【産婦人科医の87%が注目する重炭酸入浴剤】調査|6割の女性が体の不調に対処せずそのまま放置!!

経皮吸収をおさえリラクゼーション効果も?!

多くの美容家やトップアスリートに支持される重炭酸入浴剤の開発・販売を手掛ける株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット(本社:東京都八王子市、代表取締役:小星重治)は、重炭酸入浴剤に関するアンケート調査を産婦人科医1,004名と一般の方1,152名を対象に実施しました。

【調査結果のポイント】

・入浴剤を選ぶ際に一般の方は「色や香りの癒し」を重視している方が最も多い一方で、産婦人科医は「温浴効果が高いかどうか」を重視している方が最も多い
・産婦人科医は、成分や品質、安全性も確認していることが判明しました。
・有効成分が温浴効果を高め、体を芯から温め、湯上り後も温まり感が持続することから、産婦人科医のおよそ87%が注目する
・一般の方は肩こりや腰痛、だるさなどの何かしらの体の不調を感じていることがわかりました
・不調や悩みに対して原因がわかっていない方が6割、対処していない方も6割いました
・一方で、対策を取っている4割の方は、睡眠時間の確保や湯船に浸かるなどしていて、効果を実感していました

【調査結果①】
毎日もしくは時々、湯船に浸かって入浴する習慣がある産婦人科医に対して、入浴剤を選ぶポイントを聞いたところ、温浴効果や入浴剤に含まれる成分を重視していることがわかりました。
また、重炭酸入浴剤「ホットタブ」の商品概要(特徴、効果効能、成分、価格など)を提示したうえで、「あなたは重炭酸入浴剤「ホットタブ」に ついて、注目する入浴剤だと感じますか?」と聞いたところ、87%が「とても注目する」「注目する」と回答しました。

・産婦人科医の約半数が「温浴効果」と「成分」を重視

・産婦人科医の87%が重炭酸入浴剤「ホットタブ」を注目

湯船に浸かって入浴する習慣のある産婦人科医の約半数(48.4%)は、入浴剤を選ぶときに「温浴効果が高いかどうか」を重視していていることがわかりました。次いで、43.4%が「入浴剤に含まれている成分」、39.6%が「品質や安全性」が高いことから、成分表記を確認し、体への影響を鑑みて選んでいることが推察されます。
無香料・無着色・塩素中和の重炭酸入浴剤「ホットタブ」は、有効成分が温浴効果を高め、体を芯から温め、湯上り後も温まり感が持続します。このホットタブを注目する入浴剤か聞いたところ、87%が「とても注目する」「注目する」と回答しました。

・一般の方は肩こりや腰痛、だるさなどの体の不調を感じている
・不調や悩みに対して原因がわかっていない方が6割、対処していない方も6割
・対策を取っている4割の方は、睡眠時間の確保や湯船に浸かるなどしていて、効果を実感

【調査結果②】
一般の方々は、6割の方が「お風呂派」であり、入浴していることがわかりました。なお、入浴剤を選ぶ際に、約半数の方が癒しやストレス解消といったリラックス効果を求めており、その次に温浴効果や疲労回復といった体の機能回復を期待して購入している方が多いことが判明しました。
その背景には、肩こりや腰痛、体のだるさ、イライラ、体の冷えなどの不調や悩みを何かしら感じていることもわかりました。しかし、全体の6割の方が、原因がわかっておらず、同じく全体の6割の方が対策も取っていないことがわかりました。一方で、対策を取っている4割の方は、睡眠時間の確保や湯船に浸かるなどしていて、効果を実感していました。

約半数がリラックス効果を期待して入浴剤を購入

炭酸ガスの入浴剤を使っている方が最多

湯船に浸かっている時間は、10分以内が52.2%

ほとんどの人が体に不調を感じている

半数以上が週に1度以上、不調や悩みがある

6割以上が原因不明の不調を抱えている

睡眠や湯船につかることで不調への効果実感

【調査概要①】
対象者:全国の産婦人科医(20代〜50代の男女) 1,004名
対象条件:毎日もしくは時々、湯船に浸かって入浴する習慣がある
調査期間:2021年12月2日〜2021年12月23日
調査方法:インターネット調査

