【ペット保険の必要性】加入のメリット・デメリットについて

現代では、ペット保険の存在は当たり前のようになっていますが、それでも加入していないという方はたくさんいらっしゃいます。
加入していないという方の中には、ペット保険に加入するメリットがわからないという意見や、生涯病気をしなかったらもったいないという意見も見受けられます。
そこで今回は、ペット保険の加入について、メリット・デメリット、また必要性についてもお話しします。

ペット保険の加入するメリットについて

ペット保険は、保険に加入しているペットが病気になったり、亡くなった際に補償を受けることができる保険です。
ペット保険は、保険に加入しているペットが病気になったり、亡くなった際に補償を受けることができる保険です。

加入した際のメリットについて、それぞれ解説いたします。

医療費・高額治療費の負担

ペットの場合、保険に加入していないと治療費は飼い主の全額負担となります。そのため、手術となると、何十万〜何百万におよぶことも…。
保険に加入していない方の中には、高額な治療費を負担することができず、治療を諦めてしまう方もいらっしゃいます。
ペット保険に加入していれば、一部保険会社が負担してくれるので、飼い主の負担を減らすことができ、手術や治療などの選択をしやすくなります。

賠償責任を負った際の賠償額一部負担

ペット保険のプランの中には、賠償責任特約をつけることができるプランがあります。
ペットが他人に飛びついたり噛み付いたりして怪我などをさせてしまった場合に、飼い主さんが賠償責任を負わなければいけません。
この場合でも、賠償責任特約を付けている場合は、賠償責任を一部保険会社が負担をしてくれるという保証です。

ペット保険に加入するデメリットについて

ペット保険には加入することによって、多少デメリットも発生します。

掛け金が必要

保険加入にはもちろん、月々または年で掛け金を支払わなければいけません。年齢や犬の犬種・大きさによって金額は異なり、補償内容によって高額になることも…。

補償されない病気や治療がある

保険会社によって、補償されない病気は異なりますが、各保険会社によって、補償されない病気や治療があります。
その中でも

避妊手術、去勢手術
妊娠、出産に関する入院や手術
予防接種
健康診断 など…

上記の4点はほとんどの保険会社さんは補償されていません。
保険に加入したからといって、すべての病気・治療を補償してくれるわけではないので、加入前には補償内容を必ず確認しておきましょう。

使用できる金額や回数が決められている

ペット保険の場合、保険に加入しているからと、何回でも、何円でも利用可能というわけではありません。
例えば、入院は1年に○日まで、または○万円までなどと、使用できる回数や金額が決められています。
金額や回数は保険会社によって異なるため、加入前に金額制限や回数制限について必ず確認しておきましょう。

ペット保険加入の必要性について

犬の中には、病気をせずに生涯を終える子もいます。「将来、病気や怪我をするかわからない!」
そう考えると保険料を支払うのももったいないなぁと感じてしまうかもしれません。

しかし、犬が皆病気や怪我をしないわけではありません。

もしかすると、大きな病気をするかもしれない。
もしかすると、怪我をするかもしれない。
もしかすると、他人に怪我をさせてしまうかもしれない。

もし、大きな病気や怪我をしてしまった時、高額な治療費を払える自信がない。
ペット保険は【もしかすると】に備えるためにも、加入することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?
【愛犬が大きな病気をしたが、ペット保険に加入していたから、高額医療費も払うことができて、救われた。】という体験談をよく目にします。
「生涯病気をしないかもしれない」と考えるより、「もし、大きな病気になってしまったら、怪我をしてしまったら」と考えてみてください。
現代の医療は発展しています。手術や治療をすれば治る病気も増えてきています。
愛犬と少しでも長く一緒にいられるように、万が一に備えてペット保険の加入をおすすめします!