「憧れのすっぴん美人になるには?誰でも目指すことができる!」ミス・パリのBeauty Picksにて美容に関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

肌が綺麗でナチュラルメイクが似合うような、すっぴん美人にあこがれをもつ人は多いのではないでしょうか。

化粧を濃くする必要がなく、そのままでも美しく感じるようなすっぴんを手に入れるために努力している方もいるでしょう。

この記事では、すっぴん美人の定義や条件に加え、すっぴん美人になるために行うべき習慣やケアの方法について紹介します。

すっぴん美人とは

そもそもすっぴん美人とは、どのような人のことを指すのでしょうか。

一般的に、すっぴんは化粧をしていない状態のことです。つまり、すっぴん美人は「化粧をしていなくても綺麗で美人な人」を指します。

ありのままでも美しいため、メイクをしたときとしていないときの差がほとんどないのも特徴のひとつです。

メイクをするとき、毛穴やシミなどを隠して肌を綺麗に見せることが一般的ですが、すっぴん美人はその必要がありません。

そのため、すっぴん美人は毛穴やシミがなく、美しい肌をもつ人だといえるのではないでしょうか。

すっぴん美人の条件

すっぴん美人になるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。とくに、肌の状態が良いことは欠かせない条件のひとつです。

ここからは、どのような肌がすっぴん美人の条件を満たすのか、肌状態の良さを見極める基準について紹介します。

肌のキメが細かい

肌のキメが細かい人は、すっぴんでもメイクをしているときのような美しい肌をしています。

そのため、すっぴん美人を目指すのであれば、キメの細かい肌であることは必須条件のひとつです。キメの細かい絹のような綺麗な肌が望ましいでしょう。

肌のキメとは肌の上にある細かな凹凸のことです。

肌のキメが整っているとスキンケアが浸透しやすく、化粧ノリが良くなるのも特徴です。

肌のキメが細かい人は肌チェックなどで拡大して見たとき、細かな三角形が網目状に張り巡らされた状態になっています。

すっぴんでも綺麗な肌を手に入れるには、肌のキメを整えることを意識してみましょう。

シミやニキビ跡がない

シミやニキビ跡がなく、透き通った肌感であることもすっぴん美人の条件として挙げられます。

シミやくすみ、ニキビ跡は肌のトーンが暗い印象になり、あるだけで老けた印象になってしまうためです。

また、ニキビ跡のないつるんとした肌の方が、すっぴんでも綺麗に見えます。

ニキビ跡は色素沈着だけでなくクレーター跡のようになることもあり、肌触りが悪くなる原因のひとつです。

すっぴん美人を目指すのであれば、ニキビやシミの予防やケアも重要になるといえるでしょう。

うるおいがある

肌にうるおいがあることも、すっぴん美人を目指すうえで欠かせません。

肌の水分量が減少するとカサカサした肌になり、キメが崩れる原因になります。化粧ノリも悪くなるため、顔立ちが整っていてもカサカサした肌では魅力が減少してしまうでしょう。

肌にうるおいがあると、さまざまな肌トラブルの発生を抑制できるうえに、透き通った印象になります。

すっぴん美人になるうえで、肌にうるおいがあることは重要な条件のひとつといえるのではないでしょうか。

血色が良い

すっぴんで肌が綺麗でも、血色が良くなければ暗い印象にうつる可能性があります。

メイクをする際にはチークやルージュ、アイカラーなどで色味を足して血色が良いイメージに仕上げることができるでしょう。

しかし、すっぴん美人はメイクをしていなくても血色が良く見えるような、健康的な印象を与えられる状態が理想的です。

また、目元のクマも血色が悪く見える要因になるため、しっかりケアしておきましょう。

すっぴん美人になるためには

すっぴん美人の理想となる肌の条件がわかっていても、どのようにしてケアを行えば良いかわからない人もいるのではないでしょうか。

ここからは、すっぴん美人を目指すうえで習慣づけておきたい、適切なケア方法や生活習慣の改善ポイントについて紹介します。