えるエネルギーがなくなってしまったときに、最後に使われるエネルギーとして皮下脂肪は存在しているのです。

人間が命を守るための最終手段として使う脂肪ですから、簡単には落ちません。ダイエットによく取り入れられる、サウナや簡単なマッサージ、ランニングだけしていても皮下脂肪は落ちないのです。

皮下脂肪を落とすのに、一般的なダイエット方法では通用しないことから、「皮下脂肪は落ちない」「皮下脂肪は落ちにくい」と言われています。

とはいえ、方法が限られてはいるものの、皮下脂肪を落とす方法は存在しています。皮下脂肪は、正しい食事の摂り方と筋トレ方法を実践すれば落とせるのです。

皮下脂肪を落とすために効果的な、食事の摂り方と筋トレ方法をこれから解説していきます。

皮下脂肪を落とす方法:食事編

皮下脂肪を落とすには、単純に食事制限をすれば良いだけではありません。ここでは、食事にフォーカスして、制限したほうが良いものや食事の摂り方について解説します。

糖分やお酒は控えめに

皮下脂肪を蓄積させる元になる、甘いお菓子やデザート、揚げ物や炒めものなどの脂っこい料理、アルコールは摂りすぎないように心掛けましょう。

とはいえ、これらの食べ物が好物であった場合や、付き合いでどうしても食べなければならないという人も多いのではないでしょうか。

結論からいえば、これらの食べ物を一切食べてはいけないということではありません。

甘い食べ物や脂っこいものを摂った次の日は、同じものを食べないようにするなど、自分で調整すれば良いのです。

なるべく控えたほうが良いですが、どうしても食べたいときや、食べなければならないときは、上手く自分でコントロールしてみてください。

1日3食の食事のバランス

多くの人が知っているとおり、食事の基本は、朝・昼・夜の1日3食です。夜は活動している昼間に比べてエネルギーの消費がしにくく、逆に朝は飢餓状態になっています。

これらの理由から、朝と昼はしっかりと食事を摂ってエネルギーを補給し、夜はカロリーの摂取を控えるようにライトな食事にすると皮下脂肪を落としやすくなります。

脂肪を落とすことを考えたときに、できるだけ食べない選択をしたり、カロリーの少ない食材ばかりを食べたりする人もいますが、栄養バランスを考えて食事を摂らなければ、逆に太りやすくなる原因になってしまう恐れもあります。

バランスよく、カロリーを気にしながら食事を摂るように心掛けてください。

炭水化物を抑えて栄養素を摂取

カロリーを気にしていると、お腹いっぱい食べられずなかなか長続きしないという人も多いです。

このような場合は、お米やパンなど炭水化物をできるだけ抑えて、低カロリーで腹持ちが良い食材を選ぶようにすると、つらい気持ちにならず皮下脂肪を落とせます。

たとえば、野菜や海藻、キノコ類など、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な食材を選べば、栄養面でも優れ腹持ちが良いです。簡単に食べられる食品であれば、納豆や豆腐もおすすめできます。

皮下脂肪を落とす方法:筋トレ編

皮下脂肪を落とす方法には、食事以外にも筋トレを日常に取り入れる方法があります。以下に具体的な筋トレ方法を解説するので、できそうなものから取り入れてみてください。