「嫉妬心」の上手な活用法 ー 人生をもっと楽にするためのヒントを作家が教えます!

妬みを行動力に換えて、なりたい自分になろう。

特集記事『人生をもっと楽にするためのヒント』
特集記事『人生をもっと楽にするためのヒント』

「今の自分を変えたい」そう思ったことはありませんか?

だれにでも、自分以外のだれかを見て「なんで自分はこうなんだろう」と落ち込んだことが、きっと1度くらいはあると思います。

他人をうらやましいと妬む気持ちがある人は、少し考え方を変えてみると自分を変える素質がある人と言えます。妬みはネガティブな印象で捉えられがちですが、今の自分に満足していないからこそ湧きあがってくる気持ちです。言い換えれば、行動のエネルギーになり得る大切な気持ちなのです。

では、どうしたら妬みを行動のエネルギーに変えられるのでしょうか?

進学や就職、引っ越しなど、だれの人生にも自分を変えるチャンスがありますが、そのチャンスは、考えているだけの受け身な人にはやって来ず、行動する人にだけやってきます。

そこで、今回は2人のゲストから話を聞き、人生を変えるための方法を考えていきます。

●公開日時:2019年11月1日(金)17:00 ウェブマガジンSOCIO

SOCIO公式HPより
SOCIO公式HPより

▼ 記事概要・作家紹介

妬みは自信に換えられる

「『今の自分を変えたい』と思っていること自体、とてもよいことです。なぜなら、妬む気持ちに少なからず後ろめたさを感じていて、前向きな気持ちに変えようとしているからです。『他人がどうか』ではなく、『どんな自分になりたいか』明確にしてみましょう。」と清水直史郎さん(小説家、白亜美術協会会員)は語る。
妬みには2種類あると言われており、①良性妬み:自分自身をよくしたいと思う向上心 ②悪性妬み:相手を傷つけたいと思う悪意・敵意に分けられます。
良性妬みを維持することは難しいが、小さなことを継続する力がついたとき、自分で自分を認められ、良性妬みが自信に変わるのではないでしょうか。

▽ 作家紹介

清水直史郎(しみず・なおしろう)

小説家、白亜美術協会会員。
『小説 必勝の逆技: 丸尾十郎伝』の著者。
・略歴
1931年9月 群馬県高崎市に生れる
1957年3月 群馬大学教育学部社会科(英語科副専攻)卒
1989年3月 小中学校勤務の後、退職
・作品
1988年8月 小説「鵄の徽章」
1991年6月 詩「峡谷の晩い夏」(日教組文学賞)
1991年7月 小説「少国民教場」
1992年6月 小説「陽炎は野に炎えて」(日教組文学賞)
1994年10月 小説集「すっぱい春」
1996年6月 詩集「季節の顔 若葉の薫り 虚飾の都市」
2000年10月 小説集「はいぼう」

環境を変える行動力で人生が好転する

大学入学を機に人生が好転し、現在は高齢者問題研究家として活躍する中谷庄一氏。かつては母親からのプレッシャーで自信が持てない高校時代を過ごしていたものの「せっかく新しい環境になったのだから、自分の弱さと向き合ってみようと思った。必要以上の授業を受け、とにかく勉強に励んだ。そして、虚弱な身体を強くするために柔道部、人前で行動できるように合唱クラブにも入部した。」と当時を振り返る。
失敗は「なりたい自分になる」ためのエネルギーに変えられます。「できないけど、とりあえずやってみる」の精神が人生を変えていくはずです。

▽ 作家紹介

中谷庄一(なかたに・しょういち)

