心臓再同期療法の世界市場規模は、2026年までに86億ドルに達し、年率5.3%で推移すると予測

対象疾患の発生率の増加、高齢者の増加、循環器分野への投資の増加、新興国の研究開発施設の充実などが、世界全体の市場成長を促進する要因となっています。心臓再同期療法の認知度を高め、市場開拓を促進するために、欧州ハートリズム協会や欧州心臓病学会などの機関がガイドラインを作成しています。これらのガイドラインは、正確な意思決定を行うために、患者のタイプに応じて3つのサブセットに分けられています。これらの有望な動きを受けて、世界の心臓再同期療法市場は、2020年から2025年までの予測期間中、約5.3%のCAGRで健全な成長を遂げると推定されます。

サンプルページはこちら @ https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY4713

心臓再同期療法(CRT)は、心筋症、心不全、左脚ブロックなどの患者に対する治療法として確立されています。心臓再同期療法(CRT)は、心筋症、心不全、左脚ブロックなどの患者に対する治療法として確立されている。CRTの効果を示すいくつかのエビデンスは、ニューヨーク心臓協会(NYHA)の機能クラスIIIおよびIVの患者を対象とした試験から得られている。その後の試験では、NYHA 機能分類 I および II の患者を含む、より軽症の患者コホートにおける CRT の効果が発表されたが、このエビデンスは症候性 HF(NYHA 分類 II~IV)の患者にとって不可欠である。しかし、CRT の早期実行が考慮される特定の患者シナリオがあります。

おそらく、QRS コンプレックスの持続時間と形態の変化に見られる電気的同期不全は、機械的同期不全を強化し、無駄な LV 機能につながると考えられます。CRTは、心室間および心室内の同期を回復させることで、この問題を解決することを目的としています。したがって、電気的同期障害がない場合の機械的同期障害を有する患者におけるCRTの有用性を評価することも含めて、自然な副作用であった。しかし、いくつかの試験では、心臓画像で評価した結果、機械的同期不全の患者にCRTを使用しても効果が得られませんでした。さらに、これらの試験のうちの1つでは、QRS コンプレックスの持続時間が 130ms 未満で、心エコー図で機械的同期障害の証拠がある患者に CRT を使用すると、損傷を受ける可能性があることが示された。

非同期性を評価するための心エコー図のような画像マーカーの有効性は、Predictors of Response to CRT (PROSPECT)という大規模な国際観察試験が発表されてから始まった。この試験では、CRT の臨床的および心エコー的反応を予測する能力に関して、あらかじめ定義された 12 の心エコー的因子を評価することを目的としました。最終的には、CRTの効果を予測するこれらのパラメータの能力はわずかなものにとどまり、同期不全パラメータの解析では、特定のトレーニングにかかわらず、観察者間で大きなばらつきが認められました。

世界の心臓再同期療法市場のセグメント概要

心臓再同期療法市場は、製品タイプとエンドユーザーに基づいてセグメント化されています。これらの主要な市場セグメントは、さらに様々なサブセグメントに分類され、市場を詳細に調査しています。

製品タイプ別の展望(心臓再同期療法用ペースメーカー、心臓再同期療法用除細動器

エンドユーザー別(病院・心臓病センター、外来手術センター

キープレイヤーの洞察

Medtronic PLC、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corporation、MicroPort Scientific Corporation、BIOTRONIK、Medico S.p.A.などは、世界の心臓再同期療法市場の調査に含まれる重要なプレーヤーです。

レポートを購入する前に、https://www.reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=QY4713 までお気軽にご質問ください。

レポートオーシャンについて

私たちは、業界で最高の市場調査レポートを提供しています。Report Oceanは、今日の競争環境で市場シェアを高めるトップラインとボトムラインの目標を達成するために、お客様に高品質のレポートを提供することを信条としています。Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、および業界のための「ワンストップソリューション」です。