未就学児から学べる! 人気鉄道アニメ「チャギントン」からプログラミングアプリが登場! 6月28日(日)より一般ユーザー向けサービスが遂にスタート!

 この度、2020年6月28日(日)より人気鉄道アニメ「チャギントン」のAR(拡張現実)を使用したプログラミング入門アプリ「チャギントンプログラミング」(開発:株式会社フジテレビジョン、株式会社九州コーユー)の一般ユーザー向けサービスを開始する運びとなりました。(2020年5月よりスクール向け教材としてサービスを先行開始)

 あらゆる活動でコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会では、コンピュータを理解し、上手に活用していく力を身に付けることは、子どもたちが大人になってどのような職業に就くとしても極めて重要であるとして、文部科学省は2020年度から小学校でのプログラミング教育を必修化としました。子どもたちがこれからのデジタル社会の主役となるうえで、プログラミングを通じたプログラミング的思考と論理的思考の養成が欠かせません。これらは、複雑な物事の本質を見極めて、試行錯誤を通じ単純な動作やルールの組み合わせとして整理し、問題を解決する普遍的な思考法です。
様々な研究により、プログラミングを学ぶことで創造的思考や空間認識能力の学習も容易になることが知られています。
これから社会においては小学生、さらには未就学児など早い段階からプログラミングに慣れ親しむことが推奨されています。

子どもたちのプログラミングとの最初の出会いを、最高のものにしたい!

チャギプロ_メインビジュアル
チャギプロ_メインビジュアル

「チャギントンプログラミング」では、子どもたちがプログラミングを好きになって、プログラミング的思考と論理的思考の基礎をゼロから楽しく身に付けていく「仮想現実によりゲーム感覚で夢中になって学べる」「レベル分けされた多彩なステージ群」「場所や時間を選ばず指導者が子どもたちと安心して学べる」という3つの要素があります。
 子どもたちにとってテレビで身近なキャラクター達を思うままに、それもすぐそこに登場させて動かすことで、ゲーム感覚で夢中になって学ぶことができます。本アプリでは、チャギントンの世界観を活かした仕掛けを足したり使い分けたりすることで、無理なく学びを深められます。様々な研究により、ゲーム要素や魅力的なインターフェース、さらには実世界への働きかけが、学習の意欲と効果を高めることに重要なことが知られています。
また、未就学児にも分かりやすい直感的な操作方法を採用し、試行錯誤による失敗や成功の結果を分かりやすく、ARにより現実世界へ重ねて伝えることで実現しています。

報道関係の皆様におかれましては、本情報のお取り上げをご検討いただけますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。           
株式会社フジテレビジョン

監修者メッセージ

プログラミングカリキュラム監修
早稲田大学グローバルソフトウェアエンジニアリング
研究所所長  鷲崎 弘宜 教授

数多くのプログラミング学習教材が登場している中で、
本アプリはファーストチョイスの一つとして、自信をもっておススメします。

鷲崎弘宜教授
鷲崎弘宜教授

チャギプロで子どもたちがプログラミングを好きになって、プログラミング的思考と論理的思考の基礎をゼロから楽しく身に付けていく「拡張現実によりゲーム感覚で夢中になって学べる」「レベル分けされた多彩なステージ群」「場所や時間を選ばず指導者が子どもたちと安心して学べる」という3つの要素があります。
本アプリでは、チャギントンの世界観を活かした仕掛けを足したり使い分けたりすることで、無理なく学びを深められます。

脳科学者 茂木 健一郎氏 推奨メッセージ

子どもたちの「未来」を「今、ここ」に引き寄せてくれるすばらしい学習環境です。

茂木健一郎氏
茂木健一郎氏

子どもの脳の成長に欠かせない栄養素は、「感動」です。
プログラムを通して生み出される感動体験を、拡張現実(AR)や洗練されたユーザーインターフェイス(UI)を通して提供する『チャギントンプログラミング』。触れた子どもの脳の扁桃体に感動を引き起こし、論理的、システム的に考える大脳皮質の成長をうながします。地頭を鍛えることで勉強への意欲もわきます。
子どもたちの「未来」を「今、ここ」に引き寄せてくれるすばらしい学習環境です。
大人も一緒に取り組めば、脳の若返り効果が期待できます。

チャギプロ_ロゴ
チャギプロ_ロゴ

【チャギントンプログラミング】詳細をご紹介!
「チャギントンプログラミング」は、拡張現実(AR)上のチャギントンのキャラクターを動かし“ゴールまで進めるプログラミング”と“動物を文章でプログラミング”の2種類のコンテンツがあり、ゲーム感覚で楽しくプログラミング的思考・論理的思考を学ぶことができます。簡単なレベルは未就学児から、難しいレベルは大人まで挑戦できる内容となっています。
また、兄弟やご両親、祖父母と一緒に楽しく学べるように、ひとつのアプリに4ユーザーまでが登録可能となり、アプリ上の表記や音声を日本語と英語で対応バイリンガルでのプログラミング的思考と論理的思考を養います。

◆ゲーム感覚で楽しくプログラミング的思考・論理的思考を学べます
◆拡張現実(AR)により、チャガーや動物が実際にいるかのような、わくわく感があります(ARなしでも利用可)
◆未就学児でも直感的に操作可能な指示カードタッチ方式 

ゴールまで進めるプログラミング「チャガーをうごかそう」
「チャギントン」のキャラクター ウィルソン・ココ・ブルースターをプログラミングしてゴールまで動かします。もり・ゆき・よる・さばくの4つのステージに5段階のレベルと課題、トータル100以上の課題があります。

[ステージセレクト画面]

ステージセレクト画面
ステージセレクト画面

画面内のキャラクターを動かすための様々なカードが表示されます。
カードを選択しながらゴールを目指します。

[もりのステージ]

チャガーをうごかそう_もりのステージ
チャガーをうごかそう_もりのステージ

スイッチを押して橋を上げたり下げたりできる

[よるのステージ]

チャガーをうごかそう_よるのステージ
チャガーをうごかそう_よるのステージ

明るい星を通過するとゴールの演出が変わる

[ゆきのステージ]

チャガーをうごかそう_ゆきのステージ
チャガーをうごかそう_ゆきのステージ

氷のブロックを押したり、貨車と連結できたりする

[さばくのステージ]

チャガーをうごかそう_さばくのステージ
チャガーをうごかそう_さばくのステージ

キャラクターがエレベーターに乗ることができる

動物を文章でプログラミング「どうぶつとまなぼう」
動物に関するキーワードの言葉をつなげて、実際に動かすプログラミング。

どうぶつとまなぼう
どうぶつとまなぼう

登場する動物は「馬」「キリン」「象」「ゴリラ」「ペンギン」。
それぞれ文章を組み合わせでプログラミングすると、動物がAR上でそのままの動きをします。

《AR認識マーカー》

チャギプロ_ARマーカー
チャギプロ_ARマーカー

カメラをマーカーにかざすと、AR上にチャガーやステージが立体で表示されます。AR認識マーカーを印刷して利用します。(モノクロでも可)マーカーがなくても利用できます。

今後、ユーザーが自由にステージを作る事が可能になったり(ステージ作成機能)、ユーザーの「成長ログ」の記録が可能となったりする機能のアップデートを予定しています。(開発中)