登山(下山)で負った爪下血腫!回復までの10ヶ月を爪の専門家が解説

適切な処置のヒントを公開!爪が生え変わる回復過程の先読みでパフォーマンス維持した練習が可能に!

足の爪下血腫 の完治にはとても長い時間がかかります。足の爪は、1日に約0.05mmしか伸びず、爪の根元から 爪先 まで生え変わるのに、約1年以上もかかってしまうのです。

今回取り上げる症例患者は、2019年7月中旬に爪の根元3分の1ほどの大きな爪下血腫を負い、回復にあたりケアを続けていました。本日が5月中旬ですので、実に10ヶ月の歳月がかかっていることに!

爪のトラブルで指先の感覚が狂うと、スポーツパフォーマンスに大きな悪影響が出てきます。

そんな爪のトラブルを悪化させないために、一般社団法人アスリートネイル協会認定の爪の専門家 アスリートネイルトレーナーが爪下血腫の経過を写真とともに解説します。

このニュースで身につく爪トラブルの知識

・大型の爪下血腫がどのように変化していくか?
・爪下血腫を抱えながらスポーツをするにはどうしたら良いか?
・爪下血腫を繰り返さないポイント

爪下血腫ができた背景と原因

症例患者の爪下血腫は、富士山の下山中に発症しました。下山中にスリップした時に初めて足指に痛みを感じたと言う。原因は爪の長さが長かったために、足の爪が硬い登山靴の内側に繰り返しぶつかっていたことでした。富士山の傾斜角度は30度にもなるルートがあるため、下山中は足が登山靴内で前にずれて、足指に体重がかかってしまうのです。
前回の記事では、爪下血腫ができて2ヶ月後の様子を紹介しました。爪下血腫の根元側の端が割れたことにより、爪の中で溜まった血腫が外に流れ、爪の中には空洞ができてしまいました。いわゆる 爪甲剥離 と同じ状況です。

爪の専門家アスリートネイルトレーナーの判断と処置

今回は爪下血腫ができて3ヶ月後以降の様子を、爪の専門家アスリートネイルトレーナーの判断とともに追って徹底解説します。

爪の専門家だからこそ分かる、スポーツパフォーマンスを落とさず(=練習の質を落とさず)に爪を回復させる術がありました。

その秘密とは、、、


アスリートサロン(https://athlete.salon/)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。