コロナ禍の冬に知っておくべき指先の3大乾燥対策!手荒れ・ひび・あかぎれに!

アスリートサロン(爪のコンディショニング専門メディア)は、冬の指先の乾燥対策を公開しました

寒さが厳しく乾燥が進む冬は、爪や肌にとって過酷な季節。
日常生活ひとつとっても、春夏秋と比べて、冬の爪や肌へのダメージは相当なものになります。

さらに屋外でスポーツをする場合、ダメージリスクはより一層アップ。こまめな保湿が行き届いていないことで、ひびやささくれ、あかぎれを生み、痛みを感じてスポーツパフォーマンスに悪影響が出た経験はありませんか?

そこで今回は、コロナ禍の冬に特に知っておくべき指先の乾燥対策について紹介します。

結論から言うと、健康的で体のコンディションを維持するためにも、次の3大対策をしっかりと行いましょう。

・ウイルスから体を守る「感染」対策
・スポーツで柔軟な動きを可能にする「角化」対策
・代謝を促進しパフォーマンスを上げる「血行」対策

なぜこの3つの対策が必要なのか?
必ず知っておくべき3つの乾燥対策をスポーツと爪の専門家がわかりやすく解説します。

なぜ、冬は乾燥対策が必要なのか?

冬は乾燥する季節。それは日本全国どこでも同じです。でも実際、冬はどれくらい乾燥するのか?数字で知っている人は少ないと思います。

1981年から2010年の日本の平均湿度をまとめたデータを見てみると、東京では、夏と冬の湿度差は、なんと25%にもなっていますね。そして乾燥に向かって急激な湿度変化が起きているのが、10月から12月。

季節の変わり目は、爪や肌の調子が下降することが知られています。だからこそ、本格的な冬がくる前に早めの対処が必要。衣替えとともに指先を保湿するケア意識を一段階上げてギアチェンジしていきましょう。

そうすることで気温変化や湿度変化に対応したカラダのコンディションが整い、ささくれやひび割れ、あかぎれと言った指先トラブルを予防することができます。

冬に知っておくべき指先の乾燥対策

それでは、指先の乾燥対策と言ってもどんなポイントに気を付ければ良いのでしょうか?

一般的には「保湿」が挙げられますが、それだけではベストコンディションは作れるとは言えません。

見た目のキレイさも大切ですが、スポーツをする上では「衛生面」と「コンディション面」にも注意を払いましょう。

そこでおすすめするのが「感染対策」「角化対策」「血行対策」の3大乾燥対策です。

冬の爪や肌トラブルを予防する、3大乾燥対策の具体的な方法。


それは、、、

アスリートサロン(https://athlete.salon/)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。