「ほうれい線ができやすい人の特徴!目立たなくする3つの対策法」ミス・パリのBeauty Picksにて美容に関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

年齢を重ねるにつれて気になることが多いほうれい線。ほうれい線があると老けて見えることから、できるだけ目立たなくしたいという方は多いのではないでしょうか。

今回は、ほうれい線ができやすい人の特徴やほうれい線を目立たなくする対策法についてご紹介します。ほうれい線に悩んだ経験がある方や、今後できるだけ目立たないようにしたいという方はぜひ参考にしてください。

ほうれい線ができやすい人の特徴

最初に、ほうれい線ができやすい人の特徴から見ていきましょう。ほうれい線ができる原因として、主に「生活習慣」と「骨格」が挙げられます。

生活習慣の特徴

ほうれい線ができやすい生活習慣の特徴は、以下のとおりです。


■下を向くことが多い

下を向くことが多いと、うつむく姿勢が肌のたるみを進行させ、ほうれい線が深くなる原因になります。たとえば、食事をしているときに、うつむきながら食事をすると、ほうれい線の進行につながるでしょう。

現代ではスマートフォンを使う機会も多く、自分でも気づかないうちに下を向きながら使用している方もいるのではないでしょうか。ほうれい線ができないよう、スマートフォンを使用するときは、顔の角度にも気を付けなくてはなりません。


■ いつも片方を向いて寝ている

いつも片方を向いて寝ていると、頬のどちらかに重力がかかり、ほうれい線が深くなります。しかも、人間は左右バランス良く向いて寝ることはなく、人それぞれ癖があるでしょう。

同じ方向ばかり向いて寝ていると、一方だけにほうれい線がつきやすくなる可能性もあるのです。そのため、できるだけ仰向けに寝るのが良いとされています。


■いつも歯の片側でものを食べている

いつも歯の片側で食事をしていると、噛んでいる方の筋肉ばかりが鍛えられてしまいます。これにより、もう片方の筋肉が徐々に衰え、ほうれい線が深くなってしまうのです。

先ほど紹介した片方を向いて寝ている場合と同様に、噛み方には人それぞれ癖があります。そのため、両方の歯でバランス良く噛むことを普段から意識しましょう。


■肩こりになりやすい

「肩こりとほうれい線はあまり関係がなさそう」と思う方もいるかもしれません。しかし、肩や肩からつながる首は、人間の顔を支える重要な部位です。

肩こりしやすい場合は血流が悪くなり、それにより顔のむくみやたるみが進行し、ほうれい線ができやすくなります。


■紫外線ケアや乾燥ケアをしていない

さらに肌が衰える原因のひとつに、紫外線ケアや乾燥ケアを怠っていることが挙げられます。ケアの不足が原因で肌にダメージを与えると、一度ついたほうれい線が戻りにくくなってしまいます。

このように、さまざまな生活習慣によってほうれい線ができやすくなりますが、これらは意識次第で改善できるので、日頃から対策することが大切です。

骨格や肉付きの特徴

ほうれい線ができやすい骨格や肉付きの特徴として、次のような点が挙げられます。

・丸顔
・頬骨の位置が高い
・頬中央の骨の位置が低い
・歯茎が出ている

丸顔の方はほうれい線の原因となる脂肪が多く、脂肪が重力で下に落ちやすい傾向にあるため、ほうれい線ができやすくなります。

頬骨の位置が高い場合は、ほうれい線ができる口周りの部分と頬骨の高さの差が大きくなるため、ほうれい線が目立ちやすくなってしまうのです。

また、頬中心の骨の位置が低いと、顔を支える力が弱く脂肪が下に流れやすくなるため、口周りの皮膚に負担がかかってほうれい線が深くなる原因になるでしょう。

歯茎が出ている場合は、口全体が前に突出してしまう傾向にあり、それにより肌が引っ張られてしまいます。しかし、口を開けている時は肌が縮むため、肌の伸縮の繰り返しでほうれい線ができやすくなるのです。

ほうれい線の進行度チェック

ここまでの解説で、自分のほうれい線がどれほど進行してしまっているのか不安に感じた方もいるのではないでしょうか。ここからは、ほうれい線の進行度をチェックする方法を紹介します。

まずは鏡を用意して、自分の顔を下からチェックします。正面からも自分の顔をチェックしてみて、下からのときと正面のときを比べて差がない場合は、まだほうれい線が進行していない可能性が高いです。

しかし、下からの方が老けて見える場合は注意が必要でしょう。なぜなら、下から見たときの印象が良くないと、それは肌のたるみが原因である場合が多く、結果的にほうれい線が深くなることにつながるからです。

ほうれい線を目立たなくする3つの対策

それでは、ほうれい線を目立たなくするにはどのような対策をすれば良いのでしょうか。今回は3つの対策をご紹介します。