企業が人手不足を解消するための10個の方法!成功事例や解決策を詳しく解説

日本企業の多くは、労働人口の減少や採用コストの高騰により人手不足を経営課題としています。

人手不足の課題は、事業規模や業界によっても大きく異なり、その影響度にも差があります。

本記事では、日本企業の人手不足の現状や原因、有効な解決策を詳しく紹介します。

人手不足の課題を解決した企業の取り組みも紹介しているので、企業における人手不足を解消するための参考にしてください。

日本企業の人手不足の現状

現在、多くの日本企業が人手不足に悩まされています。

中小企業庁が行った「中小企業景況調査」では、2009年以降各業界において労働人口が不足していることが示されています。

出典:中小企業庁 「中小企業景況調査」

中央大学経済学部の阿部正浩教授は、2030年には約650万人の人手不足が発生する恐れがあることを報告しています。

人手不足は大企業と中小企業で二極化

中小企業は、大企業と比べて人手不足を課題としている会社が多いです。

大企業は中小企業よりも給料や福利厚生などの待遇面が充実している会社が多いため、優秀な人材を集めやすい傾向にあります。

中小企業庁が行った「事業所規模別新規求人数の推移」によると、事業規模が小さな企業ほど新規の求人が多く、労働者が不足していることが報告されています。

出典:中小企業庁 「深刻化する人手不足と中小企業の生産性革命」

従業員が500人以上の大きな企業では新規の求人件数にあまり変動がないことから、大企業と中小企業で人材の獲得状況に格差があることがわかります。

人手不足が目立つ業界

企業の人手不足は、企業の事業規模だけでなく業界によってもばらつきがあります。

厚生労働省によると、人手不足は産業別・企業規模別に大きな差があることが報告されています。

出典:厚生労働省 人手不足の現状把握について

各業界の中でも、特に人手不足が深刻化している業界は以下のとおりです。

運輸業・郵便業
サービス業
医療・福祉
宿泊業・飲食サービス業
建設業

人手不足は多くの企業が抱える問題ですが、特に建設業やサービス業などの「肉体労働」を行っている業界では人手不足の問題が顕著に現れています。

このような業界では、「肉体労働で仕事がきつい」「夜勤の勤務がある」「給与水準が低い」ことが課題となり、人手不足の問題が深刻化しています。


(続きは以下リンクよりご覧ください。)

会社概要

ククレブ・アドバイザーズ株式会社

設  立 :2019年7月
所 在 地 :〒101-0047
      東京都千代田区内神田一丁目14番8号 KANDA SQUARE GATE 8F
資 本 金 :400,000,350円(資本準備金含む)
事業内容 :AI・IoT を活用した CRE 営業支援ツールの企画・開発・販売、
      CRE アドバイザリー業務、コンパクト CRE 不動産投資・開発業務等
サ イ ト :https://ccreb.jp/

ククレブ総合研究所(レポート内容)に関するお問合せ

ククレブ・マーケティング株式会社
お問合せ窓口
電話番号:03-6272-8642
E-mail  :contact@mktg.ccreb.jp