高齢者問題研究家(元大和銀行)。
『知って得する リバース・モーゲージ: 高齢者の生活資金捻出の切り札』の著者。
・略歴
1935年9月9日生まれ、大阪府出身
1955年   高槻中学・高校卒業
1958年3月 甲南大学経済学部卒業
1988年6月 ㈱大和銀行定年退職
1995年9月 大和ファクターリース㈱退職
2001年3月 立命館大学大学院博士前期課程修了
2002年3月 大阪大学大学院人間科学研究科単位取得
2002年4月 関西大学大学院法学研究科単位取得 (NPO法人NALC会員)
・最近の主な活動
1998年9月15日 付朝日新聞「論壇」に研究発表 テーマ
       「リバース・モーゲージと銀行の役割」
1999年12月2日 NHKラジオ「いきいき倶楽部」(午前9時~9時45分)に出演 テーマ
       「リバース・モーゲージ」
2000年10月  大阪府立茨木高校特別講師、大阪大・立命館大・甲南大などの特別講師、
        その他講演会特別講師として活躍
2002年8月15日 『リバース・モーゲージって何だ?』(文芸社)を全国出版
2003年11月23日 ニューヨークで「荒城の月」「月の沙漠」など、有名ホールで歌う
2004年1月12日 高槻市文化事業団主催「花ざかりの人生に拍手」で講演と独唱
2005年3月19日 高槻商工会議所主催「高槻クラブ」で講演
2009年12月12日 りそな銀行神戸支店主催「コンサートと経済講演会」に出演
2010年3月13日 東京都世田谷区成城で、曹洞宗「耕運寺」主催文化懇話会で講演
2010年10月24日 千葉県御宿、「第一回月の沙漠音楽祭」に出演、特別賞受賞
2012年12月8日 NHK神戸放送局トアステーションで「155歳のチャリティーコンサート」に
        出演(NALC東神戸主催)ルミナリエに協賛
2013年12月7日 兵庫県立美術館でチャリティーコンサート開催(NALC東神戸主催)
2014年5月27日 東北・仙台での、NALC設立20周年総会に出席、地元を励ます行事に参画、        コーラスの一員として舞台で歌う
2015年1月12日 兵庫県立美術館で、小児がんの子供達の施設「チャイルド・ケモ・ハウス」
        を応援するチャリティーコンサート開催(NALC東神戸主催)
2015年7月21日 大阪市西天満で、西中務弁護士企画、エートス法律事務所で
       「リバース・モーゲージ」勉強会実施、約80人参加
2016年2月10日 尼崎市、ホップインホテルで第205回「未来会」に招かれ講演する

▼ SOCIOについて

SOCIO(ソシオ)は、「あたらしい自分と社会をつくる」をコンセプトにしたウェブマガジンです。毎記事で1つのテーマを取り上げ、各界で活躍する作家が質問にお答えします。社会問題から人生のお悩みまで、さまざまな気になることを作家とともに考えていきます。SOCIOを通して、みなさまが未来について考える機会をお届けしたい。そんな想いで、発信してまいります。
公式HP: https://www.socio22.com/
Twitter: https://twitter.com/SOCIO_sns

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
①多様性:多様性が求められる社会で、他人の主張を無視しない。
②気づき:その中にある気づきを育み、自分だけの行動指針を生み出す。
③営む:ひとり一人の決断の連鎖で、社会をアップデートする。

「新しい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
「新しい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ

▼ 運営会社について

株式会社22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。そんな文化インフラを作るために、20名のスタッフにより運営されています。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-12 佐野ビル6F
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagram: https://www.instagram.com/22art_tokyo/?hl=ja

▼ 最近の記事

『災害時に逃げ遅れてしまう人の心理ー「自分は大丈夫」という正常性バイアスを捨て、命を守ろう。』

災害時に逃げ遅れてしまう人の心理
災害時に逃げ遅れてしまう人の心理
先日の台風19号の影響で、スーパーでは飲料や食品を買い求める人の行列ができ、商品の品薄や品切れが相次いだ。 災害に備える行動が目立つ一方で、どこかで「自分は死なない」と思っていませんか? 2019年に発生した自然災害13件のうち、8件で死者が発生している。この8件で確認できる死者は88人にのぼる。 <参考:『内閣府 防災情報のページ』災害状況一覧 令和元年/平成31年(10月23日9:00現在)>http://www.bousai.go.jp/updates/ この他に、避難生活の疲労や環境の悪化による病気、持病の悪化による災害関連死も多数あることを考えると、災害による死は他人事ではない。 |人生で3回は被災する時代、正常性バイアスに危機感を持とう そこで、平塚千尋さん(災害情報リテラシー研究家、元NHK局員、元大学講師)から人々の災害に対する危機管理の姿勢について話を伺った。 災害は『同じところで繰り返す』、『忘れたころにやってくる』、『常に新しい顔をして現れる』、『地域に特徴的な顔をして現れる』とよく言われています。 今回の台風19号による災害も、まさにこの言葉があてはまるものでした。記録的な豪雨ではありましたが、ほとんどの被災地は過去にも災害にあっています。 さらに、各自治体のハザードマップで予想された被災地区と重なっていました。これまで、一生に1度被災するかどうかでしたが、すべての人が生きている間に2度3度と被災する可能性があるという認識が必要です。 防災について、物資を備える意識は広まってきているが、災害に直面したときの避難行動はまだまだ危機管理の意識が低い。 人は異常事態になると、「自分は大丈夫」と心の平穏を保とうとする正常性バイアスがかかる。これは決して悪ではなく、人間の心の健康を保つために無意識に行う自然なことだ。 しかし、この正常性バイアスが逃げ遅れにつながり、死の可能性を高めることもある。正常性バイアスにより被害が広がった例として、西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町が挙げられる。 川の決壊により広範囲で家屋の1階が浸水したが、それでも避難しない人(できない人)が多数いた。そのほとんどが高齢者で、過去の水害を覚えていたため、「今回も大丈夫、死なない」という意識があったという。 ことの重大さに気づいたとき、体が不自由で体力のない高齢者ではもう避難できないほどの水の深さになっていた。その結果、真備町では51人が亡くなり、そのうちの42人は逃げ遅れたと見られる人たちだった。 今回の台風19号でも、死者77人のうち半数以上が水害で死亡したという。平塚さんは、過去の災害を知る人ほど逃げ遅れる傾向があるという。 台風19号上陸のかなり前から気象庁は危険性を指摘し、警戒情報を発信していました。河川の情報水位・警戒・決壊情報については、一部遅れや欠如があったものの、インターネットや放送で大量に流れていました。 それにも関わらず、死者が発生する大災害となった理由のひとつに、人々の正常性バイアスが挙げられるでしょう。地域社会・自治体・住民は、過去の災害を単なる記憶として認識してはいないでしょうか。避難について、経験則から判断することは危険です。 自治体が発信する災害情報の内容は充実してきているが、情報の届け方と情報を受け取る側の意識に課題がありそうだ。 「避難しなくても助かった」はとても危険だという意識を持ち、「避難したけど何もなかった」と思えるような行動を選択していきたい。 |まとめ 災害大国日本では防災に関する情報があふれており、人々の意識が高まっていることが伺える。とくに、避難時の荷物や家庭での備蓄品についての興味関心が高い。 しかし、避難所へ行くことはまだまだハードルが高いようで、危険な状況になる前に避難行動をとっている人は多くない。 「死」に対して、どこか他人事のようにとらえているとしたら、意識を変えることが一番の防災だ。 ●だれもが正常性バイアスを持っていることを知ろう。災害時の「自分は大丈夫」という考えは危険。「自分は死ぬかもしれない」という意識が大切。 ●自治体の情報を基準に判断し、早めに避難しよう。経験則で避難するかどうか決めることは危険。 企画・執筆:佐藤志乃 / 企画・制作:一条恒熙
https://www.socio22.com/すべての記事/防災/39-災害時に逃げ遅れる人の心理/

