ネットセレブの育毛の救世主「わさびエッセンスシャンプー」を日本で発売

日本わさび研究所は、ここ数カ月、新しい育毛剤「わさびエッセンスシャンプー」を発売している。大阪での発売後、その反応は熱狂的で、たちまち日本で話題となった。多くのKOLインターネットセレブリティが日本に駆けつけ、披露してくれた。奇跡の育毛効果だけでなく、多くの高貴な人々に喜ばれ、バスルームに気品を添える高貴な佇まいに惹かれて購入しました。

もうひとつは、日本の研究で、わさびの葉に含まれるイソサポナリンという化学物質に、頭皮の毛乳頭細胞を目覚めさせる働きがあることが確認されたからだ。それが頭皮に触れると、発毛を促すのです。そして、毛乳頭細胞に栄養が行き渡るためのチャンネルを作るタンパク質に対しても、この化学物質には発育促進効果があるのです。

WST法の試験研究において、この薬品の効果はミノキシジルと同様です。試験で使用された濃度と比較すると、イソサポナリンはミノキシジルの300倍の濃度を必要とするだけで、毛乳頭細胞を刺激する効果は3倍にもなるのだそうです。ミノキシジルは、市場の育毛剤の一般的な成分で、抜け毛を減らしたり、止めたり、髪の再成長を促進することができます。

一方、わさびの茎の部分にも6MSITCが含まれており、これも毛乳頭細胞に同じような作用を及ぼすことがわかった。しかし、最も重要なことは、わさびのこれらの成分が頭皮の毛乳頭細胞に接触しなければ効果がないことである。つまり、わさびを頭皮に塗らなければ育毛効果はなく、食べるだけでは効果がないのです。また、寿司屋でよく食べられているのは、わさびではなく、からしであることにも注意が必要だ。どちらも辛味のあるソースではあるが、その原料は異なる。マスタードは、マスタードの種から作られる。

現在、市販されている育毛剤の中で、ワサビ成分を使用しているものはごくわずかです。ワサビは栽培が難しい植物で、原料が非常に高価であることが主な理由です。大阪のドラッグストアでは、イソサポナリンが配合された「わさび研究所」(訳注:わさびエッセンスシャンプー)が売られています。なかなかないですね。