ジビエは狩猟によって捕まえた野生の動物の肉を指します。そんなジビエは、栄養豊富なことから人気のある材料です。
そして今、飼い主が愛犬に与える食材として人気が出てきています。また元気がなくなっている時に与えると元気になることも人気の理由です。
しかしジビエは栄養豊富なだけではなく、食べ方に注意しないと病気になることもあります。
そんなジビエとして人気がある肉は、シカ・イノシシ・熊・うさぎ・鴨・雉です。その中で厳選して鹿肉とイノシシ肉についてお伝えしていきます。
今回の記事では、いかにジビエが優れた食べ物か、また安全な食べ方についても解説していきます。

1、愛犬を健康にしてくれる食材!シカ肉とイノシシ肉の豆知識を紹介!

どちらも栄養満点の食材!

ジビエで使われる鹿肉とイノシシ肉は、低カロリーで高蛋白質です。さらにビタミン類や鉄分やカリウムも多く含まれているので健康に必要な栄養素がそろっています。
特に体内から老化してしまう理由である体内の酸化を防いでくれる、抗酸化作用もあるので健康に長生きすることが出来ます。

生で食べるのは危険!

食肉を生で食べると栄養素を余すことなく体に取り入れることが出来るので、生で食べさせる飼い主が多いです。しかし、鹿肉とイノシシ肉の場合は自然の中でとれた食肉も多いため寄生虫が潜んでいる可能性が高いため危険です。
だからこそ、生で食べるよりも火を入れて安全に食べるようにしましょう。
さらに注意してほしいのが、冷凍すれば大丈夫という考えです。確かに冷凍することで寄生虫は死滅させることが出来ます。しかし鹿肉とイノシシ肉にはウイルスが潜んでいることがあり、解凍しただけではウイルスは死滅しません。
なので、やはり食べさせる肉はしっかりと過熱するのが大切です。

腎臓病がある場合は食べないほうが良い

最初に紹介したように鹿肉とイノシシ肉は栄養が豊富なところが人気の理由です。
しかし腎臓が弱っていると、肉に含まれる豊富なたんぱく質で病気が悪化してしまうリスクが高くなります。
もし、腎臓が弱っている愛犬に鹿肉やイノシシ肉を食べさせたいときには、事前に医師へ相談して食べてもいいか確認しましょう。

2、鹿肉とイノシシ肉を安全に愛犬へ食べさせる方法とは?

お湯で茹でてから食べさせる

シンプルな方法でぜひ試してほしいのがこの方法です。目安としては、沸かしたお湯にお肉を入れて肉の色が変わるまで茹でましょう。
生肉よりも栄養素は減ってしまいますが、ウイルスによる病気を防ぐことが出来るのでぜひ行ってください。
もし普段食べているドッグフードなどに混ぜてあげる場合には、肉を細かく切って茹で汁ごとドッグフードにかければお湯に溶けた栄養素までしっかり摂ることが出来るのでオススメです。

味付けはせず、焼きのみで食べさせる

これも安全に食べさせる方法になります。フライパンなどで焼くことで、犬にとって害となるウイルスや病原菌を死滅させることが出来ます。
またしっかり焼くことで肉の香りが立つので、食欲増進にもつながるためオススメの方法です。

まとめ

ジビエ肉の中で特に人気の高い鹿肉とイノシシ肉について解説しました。
これから夏の時期になると、愛犬も夏バテして食欲が落ちてしまいます。なので普段食べているドッグフードにプラスしてジビエ肉を調理したものを加えることで一気に食欲が元通りになります。
それにジビエ肉は一般的な肉よりも栄養が豊富なため、体力が落ちかけている場合はドッグフードに加えてあげることで元気にしてあげましょう。
ただし、ジビエ肉は野性的な肉なのでウイルスや寄生虫には病気のリスクがあるため注意が必要です。
愛犬が病気にならないように、茹でたり焼いたりと加熱処理をすることで安心安全な食べ方を心掛けてください。