「スタイルがよくなりたいときに試すべき3つの方法」エステティック ミス・パリのBeauty Picksにてダイエットに関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

「体のコンプレックスを解消したい」「憧れの服を着こなしてみたい」など、スタイルがよくなりたいと感じた経験がある方も多いと思います。

そもそもスタイルがよいとはどのような体型のことを指すのでしょうか。

この記事では、一般的にスタイルがよいとされる人の特徴や、実際にスタイルアップを目指すための方法について紹介します。

自分磨きのひとつとして、自分の体に自信が持てる体型を実現するためにスタイルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

スタイルがよい人の特徴

ここでは、スタイルがよい人の特徴について見ていきましょう。

単純に体重を減らしただけではスタイルがよいとはいえないこともあるため、特徴を把握して具体的なイメージを持つことは重要です。

自分が理想とする体型はどのようなものなのかを明確にし、実現するための方法に結び付ける必要があります。

顔が小さい

一般的にスタイルがよいとされている人は、8~9等身あるとされています。顔が小さいため手足が長く見えるなど、実際の体重よりも小柄な印象に映ることもあるでしょう。

また、顔の大きさが同じでも身長が高いほうが顔も小さく見えやすくなります。7等身の人がいた場合、十数cm身長が高くなれば8等身になるためです。

小顔を目指す手段のひとつとして、普段履く靴をヒールの高いものにしたり、小顔マッサージで顔のむくみを取ったりする方法があります。

ヒールを履くとバランスを取るために姿勢もよくなることが多く、さらにスタイルがよい印象につながるでしょう。

ウエストがくびれている

同じ体重、身長の人であっても、ウエストのくびれがあるか否かでスタイルの印象が変わってきます。

くびれが引き締まっていると、メリハリがつくため体のラインがきれいに見えるためです。

くびれを手に入れる手段として、筋トレなどで鍛えることや矯正下着を身に付ける、便秘を解消するなどの方法を取り入れてみましょう。

また、ワンピースを着る際にウエストにベルトを巻くなど、服装の工夫でもくびれを作ることができます。

足のラインが綺麗

足のラインが綺麗な人も、スタイルがよく見えます。単純に細いというよりも、引き締まっているというイメージです。

太ももの間に隙間ができている状態がベストとされており、マッサージなどでむくみを取ったり、リンパの流れを良くしたりするように普段から意識してみましょう。

また、日常生活の中で意識して階段の昇り降りをするのも効果的です。とくに、ヒップラインがきゅっと引き締まっていると足が長く見えます。

そのため、痩せることだけでなく適度な筋肉をつけることも意識し、マッサージや筋トレをうまく組み合わせて行いましょう。

スタイルがよくなるための方法3つ

スタイルがよくなるためには、スタイルアップに効果的な行動を習慣づけることが大切です。

では、どのような行動を習慣的に行えばスタイルがよくなるのでしょうか。ここでは、スタイルがよくなるための3つの方法について紹介します。

最初からすべてを取り入れることが難しいのであれば、まずはできる範囲のことから始めてみてはいかがでしょうか。