フリーランスになるために必要なスキルとは?人気の職種と将来性をチェックしよう

【IT業界まるわかりガイド】初心者でも、読むだけでIT業界のことがまるっとわかる

日本初Web専門スクールの「インターネット・アカデミー」には、近年フリーランスとしての働き方に憧れてお問い合わせやご相談にいらっしゃる方が増えています。その要因には、ITやWebといったデジタル化によるビジネス構造の変化や、国が力を入れて「働き方改革」を推進していることで、フリーランスに対する注目度が高まっていることなどが挙げられます。

今回は、そんなフリーランスとしての働き方に興味がある方に向けて、どんな職種が人気で、将来性があるのかをご紹介します。

フリーランスの現状と今後の展望

今後もますます経済規模や人口に占める割合の増加が予想されており、一説には2030年には日本の人口の約8人に1人がフリーランスになるとも言われています。
また、厚生労働省がまとめた報告書「働き方の未来2035」においても、技術発展に伴って働く場所に関する物理的な制約が無くなり、多くの仕事が、時間や空間に縛られないでできるようになるという記述もあります。

フリーランスの主要な職種と必要なスキル

次に、フリーランスの主な職種、必要なスキルについて解説していきます。 特にWeb系の業種はフリーランスとして働きやすく、クラウドソーシングサービスでも仕事が多い傾向にあるため、この記事ではWeb業界を中心にご紹介していきます。

Webデザイナー

Web制作の仕事は、必要なソフトウェアやインターネット環境さえあれば、場所を問わずに働くことができる魅力があり、フリーランスの職業としても非常に人気です。

Webデザイナーの主な仕事内容は、企業や個人などのクライアントから依頼されたWebサイトのデザインを担当することにあります。Webサイトの構成とレイアウト決めをした後、Webサイトのデザイン、Webサイトのコーディングという流れで仕事を進めます。
必要なスキルは、Webサイトのデザイン制作の際に使用するグラフィックソフトであるIllustrator、Photoshopを取り扱う技術やWebサイトのコーディングをする際に必要なHTML、CSS、JavaScriptに関する知識とそれらを運用する技術です。

Webライター

Webライターの主な仕事内容は、企業のWebサイトに掲載するコラム記事、ネット広告の文章、ECサイトに掲載する商品の説明文など、幅広い内容のWebライティングをすることです。

必要なスキルについては、ライティングスキルはもちろんのこと、Webに関する専門知識、Office系ソフトをスピーディーに使いこなす技術、そしてSEOに関する知識が身についていることが、高収入を得られるライターとして活躍するための条件であるといえます。

Webプログラマー

Webプログラマーの主な仕事内容は、Webサイトなどユーザーが見える部分のプログラミングを行うクライアントサイドプログラミングと、ユーザーには見えない裏側で動くサーバーサイドプログラム、その2つのプログラミングをすることです。

フリーランスになりたいとお考えの方へ

フリーランスという働き方が浸透してきたことで、今後ますますフリーランスに興味を持ち、その働き方を選択する方も増えていくことでしょう。また、フリーランスの中でも、WebデザイナーやWebプログラマーといった仕事は、クラウドソーシングサービスでも多く募集されている職種でもあり、フリーランスという働き方を選択する上でお勧めの職業でもあります。

そんなフリーランスになりたいとお考えの方、また、フリーランスとしてスキルアップしたいとお考えの方は、インターネット・アカデミーがお勧めです。

インターネット・アカデミーでは、WebデザイナーやWebライター、Webプログラマーを育成するための講座があり、即戦力として現場で活躍できるスキルを学ぶことができます。さらに、通学制のスクールだからこそ、同じ志を持つ受講生の仲間や卒業生とも人脈を広げることができます。フリーランスの方同士で交流する機会を持つことで、仕事につながったという事例も多数あります。

フリーランスとして働くことに興味をお持ちの方はぜひ、インターネット・アカデミーの無料体験レッスン・カウンセリングにお気軽にお越しください。