増える外国人、多文化共生に必要なもの 日本が移民大国だと知っていますか?

『増える外国人、多文化共生に必要なもの 日本が移民大国だと知っていますか?』
『増える外国人、多文化共生に必要なもの 日本が移民大国だと知っていますか?』

日本は移民が多い国だという印象のある人がどれくらいいるだろうか?

OECD国際移民データベースによると、外国人人口の流入(有効なビザを保有し、90日以上在留予定の外国人)は2015年に39万1,200人で世界第4位になった。
〈参考:経済協力開発機構(OECD)/OECD国際移民データベースと移民の労働市場の結果〉https://www.oecd.org/els/mig/keystat.htm

在留外国人の数は年々増加しており、その数は146万人を超え、過去最高人数となっている。日々の暮らしのなかで外国人労働者とふれ合うことも多く、その場面は職場や学校、コンビニ、観光地などさまざまだ。

2020年の東京オリンピック開催にあたり、さらに多くの外国人が日本にやって来る。多言語やキャッシュレスへの対応を中心に準備が進められているが、違う国で育った人と接するとき、生じる壁は言語の違いだけではない。特別ではなく当たり前に関わり合う存在だからこそ、自分と相手の両者の立場に立って考える意識をたいせつにしたい。

国際化がいっそう進展している社会においては、国際関係や異文化を単に理解するだけでなく、自らが国際社会の一員としてどのように生きていくかという主体性を一層強く意識することが必要だ。文部科学省は国際教育の観点から、国際社会の一員として必要なものを3つ挙げている。

初等中等教育段階においては、
1.異文化や異なる文化をもつ人々を受容し、共生することのできる態度・能力
2.自らの国の伝統・文化に根ざした自己の確立
3.自らの考えや意見を自ら発信し、具体的に行動することのできる態度・能力
以上の3つを身に付けることができるようにすべきだ。

〈出典:文部科学省/初等中等教育における国際教育推進検討会報告 -国際社会を生きる人材を育成するために- 第1章 国際教育の意義と今後の在り方〉
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/026/houkoku/attach/1400594.htm

この3つは、他者を受け入れ自己を豊かにするための方法だ。この観点を行動に移すために、実際には多文化とどう接していけばよいのだろうか。

そこで、二人のゲストから話を伺い、国際社会の一員として他者に歩み寄る行動とは何か考えていく。

● 公開日時:2019年12月16日(月)9:00 ウェブマガジンSOCIO

▼ 記事概要・作家紹介

市民に求められるインバウンド対応とは?

日本を訪れた外国人観光客は、2019年1月から10月までで2,691万4,400人で、昨年の同じ期間より80万5,071人(3.1%)増加している。
〈参考:日本政府観光局/月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)〉
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

インバウンドをきっかけに外国人留学生や移住者が増加するなど、地域活性化につながった事例も増えつつある。観光客とはその場限りのお付き合い、という考えでは不十分な時代になってきた。

梅原愛雄さん(JICA/JOCVカウンセラー、ODAジャーナリスト)は、アフリカでの取材中に見た光景から感じたことを話してくれた。

梅原愛雄(うめはら・ちかお)

JICA/JOCVカウンセラー、ODAジャーナリスト。
『21世紀 夢の独立: 南海の小国 東ティモールの挑戦 高鳴る序曲 限りなき前進』の著者。
1939年サハリン(旧樺太)生まれ。岩手大学学芸学部卒。新聞記者を経て(有)パコスジャパン代表取締役。アフリカ有情(三修社)ほか著書多数。

梅原愛雄 『21世紀 夢の独立: 南海の小国 東ティモールの挑戦 高鳴る序曲 限りなき前進』
梅原愛雄 『21世紀 夢の独立: 南海の小国 東ティモールの挑戦 高鳴る序曲 限りなき前進』

