シューズの試着でこんな間違いしていませんか?靴擦れや爪下血腫は誰でも防げる!

爪のコンディショニング専門メディア アスリートサロン(住所:東京都新宿区、代表:大塚裕司)は、失敗しないシューズ選びの方法を公開しました。

みなさんは、靴紐を通す時、穴から出た紐は、どちらの方向に引っ張っているでしょうか?

おそらくあまり意識をしたことがないと思います。

しかし、正しくシューズを履くことはスポーツパフォーマンスの向上につながり、足にフィットさせることで怪我予防にもなるのです。

このニュースでは、シューズのフィット感を高める靴紐を引っ張る方向の技を解説します。あまり知られていない情報ですので、ぜひ今日ここでシューズの構造と靴紐の関係を知りましょう。

そうすることで、シューズ選びがより適切になり、シューズ内側への爪当たりを改善することにもつながります。

このニュースはこんなことを書いています

・シューズの形状の意味
・靴紐を引っ張る方向とフィット感の関係
・爪を守るシューズの履き方、選び方

シューズは、なぜこの形なのか?

世界中にシューズメーカーは数多とあるのに、シューズはなぜこのような形をしているのでしょうか?

特にスポーツシューズは、アッパーにあるシューレースホールに靴紐を通し、ベロを抑える構造をしています。

それにはとても興味深い意味がありました。

ウォーキング、ランニング、サッカーなど細かい用途によって、アッパーの素材やクッション性能は異なりますが、この形になっている理由を解説していきましょう。

人間工学的にフィット感が得られる構造

シューズの形の秘密。
それは人がスポーツをするにあたって、一番フィット感が得られる構造だからです。

上の写真の「ブルーの矢印」に注目してください。

スポーツ向けのシューズは左右のアッパーで、足の甲を左右から包む構造をしています。そして、このブルーの矢印の方向に沿って、靴紐を引っ張ることでシューレースホールが適度に締まり、フィット感が高まるのです。

つまり、どの方向で靴紐を引くかで足にフィットするかがシューズの設計段階から計算されているのです。

爪下血腫を予防するシューズ選びの2ステップ

シューズの性能を活かすためには、靴紐を引っ張る方向が大切だと分かりました。

それでは、この関係をどのように利用すれば、爪のトラブルを避けられるのでしょうか?

親指の靴擦れや爪下血腫を起こさない失敗しないシューズ選びを、次の2ステップで紹介していきます。


アスリートサロン(https://athlete.salon/)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。