ヨーグルトの世界市場-2023年~2030年

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ヨーグルトの世界市場-2023年~2030年」(DataM Intelligence)の販売を8月17日より開始しました。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/dmin1316308-global-yogurt-market.html

市場概要

世界のヨーグルト市場は、2022年に1,059億米ドルに達し、2023~2030年の予測期間中にCAGR 6.7%で成長し、2030年には1,779億米ドルに達すると予測されています。

ヨーグルトは、牛乳、ヤギ乳、羊乳、アーモンドミルク、豆乳、ココナッツミルクなどの植物性代替乳など、さまざまな種類の乳から作ることができ、さまざまな食事の嗜好や制限に対応できる幅広い選択肢を提供しています。ヨーグルト市場の促進要因としては、ヘルシーで便利な食品オプションに対する需要の高まり、プロバイオティクスが豊富なスナックとしてのヨーグルトの人気、消費者の嗜好に合わせた多様なフレーバーや品種の入手可能性の増加が挙げられます。

ヨーグルト培養物による発酵は牛乳をヨーグルトに変え、有益なプロバイオティクスが詰まったピリッとクリーミーな乳製品を生み出します。乳酸菌はヨーグルト製造において重要な役割を果たし、乳糖を乳酸に変換し、ヨーグルトの特徴的な風味、食感、健康効果に貢献しています。ヨーグルトの加工には低温殺菌、発酵、冷却が含まれ、牛乳をクリーミーで栄養価の高いヨーグルト製品に変えます。スターターカルチャーは、発酵を開始する特定の菌株を含むため、ヨーグルト製造に不可欠であり、牛乳をヨーグルトに変換し、独特の風味、食感、健康増進特性を付与します。

市場力学

プロバイオティクス飲食品への需要拡大がヨーグルト市場の成長を牽引

プロバイオティクス食品・飲料製品に対する需要の高まりは、まさにヨーグルト市場の成長促進要因となっています。プロバイオティクスは生きた細菌であり、摂取することで健康効果をもたらし、特に消化器系の健康や免疫系のサポートに役立ちます。天然のプロバイオティクスを含むヨーグルトは、便利でおいしいプロバイオティクスの供給源として人気を博しています。健康な腸内細菌叢を維持することの重要性が消費者に認識されるようになり、プロバイオティクスを豊富に含む食品や飲食品への関心が高まっています。

プロバイオティクス含有で知られるヨーグルトの消費は、消化の改善、栄養吸収の促進、免疫機能の強化など、様々な健康上の利点に関連しています。主要企業の中には、プロバイオティクス株を配合した新しいヨーグルト製品を発売したところもあります。例えば、2023年3月27日、中国の食品会社Junlebaoは、10種類のプロバイオティクス菌株を含む新しいヨーグルトを市場に投入しました。

子供たちの間でのアイスクリーム代替品需要の増加がヨーグルト市場の成長を牽引

子供たちの間でアイスクリームの代用品に対する需要が増加していることが、ヨーグルト市場の売上を押し上げる役割を果たしています。クリーミーなテクスチャーと多様なフレーバーを持つヨーグルトは、従来のアイスクリームの代替品として健康的な役割を果たしています。保護者や介護者は、子どものおやつやデザートに栄養価の高い選択肢を求めるようになっており、ヨーグルトはその条件に合致しています。ヨーグルトは、カルシウム、タンパク質、ビタミンなどの必須栄養素を供給すると同時に、満足感のある贅沢な味を体験させてくれます。

人気キャラクターや遊び心のあるパッケージなど、特に子どもをターゲットにしたフレーバー付きで楽しいヨーグルトの選択肢があることも、子どもたちの嗜好にさらにアピールし、ヨーグルトを魅力的な選択肢にしています。例えば、2023年3月27日、Enlightened社はキャラメルブラウニー味とミント&クッキー味のフローズングリークヨーグルトバーを市場に投入しました。

食生活の嗜好と制限の普及がヨーグルト市場の成長を妨げる

ヨーグルト市場、特に伝統的な乳製品ベースのヨーグルト市場にとって、食生活の嗜好や制限の普及が大きな抑制要因となっています。例えば、乳糖不耐症は人口のかなりの部分に影響を及ぼしており、乳製品に含まれる天然の糖分である乳糖を含むヨーグルトを個人が摂取することを困難にしています。この制限は、乳製品ベースのヨーグルトの潜在的な消費者層を狭めています。

同様に、菜食主義や植物ベースの食生活の普及は、非乳製品代替品への需要の高まりにつながっています。菜食主義のライフスタイルを実践している人や乳製品アレルギーや不耐性を持つ人の多くは、アーモンドミルク、豆乳、ココナッツミルク、オートミルクなどを原料とする植物性ヨーグルトを選んでいます。このような消費者の嗜好の変化は、従来の乳製品ヨーグルトメーカーがこの特定のセグメントに対応するという課題を生み出します。

COVID-19影響分析

パンデミックにより、健康と免疫への注目が高まっています。ヨーグルトは、そのプロバイオティクス含有量と潜在的な健康効果で知られ、消費者が免疫力を高める食品を求めるにつれて、さらに注目を集めるようになっています。健康とウェルネスに対する消費者の関心の高まりは、ヨーグルト市場に恩恵をもたらしました。パンデミックはeコマースとオンライン食料品通販の成長を加速させました。消費者は、ヨーグルトを含む食料品を購入するためにオンラインプラットフォームを利用するようになっています。

ヨーグルトメーカーや小売業者は、オンラインプレゼンスを強化し、配送オプションを提供することで、消費者の買い物の嗜好の変化に対応しました。ヨーグルト業界の企業は、パンデミックの状況に合わせてマーケティング戦略を変更しなければならなかっています。消費者の懸念に応えるため、製造時の安全対策や衛生対策を伝え、ヨーグルトの健康上の利点を強調することに注力しました。

ロシア・ウクライナの影響分析

地政学的緊張はサプライチェーンを混乱させ、原材料、包装、完成したヨーグルト製品の配送の遅延や中断につながります。これは生産能力と市場におけるヨーグルトの入手可能性に影響を与えます。ロシアとウクライナの政治情勢は消費者感情やブランド認知に影響を与えます。

消費者の嗜好の変化が起こり、どちらかの国に関連するヨーグルトブランドが好まれたり差別されたりすることがあります。これは市場シェアとブランドロイヤルティの変化につながります。地政学的緊張は、貿易協定、関税、規制の変更をもたらします。このような変化は市場アクセスに影響を与え、外国のヨーグルト企業が影響を受ける国々に参入したり拡大したりすることをより困難にします。

無料サンプル

当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/form/request/1316308

本件に関するお問い合わせ先

<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム:https://www.gii.co.jp/contact/
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:https://www.gii.co.jp/

会社概要

1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp/
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議:https://www.giievent.jp/

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。


AIが記事を作成しています