「日頃から運動不足な方に!おすすめのストレッチを紹介!」エステティック ミス・パリのBeauty Picksにてダイエットに関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

運動不足だと、太りやすくなるだけでなく、体がだるかったり、顔や体がむくんだりして、何だか気持ちまで沈んでしまいがちです。そのような不快感を解消するためには、体を動かすことが欠かせません。

とはいえ、運動したいと思っても、何から始めると良いのか分からないという方も少なくないのではないでしょうか。そんな方のために、今回は運動不足による不調解消のストレッチを紹介します。

運動不足だけど、急に体を動かしてもいいの?

運動不足だけど、急に体を動かしてもいいの?

運動不足だと、どんどんと筋力が衰え、そのため脂肪がつきやすくなってしまいます。特にデスクワークで体を動かすことがあまりない場合は、血液の流れも悪くなるため、体がむくみやすくなるなど、不快な症状があらわれやすいものです。

とはいえ、これまでずっと運動していなかった人が、急に運動を始めると、「体に負担がかかるのでは?」という心配もありますよね。

運動不足の人が体を動かす場合、何から始めると良いのでしょうか?

これまでほとんど体を動かす機会がなかった方が、運動を始める際の注意点をお伝えします。

運動不足の人が普段しない運動をするとき注意すること

今まで体を動かしていなかったのに、急にハードな運動をすると、体に大きな負担をかけます。まずは軽い運動から始め、体が慣れてきたら徐々に負荷をかけるようにしましょう。

何から始めると良いかと悩んでいる方におすすめなのが、ストレッチです。運動不足の状態が続くと、筋肉が縮みっぱなしになって硬くなっていることが少なくありません。

その点、ストレッチをすれば、カチカチになってしまっている筋肉を少しずつ伸ばして、柔軟性を高めることができます。

また、ハードな運動と違って、ストレッチはきつかったり、苦しかったりすることはありません。どちらかというと、気持ち良いと感じる方が多いのではないでしょうか。

なので、これまで運動をしてこなかった人でも無理なく始めることができるという点でも、ストレッチはおすすめです。

ストレッチといっても、体のいろんな部位のストレッチがあるので、いろんなものを試してみましょう。少しずつストレッチのメニューを身に付けて、徐々にウォーキングなどの軽い運動を取り入れていくようにすれば、やがて少しハードな運動も無理なくできるようになります。

■ストレッチをするタイミング

筋肉は温まった状態のほうが、伸びやすくなります。なので、ストレッチをするなら、入浴後の体が温まっている状態のタイミングが最適です。

入浴後に毎晩、5分間だけでもいいので、ストレッチをすることを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

そうすることで、朝起きたときに体が楽になったり、むくみが軽減されたりといった、うれしい変化を実感できるようになるでしょう。

ほかにおすすめのタイミングとして、ウォーキングや軽い運動をした後があります。運動後のストレッチは、疲労した筋肉をほぐして回復を助けるクールダウンの目的で行うものです。

運動後にストレッチをすることで、筋肉の疲労を軽減し、筋肉が硬くなるのを予防することができるので、運動後はストレッチを習慣にするようにおすすめします。

■ストレッチにかける時間

ストレッチにかける時間は、長ければ長いほど良いということはなく、短時間でも構いません。10分程度を目安に、長くても15分以内におさめるようにしてください。

ストレッチに長い時間をかけると、逆に疲れてしまうので、気持ちが良いと感じる程度の時間で抑えるようにしましょう。

自宅でできるストレッチを部分別に紹介

ストレッチにもいろんな方法があり、何から始めるべきかと悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自宅でできるストレッチを部分別に紹介しますので、運動不足解消のために実践してみてください。

1. 背すじとつま先のストレッチ

2. 体の側面のストレッチ

3. アキレス腱と股関節のストレッチ