多文化共生が発展させてきた人類のあゆみ

ミラノ駐在員やバイヤーの経験を持つ高野ジョウさんに多文化交流の大切さについて、歴史的な視点から話を伺った。自分とは少し違う人たちを見かけたら、それを「学びのチャンス」と捉えることが重要だという。

高野ジョウ(たかの・じょう)

早稲田大学文学部西洋史学科卒業。株式会社東急百貨店に29年間勤務。その間、ミラノ駐在員、タイシルク「ジム・トンプソン」のバイヤーなどを歴任。現在、岩手県は花巻市に在住。著書『ゴンドリエーレは唱う』(文芸社刊)

特集記事『北イタリア物語: 青いメロディが聞こえる』
特集記事『北イタリア物語: 青いメロディが聞こえる』

▼ SOCIOについて

SOCIO(ソシオ)は、「あたらしい自分と社会をつくる」をコンセプトにしたウェブマガジンです。毎記事で1つのテーマを取り上げ、各界で活躍する作家が質問にお答えします。社会問題から人生のお悩みまで、さまざまな気になることを作家とともに考えていきます。SOCIOを通して、みなさまが未来について考える機会をお届けしたい。そんな想いで、発信してまいります。
公式HP: https://www.socio22.com/
Twitter: https://twitter.com/SOCIO_sns

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
① 多様性:多様性が求められる社会で、他人の主張を無視しない。
② 気づき:その中にある気づきを育み、自分だけの行動指針を生み出す。
③ 営む:ひとり一人の決断の連鎖で、社会をアップデートする。

「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ
「あたらしい自分と社会をつくる」ための3つのメッセージ

▼ 運営会社について

株式会社22世紀アート

「みんなを幸せにする出版社」を企業理念に掲げ、「出版とは、今、社会が必要とする情報を発信すること」という思いのもと、誰もが「本」に触れ、「本」を生み出し、「本」を愛する人になる。そんな文化インフラを作るために、20名のスタッフにより運営されています。

代表者  : 向田翔一
所在地  : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-5-12 佐野ビル6F
設立   : 2014年12月
事業内容 : 書籍・電子書籍制作及び出版
TEL   : 03-5941-9774
FAX   : 03-5941-9773
MAIL  : info@22art.net
公式HP : https://www.22art.net/
Twitter  : https://twitter.com/22artnet
Instagram: https://www.instagram.com/22art_tokyo/?hl=ja

