イノアックが初開催する小学生対象アイデアコンテスト「ぐっすり眠れるアイテム」の応募受付を開始

みんなが笑顔で朝を迎えられる「アイテム」を想像してみよう!

日本で初めてウレタンフォームの生産を始めた高分子素材のリーディングカンパニーである株式会社イノアックコーポレーション(代表取締役:井上聰一、名古屋本社:愛知県名古屋市・東京本社:東京都品川区、以下イノアック)は、小学生を対象とした『ボク・ワタシの自由なアイデアコンテスト』を2020年10月1日(木)より初開催します。

初回となる今回のコンテストテーマは「ぐっすり眠れるアイテム」。

枕やマットレスはもちろん、想像を膨らませて「これさえあれば快眠できる!」というアイテムを自由に考えてみてください。日本全国の小学生の皆さんから素敵なアイデアをお待ちしています。

『ボク・ワタシの自由なアイデアコンテスト』
『ボク・ワタシの自由なアイデアコンテスト』

『ボク・ワタシの自由なアイデアコンテスト』とは

子どもたちは、社会において人との関わりや、さまざまな経験を重ねることで成長していきますが、現代ではITの発達などによる社会環境の変化によって、直接的体験の場が減少しつつあります。また、今年は休校や分散登校など、子供たちを取り巻く環境に大きな変化がありました。

イノアックコーポレーションではこれからの未来を担う子供たちの心と身体の健やかな成長のため、『モノをつくる発想を育てる』『心身を育てる』『もったいない精神を育てる』これら3つをテーマに社会貢献活動に取り組んでいきたいと考えています。その一環として、2020年より「ボク・ワタシの自由な発想コンテスト」を開催することとなりました。テーマは日常生活に沿った内容となっています。
このコンテストを通じて、普段のお子様や保護者の方の日常生活を振り返るきっかけにもなりますと幸いです。

『ボク・ワタシの自由なアイデアコンテスト』募集要項

テーマ :「ぐっすり眠れるアイテム」

■募集期間:2020年10月1日(木)~2020年11月20日(金)※当日消印有効

■応募資格:小学生(小学1年生~6年生)

■作品形式:イラスト・作文・工作なんでも構いません。ただし、イラストと作文はA3サイズ以内としてください。また、作文の場合は何枚でも構いません。尚、お送り頂いた作品はお返しすることができませんので何卒ご了承ください。

■応募方法:作品と一緒に応募用紙を添付の上、以下の住所までお送りください。ご応募の際に必要な郵送料は応募者様にてご負担いただけますようお願い致します。

〒141-0032
東京都品川区大崎2-9-3 大崎ウエストシティビル4F
株式会社イノアックコーポレーション 広報室
「ボク・ワタシの自由なアイデア」応募係

■審査方法:当社従業員にて審査を行います。

■結果発表:2020年12月頃(予定)

■発表方法:受賞の皆様には、賞品の発送をもって発表とさせていただきます。
受賞作品はホームページでの公開と弊社東京ショールームに展示予定です。
その際、姓を除いた名のみ公開いたします。

■各賞:
【入賞(10名)】
賞品:ミニ賞状
図書カード3000円分
イノアック製オリジナルクッション

【参加賞(参加者全員)】
賞品:イノアック製かわいいキッチンスポンジ

イノアック製オリジナルクッション
イノアック製オリジナルクッション

個人情報の取り扱いについて

記入いただいたお客様の個人情報(住所、氏名、電話番号など)は、本コンテストでの賞品の発送にのみ使用し、その他の目的には一切利用しません。
また、個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいなどを予防するための合理的な安全策を講じ、個人情報の適切な取り扱い保護に努めます。

コンテスト特設ページ

応募方法・応募規約等の詳細につきましては、下記コンテスト特設ページをご確認の上、ご応募ください。

https://www.inoac.co.jp/sustainability/kids_csr/index.html

イノアックコーポーレーションについて

イノアックコーポレーションは1926年に自転車用のタイヤ・チューブの製造を始め、1954年に日本で初めてウレタンフォームの生産を開始した高分子素材のリーディングカンパニーです。
「暮らしをもっと豊かにしたい」という思いから、ひとつの事業に特化することなく、ポリウレタン・ゴム・プラスチック・複合材という4つの苗をもとに多くの事業(=木)を育て、企業体として多彩な製品・サービスを創り出します。自動車・情報・IT機器・住宅・建設関連から身近な生活関連商品・コスメ用品まで、生活の様々な場面に密着した製品を通じ、社会へ貢献してきました。

これまでに創り出した人々の暮らしの中で使用される製品は2万点以上。開発・製造した新素材や製品を、日本のみならず世界14ヵ国・100社以上のネットワークを生かし、グローバルに供給しています。イノアックはこれからも多くの個性ある木を育てることで、時代のニーズに応えていきます。