ユニバーサルデザイン遊具を設置した「だれでも遊べる遊具広場」のYoutubeが完成しました!

都立公園の取り組みをご紹介します

都立公園ではだれもが遊べる児童遊具広場の整備を進めています。
「だれもが遊べる遊具広場」とは、障がいの有無や国籍などに関わらず、あらゆる子ども達が一緒に遊べる遊具広場です。
互いの違いを理解しあい、支え合いながら遊ぶインクルーシブな遊び場です。
今回、都立公園の指定管理者である東京都公園協会では、「ユニバーサルデザイン遊具のある公園」についてわかりやすく紹介した動画を作成いたしました。
ぜひご覧ください。

「だれでも遊べる遊具広場」のある都立公園について

■誰もが遊べる遊具広場の特集ページはこちら
 https://www.tokyo-park.or.jp/special/udplayground/

砧公園「みんなのひろば」(世田谷区)

『みんなのひろば』で、障がいのある子もない子も、みんなで一緒に楽しく遊ぼう!

利用時間:
4月1日から8月31日まで 午前9時から午後5時まで
9月1日から3月31日まで 午前9時から午後4時まで

お問い合わせ:03-3700-0414 (砧公園サービスセンター)

■利用者の皆さんのモニタリング結果をもとに、夏の暑さ対策としてヨシズを張ったり、入り口の扉に色を塗ってわかりやすくするなど、皆さんの意見や声を反映した管理運営を行っています。
ひろば内には、皆さんや私たち公園職員がコミュニケーションツールとして利用できる専用の掲示板を設置しているほか、障がいを持つ子どもの支援団体によるアートワークショップなども行い、誰もが心地よく過ごせる空間づくりを進めています

府中の森公園「もり公園にじいろ広場」(府中市)

車椅子のお子さまでも遊べる、ユニバーサル遊具のある広場。

フェンス内利用時間(西エリア)
 4/1~8/31 AM9:00~PM5:00
 9/1~3/31 AM9:00~PM4:00
※フェンス外の遊具もあります。

お問い合わせ:042-364-8021(府中の森公園サービスセンター)

■広場と遊具の愛称は、近隣施設の子どもたちに候補を考えてもらい、3,500票を超える投票で決まりました。
遊具の案内板やリーフレットにも載せているので、覚えてもらえると嬉しいです。
また、公園・広場の情報を発信する「もり公園だより」の発行やイベントなども行っています。
だれもが楽しめる優しい場所になるよう、みなさんと一緒に広場を育てていきたいと考えています。




公益財団法人 東京都公園協会について

都立公園と庭園・霊園及び隅田川テラス等の施設の維持管理を行うとともに、駐車場、売店、喫茶、ボート場等の運営を行っています。
都民が緑と水の魅力を知り、楽しみ、親しむことのできる事業を目指すとともに、緑と水の市民カレッジ(日比谷公園内)を開校し、花と緑と水に関する知識や技術を身に付ける機会と場を提供しています。
また、都民の皆様からのご寄付等で「東京都都市緑化基金」を設け、「もっと緑を東京に」を目指して民有地緑化のための助成を行っています。
東京水辺ライン(水上バス)では、隅田川や臨海部をめぐり、水辺環境や町並みに触れあえる定期観光船や季節感溢れる各種クルージングを行い、楽しんでいただいています。

公式HP

東京都公園協会広報Twitter