▼ 最新の記事

無自覚な子どもの集団いじめ、大人の対処法とは。

特集記事『無自覚な子どもの集団いじめ、大人の対処法とは。』
特集記事『無自覚な子どもの集団いじめ、大人の対処法とは。』
2019.12.12 11:00 無自覚な子供の集団いじめ、大人の対処法とは? ー加害者に足りないものと必要なものー あなたは学校や職場でいじめを見たことがあるだろうか。 自分に都合よく、いじめといじりの境界線を引いていないだろうか。 平成30年度、全国の小中高校で認知されたいじめの数は54万3,933件。そのうち42万5,844 件が小学校で、9万7,704 件が中学校で認知されたものである。 ● 🔗 文部科学省 - 平成 30 年度 児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果 2013年に施行されたいじめ防止対策推進法によると、学校はいじめを相談された・いじめが疑われた時点で調査をする義務がある。必要に応じて外部機関とも連携する必要があり、いじめを解決するためには、「見て見ぬふり」は決して許されることではない。 ● 🔗 文部科学省 - いじめ防止対策推進法の公布について(通知) いじめが深刻な社会問題である、ということは誰もが知っているはずだ。しかし、「どうすれば解決できるか」自信をもって答えられる人はごくわずかだろう。いじめには4種類の人がかかわっていると言われている。 いじめの4層構造 森田洋司(1986年) 〇 いじめる生徒 〇 観衆(はやしたてる、おもしろがって見ている) 〇 傍観者(見て見ない振りをする) 〇 いじめられる生徒 いじめの持続や拡大には、いじめる生徒といじめられる生徒以外の「観衆」や「傍観者」の立場にいる生徒が大きく影響している。「観衆」はいじめを積極的に是認し、「傍観者」はいじめを暗黙的に支持しいじめを促進する役割を担っている。 ● 🔗 文部科学省 - いじめへの対応のヒント 立場に関係なく、いじめを認知している人は関係者なのだ。見て見ぬ振りをする、あるいは無関心でいることは、加害者と同様に誰かを傷つけていることとなるだろう。 自分がいじめ関係者であることを自覚し、勇気を持って行動する人になる必要がある。 「いじめを見つけたとき、どう向き合えばよいか」 「いじめをどう断ち切るか」 「集団の中で、自分らしく生きていくためには?」 そこで3人のゲストから話を伺い、いじめ解決のヒントを探していく。 善悪の判断をマヒさせる集団いじめ、大人の対処法は? 元木更津市青少年指導センター所長の木田繁さんは、いじめには2つのパターンがあると話す。 <ゲスト紹介> 木田繁(きだ・しげる)。 元木更津市青少年指導センター所長。 『「いじめ」撲滅のための学校経営を目指す。』の著者。 “ 1つ目は主導的な複数人の生徒によるもの。あまり目立たない集団のため、いじめが表面化しにくいのが特徴です。2つ目は目立つ主導者とその取り巻きで構成された「いじめ集団」によるもの。 主導者は常に従者のような仲間を連れ、弱者に対して陰惨な暴力行為をします。集団の一員になってしまうとそこから抜け出すのは難しく、自分の本意とは違う行動をするようになります。” その状況が続くと、大人になっても取り返しのつかない「反社会的行動」を起こす可能性が高くなるでしょう。” ニュースで報道されているいじめは集団によるものが多いが、属している集団の狭い人間関係に囚われ、自覚なくいじめに参加している人もいるだろう。自分の行動を「いじり」や「ひやかし」といった言葉でごまかし、善悪の判断ができていない。 悪いことを「悪い」といえる勇気がある人を支持する社会であるべきだ。いじめの相談ができる身近な大人を見つけ、助けを求めることが大切だと木田さんは訴える。 “ 教師など身近な大人がじっくりと話を聞き、この問題を受け止めていくことが必要なのではないでしょうか。そうすれば事態の深刻化を防げるケースもあるでしょう。 