「効率よく英語を学びたい」それなら短期集中一択!

有限な時間を有効に使い、語学学習を短時間で行うメリットをお伝えします。

GOGAKUDOでは、1ヶ月という超短期集中で海外留学を体験できるプログラムを提供しています。

留学や語学学習、語学習得には長い時間をかける印象ありませんか?しかし、中学高校と6年間学習した英語。日本語と同レベルで使いこなせる自信がある!と言い切れる人は多くはないでしょう。
言い換えてみれば、時間をかけたからと言って語学は身につくわけではない、ということ。
有限な時間を有効に使い、語学学習を短時間で行うメリットをお伝えします。

「エビングハウスの忘却曲線」

この言葉を聞いたことがある、もしくは図を見たことがある人もいるかもしれません。ドイツの心理学者エビングハウスが発見した「人の記憶と時間の関係」を示したものです。

このグラフの縦軸は「覚えている情報量」、横軸は「時間」を表しています。
一番左の赤い線が一度学習したことを6日間かけてどんどん忘れていっている、ということを示しています。
最近の研究では、人間は新しい情報を1時間以内に約50%、24時間以内には平均70%、1週間後には90パーセント忘れてしまうそうです。

一週間で90%を忘れてしまうなら…?

何もしなければ今日学んだことを来週にはほとんど忘れてしまします。
さて、困った!どうしよう!
下の図をご覧ください。

一番左の赤線の記憶が1日経って80%まで記憶が減少している。ところが赤い点線によって記憶が復活しています。これは「復習」による効果です。
短期間のうちに何度も復習をすることで記憶が定着していきます。

語学学習で考えてみましょう。
長期期間で学習を進めようと考えると、一週間に一回のレッスンに通うことが多いと思います。しかし、一週間後には90%を忘れているので、言語の土台が固まらず、知識の積み上げがうまくいきません。
短期学習では、期間中ほぼ毎日レッスンを行います。忘れる前に復習、忘れてしまっても即復習で、記憶を定着させることができます。

科学的な観点から見てみると、語学学習は短期で行うほうが効率よく学んだことを定着させることが出来る、ということが分かります。
短期で学習するときも、詰め込み学習ではなく、インプットとアウトプットをバランス良く行うことが大切です。
自分にあった学習方法を探っていってくださいね。

あなたのための英語学習を提供します

GOGAKUDOでは、独自の語学学習システムGTA(GOGAKUDO Teaching Assist)を用いることで、日本国内にいながら海外留学を体験できるコンテンツを提供しています。
MOOCというオンライン学習サービスで、海外大学の講義を受けながら、自分に不足している英語力を見極め、あなたに合った学習を進めます。英語を学ぶのではなく、英語を使って学び、その中で困ったことがあればネイティブのコーチが相談にいつでも乗ります。
あなたの語学学習を、海外留学を、ぜひGOGAKUDOに応援させてください。

語学学習・海外留学についての悩みは、公式LINEアカウントでお気軽にお問い合わせください。「擬似留学」と入力すれば、後日トレーナーから連絡いたします。