「ほうれい線を目立たせたくない!予防法とおすすめマッサージ」ミス・パリのBeauty Picksにて美容に関する記事を公開

世界品質の美を求める全ての女性に届けるミス・パリのBeauty Picks

笑ったときなどに気になることが多いほうれい線。スキンケアなどの基本的なことは気をつけているけれど、ほうれい線の正しい予防方法を知りたいという方はいるのではないでしょうか。

この記事では、ほうれい線を予防して若々しい肌を維持するための方法を解説します。ほうれい線ができる原因も紹介しますので、「ほうれい線を目立たせたくない」という方はぜひ参考にしてください。

ほうれい線ができる原因

最初に、ほうれい線ができる原因を見ていきましょう。ほうれい線ができる主な原因として、次の4つが挙げられます。

・頬や口元のたるみ
・肌の乾燥による小じわ
・顔まわりの筋肉の衰え
・悪い姿勢で過ごしている

これらの原因について、順番に詳しく解説します。

頬や口元のたるみ

頬や口のたるみは、ほうれい線が深くなることにつながります。口や頬のたるみの原因は、加齢による肌の真皮層のコラーゲンとエラスチンの減少や、繊維細胞の機能の低下です。

また、顔に脂肪がつきやすい人は筋肉を支える力や皮膚が重力に逆らえず、たるみにつながるので、ほうれい線が目立ちやすくなってしまいます。

肌の乾燥による小じわ

肌の乾燥による小じわもほうれい線の原因になります。小じわは、肌が乾燥して肌のハリが失われることで生じるものです。

特に口の周りの保湿ケアができていないと、ほうれい線としてそのまま定着してしまうことがあります。なぜなら、保湿ケアをきちんとできていないことが原因で小じわが生じると、そのしわが元に戻る力が弱くなってしまうからです。

顔周りの筋肉の衰え

顔まわりの筋肉の衰えもほうれい線ができる原因です。人間の顔まわりの筋肉は、加齢とともに衰えてしまいます。頬がたるみだしたり、しわが目立つようになったりする場合、それは筋肉の衰えのサインかもしれません。

筋肉の衰えは年齢を重ねることだけが原因ではなく、表情の変化が少ないことや、食べ物をあまり噛まないことも原因になる場合があります。

また、昔から使っているスキンケアを使い続けていると、肌の老化や乾燥が進んでしまうケースもあります。年齢とともに使うスキンケアも変えなければ、ほうれい線が深くなる可能性が高まるでしょう。

悪い姿勢で過ごしている

悪い姿勢は肌のたるみを進行させ、ほうれい線を生じさせる原因になります。たとえば、スマートフォンやPCを使うときに、知らず知らずのうちにうつむいた姿勢になっている方も多いのではないでしょうか。長時間うつむいていると、顔が下に向くことになるため、頬がたるみやすくなります。

そのほかにも、本を読んでいるときやゲームをしているときなどに姿勢が崩れがちなので、日常生活で姿勢をあまり意識しないときこそ注意が必要です。

普段からできるほうれい線の予防方法

ほうれい線を予防するためには、日頃から「スキンケア」と「表情筋」を意識することが大切です。

ここでは、普段からできるほうれい線の予防方法について詳しく解説します。