関心高まるハザードマップの活用方法ー本当に必要な災害情報は、地域が一番知っている。ー

関心高まるハザードマップの活用方法
関心高まるハザードマップの活用方法
東日本大震災以降、「ハザードマップ」という言葉をよく聞くようになった。これは、自然災害が発生したときの予測被害範囲が示された地図のことで、各自治体などから配布されている。 ハザードマップについて知っていても、どのように見たらよいか深く知らない人もいるのではないだろうか。もっとも大切なのは、危険地域を確認するだけでなく、その先を考えることだ。 そこで、平塚千尋さん(災害情報リテラシー研究家、元NHK局員、元大学講師)からハザードマップの必要性と見方について話を伺った。 | ハザードマップを見て何を考えたらよいか 私たちは、ハザードマップ上で自宅が災害区域かどうか見るだけでなく、その内容を理解しなければなりません。自分の日常生活の延長線上に災害が起きることを想像し、その状況でどう行動するかイメージトレーニングをしておくことが大切です。これにより、少なくとも人的被害は抑えられます。 東日本大震災以降、ハザードマップがあらためて注目されているが、都心部は上京者が多いことや単身世帯化などを理由に、住まい周辺の情報に詳しくない人もいる。 自治体が地域の情報を届けること、住民が地域の情報を調べること、お互いにハザードマップの活用方法を考えられるしくみが必要だ。 台風19号犠牲者の多くが高齢者でしたが、高齢者にとってハザードマップの理解は難しく、情報も伝わりにくいです。結局は親族や地域の近隣住民、町内会・自治会、自治体の対応に頼らざるを得ません。地域と住民の連携、そのための体制整備は今後の大きな課題です。 自治体の対応として、単にハザードマップを配布するだけでは不十分です。地域のハザードマップ説明会を開き、担当者が話すことで住民はより理解を深められます。 過去の災害の経緯やその後の対応はどうだったのか、ハザードマップでは具体的にどのような気象条件(雨の降雨量、降水時間、時間経過)や過去の災害事例をもとに想定しているのかまで深く考えられるとよいです。 ハザードマップの説明会を開く自治体は増えているが、多くはない。説明会を休日に開催している自治体となるとさらに少なく、参加できる住民は限られる。 帰宅が遅い社会人や小さい子供を抱える親、会場までの足がない高齢者、言葉がわからない外国人など、さまざまな環境の人に広く情報を届ける工夫が必要だ。 |ハザードマップの新しい活用方法 そこで、この問題を解決するための一策として、説明会の動画をYouTubeで配信することを提案する。 すでに、東京都の足立区は『動画deあだち』に「足立区洪水ハザードマップ(通常版・字幕入)をアップロードしている。
https://www.socio22.com/すべての記事/防災/39-ハザードマップの活用方法/