「自己肯定感を高めるにはどうすれば良い?簡単にはじめられる習慣」ミス・パリのBeauty Picksにて美容と健康に関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

自己肯定感が低いと、人から褒められても素直に受け取ることができないものです。また、人と比べて「自分は価値がない」と思ってしまうこともあるでしょう。

でも、せっかくの人生なので、自分に自信をもって楽しい毎日を送れるようにしたいものですよね。

この記事では、自己肯定感を高める方法を解説します。自分を認めるのが難しいと感じている人は、この記事を読んで自分を好きになるコツを知っておきましょう。

そもそも自己肯定感とは?

自己肯定感とは、自分に対する評価のことです。

自分のことを肯定的に思っている人は「自己肯定感が高い」といえます。それに対して、自分のことを否定的に思っている人は「自己肯定感が低い」といえるでしょう。

自己肯定感が高い人は、心に余裕があることが特徴です。ありのままの自分を受け入れているため、他人と自分を比べて落ち込んだりせず、自分のペースで生活することができます。また、他人の成功を素直に喜ぶことができるでしょう。

自己肯定感が高いと、何か新しいことに挑戦するときも「自分はできる」と思えます。そのため、何事も積極的に取り組むことができますし、新しいことに挑戦する場合でも失敗を恐れません。自分が好きですし、自分は必要とされていると考えるので、恋愛にも積極的に取り組める人が多いでしょう。

とはいえ、必ずしも「自己肯定感が高い人=優れている人」というわけではありません。ほかの人よりも優れたところがたくさんあっても自己肯定感が低い人もいますし、その逆もあります。

自己肯定感が低い人の特徴

自己肯定感が低い人には以下のような特徴があります。当てはまる点がないか、チェックしてみましょう。

否定的になってしまうことが多い

自己肯定感が低い人は、新しいことに取り組むときにネガティブな感情が先に出てしまうことが多いです。

自分にはできない、失敗するかもしれないという考えで頭がいっぱいになってしまうので、仕事でもプライベートでも新しいことに取り組むのを避けてしまいがちになります。

他人に依存しがち

自分で主体的に動いたり、物事を決定したりすることができず、判断や決定を誰かに任せようとしてしまうことも自己肯定感が低い人の特徴です。

人任せにしてしまうと、自らやり遂げるという経験が少なく、なかなか自分に自信をもつことができなくなってしまいます。

また、失敗したり問題が起きたりしても、「自分が決めたわけではないから……」と考えてしまうこともあるかもしれません。

過去へのこだわりやトラウマがある

過去にした決定で「こうしておけば良かったのに」とずっと考えていたり、過去の失敗がトラウマになっていたりする人も、自己肯定感が低くなりがちです。

失敗したり後悔したりすることは誰にでもあることですが、長く引きずっていると、なかなか前向きな気持ちになることができません。

人のために頑張ることができない

自己肯定感が低い人は、「自分が誰かの役に立てる」と考えるのが苦手です。そのため、人のために頑張ることができず、辛くなってくるとやる気を失ってしまいます。

会社で同僚と協力して仕事をするときなどは、「会社のため、同僚のために頑張ろう」という意識が薄くなってしまい、仕事がうまく進まないこともあるかもしれません。

自己肯定感を高めるためには?

自己肯定感を高めたいと思っても、具体的に何をしたら良いか分からないという人もいるでしょう。ここでは、自己肯定感を高める方法を紹介しますので、できることから実践してみてください。