生徒や学級の個性にあった対応がいじめを減らすという意識のもと、集団いじめの解消に向かってほしいです。” いじめ加害者は複雑な家庭環境のものばかりではないが、まったく問題がないわけではない。大人からのプレッシャーや勉強・習い事のストレス、友人関係など原因はさまざまだ。 なにかことが起きてから話を聞くのでは遅い。大人が日常的に肯定的な言葉を使い、いつでも傾聴する姿勢を示しつづけていこう。 コンプレックスの塊、克服して自分を認める方法とは? 小説家の小牟禮昭憲さんも、集団いじめの解決に難しさを感じている人の一人だ。 <ゲスト紹介> 小牟禮昭憲(こむれ・あきのり)。 小説家。 『終わりのない旅』の著者。 “ 人間にはコンプレックスがあります。自分が認めたくないところを欠点や弱点としてとらえ、ついつい他人と比べてしまいます。 相手に自分より優れたところを見つけたとき、自分を否定し、そのネガティブな感情を相手にぶつけてしまうのではないでしょうか。” とくに学生時代は、同世代のなかで自分を見つめ、進路を考えなくてはいけない多感な時期だ。受験や就職など進路を決める場面では、これからの人生がすべて決まってしまうのではないかと不安になることもあるだろう。 他人と比べて未来を描くスピードが遅かったり、自分の思い描いた通りにいかないと自己否定の気持ちが生まれる。 自己肯定感が低ければ、本来の自分がもつ魅力に気がつくことはできない。小牟禮さんは、自分を見つめ直すことが大切だという。 “ 加害者本人も、心のどこかでいじめを否定する気持ちがあるのではないでしょうか。行動とは裏腹に、冷静さや理性を同時に持ち合わせているはずなのです。 自分を見つめ直す機会と心の余裕があれば、新しい自分を手に入れる未来の可能性は残っていると、私は信じています。” いじめ加害者の心には余裕がない。心に余裕がなければ想像できない。自分以外のことを想像する習慣が心の余裕を生むのだろう。 他人から認められる人=自分を認められる人 少子化の影響もあり、小中学校の学校数や生徒数は減少の傾向にある。学校だけでは限られた人とばかり顔を合わせていて、多様な人たちとのふれあいが足りない現状があると想像できる。 ● 🔗 文部科学省 - 文部科学統計要覧(平成30年版) 会社経営者の永井一夫さんも、相手を認められる人になることが大切だと考えている。 <ゲスト紹介> 永井一夫(ながい・かずお)。 会社経営者。 『歌から生まれた不思議な不思議な国・日本: 若者に知ってほしい伝統と精神』の著者。 学校や会社などに属して日常生活を送る人々は、つい自分の見ている世界だけがすべてであると考えてしまいがちです。しかしそういった状況では、視野が狭くなってしまいます。 偏見や差別など、いじめにつながるようなものの根底には、こうした考えがあるのではないでしょうか。 「視野が狭い」とはなんだろうか?やりたいことがある人は、いじめという「百害あって一利なし」なことはしない。将来を想像して行動できる人は、今のストレス発散のために他人を傷つけることがどれほど無意味か理解している。 視野が狭い人は自分の価値観が絶対的なものだと勘違いしているが、視野が広い人は他人の価値観を否定しない。 “ 世界にはたくさんの人がいて、それぞれに個性や価値観があります。自分が「正しい」と思うことも、「狭い世界だけでつくられた認識なのではないか」と省みる気持ちが大切でしょう。 多様な価値観を知り、お互いの個性を認めることが、いじめ解決の第一歩ではないでしょうか。” この記事のまとめ 〇 集団いじめは被害者一人で解決することは難しい。 大人が日常的に傾聴する姿勢を示すことが大切。 〇 強いコンプレックスがある人は自己肯定感が低く、自分の魅力に気がつけない。 人と自分を比べるのではなく、自分以外の人を想像する習慣をつけ、心に余裕を持とう。 〇 自分の見ている世界だけに捉われず、自分が正しいと思うことでも省みよう。 他人の価値観を受け入れると視野が広がる。 ( 企画・執筆:佐藤志乃 / 企画・制作:一条恒熙)
https://www.socio22.com/集団いじめ/

