海上貨物輸送市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「海上貨物輸送市場- 成長、動向、予測(2023年-2028年)」(Mordor Intelligence Pvt Ltd)の販売を6月27日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/moi1273454-sea-freight-forwarding-market-growth-trends-covid.html

主なハイライト

海上貨物輸送市場は、予測期間中に3%以上のCAGRで成長すると予想されます。世界の海上貨物輸送市場は、インターネットの普及、購買力平価の上昇、特にeコマース業界向けに設計されたインフラやサービスの発展により、急成長を遂げています。流行病は、安全確保とCOVID-19の蔓延防止のため、これらの部門の労働力が停止したため、海運業に悪影響を及ぼしました。

海上貨物輸送は、いくつかのエンドユーザー産業の間で好ましい形態として浮上しており、いくつかの戦略的パートナーシップも、予測期間中に海上貨物輸送の成長を促進すると思われます。世界の越境eコマース市場の拡大が小口混載貨物輸送量を増加させ、海上貨物輸送市場の成長にプラスの影響を及ぼしています。

海上輸送は、何千年もの間、商品、製品、人を輸送する重要な手段となっています。今日、船舶は石炭・石油・ガスなどの重要物資を輸送し、世界経済を支えています。2021年だけでも、約150万トンの石炭と約110万トンの石油が輸送されています。

さらに重要なのは、全商品の約85%がコンテナ船を中心とした海上輸送で運ばれていることです。他の輸送手段と比較して、船舶は、大型で重くかさばるもの輸送に適した広大な容量を持ち、比較的少ない排出量で経済的です。

船主やアナリストによると、今年いっぱい、そして2023年まで、船賃はさらに下がると予想されています。今後2年間に多数の新造船が就航するため、船隊規模の純増は2023年から2024年にかけて9%以上となる見込みです。これに対し、ブレーマーによれば、2024年のコンテナ量の伸びは若干マイナスになる可能性があります。

海上貨物輸送の市場動向

クロスブローダーのeコマースの増加が市場を牽引する

2021年、世界の小売eコマース売上高は約5兆2,110億米ドルに達し、今後数年間はeコマースの売上高がさらに速いペースで成長すると予測されています。

さらに、オンラインショッピングは世界中で最も人気のあるオンライン活動の一つであり、中国、インド、インドネシアなどの新興国市場における国内および越境ECの両方を牽引しています。これは、消費者への直接販売だけでなく、電子機器、医薬品、消費者向けパッケージ商品の出荷も含まれます。

新興経済諸国が、輸出向けの製造業による成長から、拡大する中間層によるより高いレベルの消費へと徐々にシフトしていく中で、eコマースの成長は、この地域の消費成長と非常に密接に関連しています。

中国では、国境を越えたeコマース取引は、すでに輸出入取引量の25%を占めるまでに至っています。中国に比べれば、他の地域では、eコマース関連ビジネスの規模は、はるかに小さいがその成長も急速です。2021年には海上輸送量が200億トンに達するという数字が示すように、eコマースの貨物輸送には海上輸送が最も適しており、多くのビジネスがこれを支持しています。

海上貿易の輸送量の増加

海上貿易の増加は、輸送コストの低減により、世界中のお客様に利益をもたらします。輸送手段としての海運の効率化や、さらなる経済自由化により、業界の継続的な成長の見込みは良好です。

このような状況にもかかわらず、業界の長期的な展望は非常に良好です。世界の人口は増加の一途をたどっており、海運が運ぶ物資や原材料は、今後も発展途上国から必要とされ続けるでしょう。また、海上輸送による国際貿易の量も、最近になって再び増加傾向にあります。海運が最も環境にやさしく、費用対効果の高い商業輸送手段であることは、世界貿易に占める海運の割合の増加にもつながるはずです。

海外では5万隻以上の商船が運航し、あらゆる種類の物資を運んでいます。150カ国以上で登録されている船団には、あらゆる国籍の船員が100万人以上所属しています。

国連貿易開発会議(UNCTAD)によると、商船の運航は世界経済に約3,800億米ドル、全貿易額の約5%に相当する運賃を生み出しています。

自由貿易の拡大と消費財の需要は、工業化の進展と各国経済の自由化によって促進されました。また、技術の進歩により、輸送手段としての海運の有効性とスピードが向上しています。

1990年から2020年の間に、海上貿易量は2倍以上に増加し、106億5,000万トンに達します。2020年には、国際海上貿易のうち18億5,000万トンがコンテナ船によって運ばれています。2021年1月現在、パナマは3億4,360万DWTの運航座席を持つ世界最大の商船隊を有しています。過去30年間で、海上貿易の輸送量はおよそ3倍になり、2021年には1,500億トンに達したため、海上貨物運送業者の事業量は着実に増加しています。

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1273454

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています