スポーツで痛む爪の悩みランキング【2020年8月版】TOP3の原因に共通するコロナ対策のある行動

アスリートサロン(爪のコンディショニング専門メディア)は、スポーツと爪の悩みランキングを公開しました

緊急事態宣言が発令されてから、早いものでもう5ヶ月。

新しい生活様式の下、徐々にスポーツシーンも日常を取り戻してきているが、まだ制約がある中でのトレーニングは否めません。適正練習が保てず、体のコンディションに苦労している人も多いのではないでしょうか。もちろん、爪のコンディションも例外ではありません。

そこでアスリートサロンでは、コロナ禍でアクセスが急増した記事を含め、緊急事態宣言が発令された2020年4月8日から2020年8月28日までの間に、よく読まれた爪の症状をランキング形式で紹介します。

アスリートサロン 爪の症状アクセス調査:n=625,306(2020/4/8〜2020/8/28)

スポーツを楽しむ多くの人が悩まされた爪のトラブルは、何でしょうか?

ランキングをとって見るとコロナ禍に隠れた原因がありました。なんと1位〜3位に共通するのは、新しい生活様式としてコロナ対策で私たちが日常的にしている「あの行動」でした。

この記事では、アスリートネイル協会認定アスリートネイルトレーナーの大塚裕司氏に聞いた、スポーツと爪のプロによるトラブル予防のアドバイスも紹介します。コロナ禍での最適な爪ケアを知って、ネイルコンディションを保ちトラブルから体を守ろう。

スポーツと爪の悩み1位〜3位と、その原因は?

スポーツでは日常生活以上に爪を酷使し、衝撃や摩擦などいろんな負担がかかっています。爪のトラブルとは無縁だった人も、スポーツを始めると爪の悩みが出てきたということはあるのではないでしょうか。

スポーツによる爪トラブルは、日常生活と同じ原因で起こる症状もありますし、スポーツ特有の原因も潜んでいます。例えば、走る、投げるといったスポーツでは当たり前の行動も、意外なトラブルを起こす引き金になっているかも!?

そんな爪トラブルを回避するために、よくあるスポーツの爪トラブルのポイントを解説。アスリートネイルトレーナーのプロのアドバイスを参考に、爪トラブルのトラブルシューティングをして対処方法を習得しよう。

第3位 爪の剥離(剥がれ)

第3位は、爪の剥がれです。爪甲剥離(そうこうはくり)とも呼ばれています。

爪が剥がれるというと、かなり強い力がかからないと起こらないと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、実は爪は皮膚と強力に密接しているわけではなく、皮膚の上に乗っているだけに等しいので、意外とすぐに剥がれてしまうものなのです。まずはこのことを覚えておきましょう。

スポーツによる原因

爪が剥がれる原因は、爪を引っ掛けてしまったなど、外力が一番の原因です。

手の爪では、球技でよく起こります。野球でボールを投げる際に爪を引っ掛けたり、バスケでパスを受け取る時にミスしてしまい、突き指と併せて起きることもあります。

足の爪では、走る、止まるという全力ダッシュと急停止の繰り返しでシューズ内の爪が慢性的に圧迫されることが、爪の剥がれの原因に。

日常生活でも缶のプルタブを爪で引き上げる、パソコンのキーボードを指を立てて打つなどの行為は、剥離を招きます。

アスリートネイルトレーナーのアドバイス

爪は皮膚に乗っているに等しいと伝えましたが、爪の剥がれを予防するには、爪と皮膚の接点をケアしておくことが必要です。特に注意したいのが、爪下皮(ハイポニキウム)と呼ばれる指先の爪の裏側。ハイポニキウムに弱い力でも継続的に力がかかると、爪は徐々に後退し剥がれにつながります。

予防するには、ハイポニキウムの保湿ケアがおすすめ。ハイポニキウムを乾燥から守ることで、爪と皮膚の密着を助けてくれます。

第2位 爪の内出血

第2位は、爪の内出血です。爪下血腫(そうかけっしゅ)とも言います。

日常生活では、ドアに手を挟んでしまう、足指の上に重いものを落としてしまうなどのアクシデントで爪の内出血が起きます。しかし、スポーツシーンではもっと頻繁に爪の内出血が見られます。具体的に見ていきましょう。

スポーツによる原因

爪が内出血を起こす原因は、衝撃や摩擦など外力と、爪の乾燥です。爪はアーチを描いているので、外力を柔軟に受け止めることができますが、乾燥した爪は硬くなりクッションが機能しないからです。

しかし、スポーツ特有の外力に、相手選手との接触があります。例えば、ボディプレー中に相手選手に足を踏まれてしまった。相手選手との接触で転倒したなどの自分では回避できない不可抗力で、爪がダメージを受け内出血が起きるのです。

他にもよくある例では、マラソン完走後に爪が圧迫されていたが挙げられます。

アスリートネイルトレーナーのアドバイス

爪の内出血は、スポーツでは本当によくあるトラブルです。だから、内出血が起きるのは仕方がないのですが、大切なのは爪の内出血が起きた位置と大きさです。

個人差はありますが、爪の大きさの約1/6〜1/4を超える内出血には、気をつけましょう。ほぼ間違いなく第3位で紹介した剥離にもつながります。爪の内出血は、爪と皮膚の間に血が溜まった状態のこと。つまり、内出血が起きた時点で、爪と皮膚は剥がれてしまっているのです。

爪の伸びに合わせて、出血した部位は、爪先 に移動していきますが、フリーエッジ (爪の白い部分)に接する頃には固まった内出血が流れ出て、剥離をした状態と同じになります。爪の剥離が広がらないようにこまめな保湿ケアを心がけましょう。

第1位は?

注目の第1位は、コロナ禍で注目され日常生活でもよく起こる、あの爪トラブルでした。


それは、、、

アスリートサロン(https://athlete.salon/)は、トップアスリート界で愛用されている爪のコンディショニング技術をもって、爪の正しいケアやメンテナンスに役立つ情報を届ける爪専門の総合情報メディアです。

「爪で日本スポーツの強くする」がビジョン。世界的に見て日本は爪のケア・メンテナンスの後進国。このアゲインストに立ち向かい、スポーツパフォーマンスと爪の深い関係、爪とスポーツ障害予防の関係を解くことで、日本の競技力向上とスポーツのある豊かな暮らしを実現します。