文化財を守るための防災

特集記事『文化財を守るための防災』
特集記事『文化財を守るための防災』
2019年12月09日 17:00 文化財を守るための防災 芸術や歴史がつないできた人々の豊かな暮らし 内閣府によると、令和元年/平成31年に発生した災害は13件で、そのうち、もっとも被害が多かったのは風水害、ついで地震だった。(11月25日9:00現在) 令和元年の秋は過去最大級の台風が発生し、水害によるミュージアムや文化財の被害が大きく報じられた。台風19号で被害を受けた文化財は少なくとも222件で、うち179件は国の文化財だという。 ● 🔗 内閣府 - 防災情報のページ 東日本大震災後、国の文化財への防災意識が高まり、事前の対策に目が向くようになった。しかし、泥や海水による文化財への被害は修復方法が確立されておらず、現在も修復作業が完了する見通しは不明だ。 文化財は代えのきかない唯一無二の存在だからこそ、災害は明日起きるものだという意識をもつべきだ。文化庁によると、本年度の文化財修復に関するおもな予算は、次のように組まれている。 〇修理周期による文化財の継承 / 238億2800万円 〇被災文化財の復旧 / 3億1500万円 〇被災ミュージアム再興事業 / 2億5000万円 ※文化庁全体予算は1兆1670億900万円 この内容として、文化財の次世代への確実な継承、補助事業による被災文化財の早急な保存・修復、被災地の復興支援などを掲げている。 これらの取り組みは地域がつないできた歴史や精神性を未来につないでくれる。私たちの豊かな暮らしを守り、繁栄を後押しする事業だ。 ● 🔗 文化庁 - 2019年度文化庁予算の概要《参考資料》 なぜ国が文化財を災害から守るべきなのか? そこで、藤井善三郎さん(芸術小説作家、有鄰館・三代目理事長兼館長、公益財団法人藤井斉成会会長兼有鄰館名誉館長)から、芸術を後世に伝える意味を伺った。 “ 美術品は個人が製作したものであっても、月日とともに人類の遺産となります。作者の手を離れると個人の物でなくなり、社会における人類の遺産としての存在価値をもつのです。ここに文化財保護の重要性と、国家や社会の責務である理由があります。 美術品や文物を後世へ安全に引き継ぐことは、時代を超えて人々の感性に訴え、語りかけます。” 国の指定文化財以外に、個人が所有する貴重な作品も守っていかなければならない。あくまでも人命が最優先だが、文化庁は緊急対応の参考として「文化財防災ウィール」を公開している。その中で、つぎの言葉が繰り返し示されている。「緊急時の対応と救出、最初の48時間で差がでます。」 救出のポイント 〇収蔵品を安全な所に移して乾かす。(作品ごとに9種類の方法が示されている。) →基本的に自然乾燥が望ましい、直射日光厳禁、カビ防止のため低湿度の徹底。 〇できるだけ早く保存修復の専門家に連絡・相談する。 〇一般に、48時間以内に乾燥が間に合わないものは冷凍する。 →例外:金属、ガラス板、写真、家具などは冷凍には向かない。 ● 🔗 文化庁 - 災害時における対応方法 “ 作品は、製作した人の魂の結晶ともいえます。精魂を注いでつくられた美術品の傷ついた姿は、鑑賞者の心をいたたまれない気持ちにさせるでしょう。 これは私たち人間ならではの、豊かな感性が生み出す気持ちです。 美術品が私たちの感性に与える美の力は、真理であり崇高なものです。感性を高めることで人生が磨かれます。魂の結晶である作品は永遠であると信じたい。” 過去の偉人と現代人の精神をつなぐアート 藤井さんがこのような思いに至ったのは、幼少期に書道で磨いた感性の影響が大きいと語る。 “ 幼少の頃より書道をはじめましたが、当初は知識がありませんでした。 拓本の臨書(器物などに刻まれた文字や模様を墨によって紙に写し取ったものを手本とし、見ながら似せて書くこと。)をしたときのことです。 拓本の文字は白いのに、なぜそれを黒い墨で書くのだろう?と疑問を持ちました。 そして、だんだんと臨書している作品の書家がどのような気持で書いたのかを考えるようになったとき、時代を超えて私の感性に響いているのだと実感しました。” 書と真摯に向き合ううちに、作品から作家へ思いをめぐらせるようになったという。芸術は、時代を超えて当時の人の感情を届けてくれる。 書道は、文字を発明した古代人の心に耳を傾け、その偉大さに敬服するものです。全身全霊で書かれた歴史上の作家の作品には陶酔さえ覚えます。 これは文字がもつ力によるもので、作者の魂の声と私の感性が語り合っているのだと思います。 芸術や文化を守ることは、未来を発展させていくことでもある。今秋の台風被害の報道を通してさまざまな作品や施設が被災したことを知った今、文化財にも防災の意識を持とう。 定期的に管理の場所や方法を見直し、日頃から緊急時の対応を話し合う必要がある。 まとめ 〇文化財は社会における人類の遺産であり、国が守るべきもの。私たちの歴史や精神性を未来へつないでいく責任がある。 〇災害が起きてから作品を救出するのでは遅い。日頃からよく話し合い、文化財にも防災の意識をもとう。 ( 企画・執筆:佐藤志乃 / 企画・制作:一条恒熙)
https://www.socio22.com/社会/文化財を守るための防災/