小石川後楽園「夏の特別開園」朝8時から開園します!

ハスの様子(7月11日撮影)
ハスの様子(7月11日撮影)

7月の小石川後楽園では、蓮池のハスが見ごろを迎え、薄桃色の大輪の花を咲かせます。内庭では引き続きスイレンがお楽しみいただけます。
ハスやスイレンは午後には花を閉じてしまいますので、午前中の観賞をおすすめしています。
今年も夏の朝だけの特別な空間をお楽しみいただけるよう、期間限定で通常より1時間早く8時に開園し、お客様をお迎えします。
暑さの穏やかな時間での庭園散策を是非お楽しみください。

日時

令和5年7月14日(金)~17日(月・祝)、21日(金)~23日(日)
8時開園~17時閉園(最終入園は16時30分)

ハスの様子

ハス (7月11日撮影)
ハス (7月11日撮影)
蓮池と小廬山 (7月10日撮影)
蓮池と小廬山 (7月10日撮影)

スイレンの様子

スイレン(7月11日撮影)
スイレン(7月11日撮影)
スイレン(7月11日撮影)
スイレン(7月11日撮影)
スイレンと唐門
スイレンと唐門

小石川後楽園について

国指定特別史跡・特別名勝。江戸時代初期、寛永6年(1629年)に水戸徳川家の祖である頼房が、江戸の中屋敷(後に上屋敷となる)の庭として造ったもので、二代藩主の光圀の代に完成した庭園です。光圀は作庭に際し明の儒学者である朱舜水の意見をとり入れ、中国の教え「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられました。

【開園時間】9時~17時(最終入園は16時30分)
※令和5年7月14日(金)~17日(月・祝)、21日(金)~23日(日)
8時~17時(最終入園は16時30分)

【休園日】12月29日~1月1日

【住所】文京区後楽1-6-6

【交通】
■西門 都営地下鉄大江戸線 飯田橋駅下車 C3出口 徒歩3分、JR 水道橋駅下車 西口・飯田橋駅下車 東口 徒歩8分、東京メトロ東西線・南北線・有楽町線 飯田橋駅下車 A1・A3出口 徒歩8分、東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅下車 1番・2番出口 徒歩8分

■東門 JR 水道橋駅下車 西口 徒歩5分、東京メトロ丸ノ内線・南北線 後楽園駅下車 2番出口 徒歩6分
※駐車場はございません。

【入園料】
一般 300円  65歳以上 150円 
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
※5月4日(水・祝)は「みどりの日」で無料
※5月5日(木・祝)は「こどもの日」で中学生以下は無料

【問い合わせ先】
小石川後楽園サービスセンター
TEL:03-3811-3015

園内マップ
園内マップ
周辺マップ
周辺マップ

AIが記事を作成しています