【調査概要②】
対象者:一般の方(10代〜80代の男女) 1,152名
調査期間:2020年6月15日〜2020年6月16日
調査方法:インターネット調査

重炭酸入浴剤【HOT TAB】について

■商品概要
《薬用 HOT TAB WELLNESS》
9錠990円 / 45錠3,960円 / 90錠6,930円
《薬用 HOT TAB RECOVERY》
9錠990円 / 30錠2,970円 / 90錠7,260円
《HOT TAB SHOWER》
9錠990円 / 30錠2,970円 / 90錠7,260円
WEBサイト:https://tansan-kenko.com/

重炭酸の溶けた41℃以下のぬるめのお湯に30分以上ゆっくり長湯する“重炭酸入浴法”を提案いたします。重炭酸入浴剤【HOT TAB】をいつものお風呂のお湯に入れるだけ。
重曹とクエン酸で作り出した重炭酸イオンのおかげで、温浴効果がアップ。
お湯につかることで血行を促進し、毎日の健康をサポートします。
無香料・無着色・塩素中和。追焚きをしても24時間濃度が持続する設計です。
※重炭酸イオンがお湯にしっかりと溶け込むためには、お湯が中性であることが重要。
HOT TABは開発者小星の特許技術によってお湯を中性に保ち、重炭酸イオンを多く長く溶け込ませることで、高い温浴効果を実現しました。
※効能には個人差があります。

NUCSS血行浴

《NUCSS(ナクス)ライフを広げたい》
“NUCSS(ナクス)”は“Not Using Chemical Soap & Shampoo”の略です。
私たちは、体にとって有害な化学合成洗剤による洗い過ぎを防ぎ、体を清潔に洗浄できる“NUCSS(ナクス)血行浴”を実現することに尽力してまいります。HOT TABはその生活習慣を推進する代名詞的な商品です。

■「 人は自然から遠ざかるほど病気に近づく 」
これは紀元前4世紀、医学の父として名を知られる古代ギリシャの医師ヒポクラテスの言葉です。
便利を追い求め、汚れや菌に対して過剰に潔癖になり、無意識に化学の力に頼ることが当たり前になっている昨今。しかし、地球の環境を守るオゾン層のように体の健康を守っている皮膚のバリア機能である角質皮脂バリアのセラミド皮脂が、合成化学洗剤によって洗われ破壊されてしまうと、残留塩素や洗剤中の化学物質が体内に経皮吸収され、皮下脂肪に蓄積。それが長期間にわたり、体にとってストレスとなります。そうすると、交感神経が優位になり、血流が低下して冷えの原因となってしまいます。
こんな時代だからこそ、私たちは“NUCSS(ナクス)”の概念を世界に広め、人々の自然治癒力を取り戻し、いくつになっても健康で元気な日々をおくっていただきたい。そんな思いで活動しています。

【会社概要】
社名:株式会社ホットアルバム炭酸泉タブレット
本社:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ八王子3F
代表:代表取締役 小星 重治(コボシシゲハル)
設立:2011年12月
ECサイト: https://tansan-kenko.com/
事業内容:重炭酸入浴剤の販売 健康事業/通販事業/OEM事業/飲料水事業/海外事業
関連会社:株式会社長湯ホットタブ/一般社団法人重炭酸温浴療法普及協会

社名:株式会社ホットタブ
本社:東京都新宿区西新宿6-12-1 パークウエスト7F
代表:代表取締役 小星 重治(コボシシゲハル)
設立:2021年1月
WEBサイト: https://hottab.co.jp
事業内容:重炭酸⼊浴剤製造

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。