麗澤大学馬術部×麗澤幼稚園のコラボ企画 ポニーとの交流活動を実施

2024年5月21日(火)麗澤幼稚園にて

麗澤幼稚園(千葉県柏市/園長:竹政幸雄)は、5月21日(火)に、子どもたちが普段触れることの少ないポニーとのふれあい体験を実施します。このイベントは、同キャンパス内で活動をしている麗澤大学馬術部の協力により、幼稚園児たちにとって忘れられない時間を提供することを目的としています。

昨年度の交流の様子
昨年度の交流の様子
今回交流するポニー「バロン」
今回交流するポニー「バロン」

背景

幼い頃に動物と触れ合うことは、子どもたちの情操教育に非常に有意義な体験です。馬場を併設する麗澤大学のキャンパスを生かし、幼稚園児にとって身近に触れることのできないポニーとの接触を通じて、生き物への愛情や思いやり、責任感を育む絶好の機会を提供いたします。

特徴

### 交流を行うポニー「バロン」
麗澤幼稚園の園庭にポニー「バロン」が来園。子どもたちと楽しい触れ合いの時間を過ごします。

### さまざまな体験活動
ポニーへの給餌や乗馬体験など、子どもたちが近くで触れ合うことができる活動を計画しています。

### 学びの場として
このイベントを通じて、子どもたちの心にさまざまな動物との共生の気持ちの芽生えや、怖い気持ちを乗り越えて勇気をもって触ってみる心、命の大切さに気付く心の育ちにつながってくれることを願っています。

ポニーとの交流活動概要

日時: 5/21(火)11:00~12:00 小雨決行
場所: 麗澤幼稚園園庭 ※雨天時は幼稚園玄関軒下で見学のみ
内容: ①年中 バロンと触れ合い
    ②年長 えさやり、写真撮影、騎乗しての写真撮影(4名)
    ③年少 テラスで見送り

麗澤幼稚園について

麗澤幼稚園は昭和55年に開園しました。開園以来、創立者である廣池千九郎(法学博士)が提唱した教育方針を継承し、保育に取り組んでいます。教育目標として「やさしく思いやりのある子」「ありがとうが言える子」「自分のことは自分でする子」を掲げ、教職員一同心をひとつに教育活動を展開しています。


AIが記事を作成しています