休校で家庭教育に不安な保護者に届けたい アグネス・チャン著『10歳までに鍛えておきたい20の能力』を発売

子ども全員をスタンフォードに合格させた経験が満載

『10歳までに鍛えておきたい20の能力』を上梓したアグネス・チャン
『10歳までに鍛えておきたい20の能力』を上梓したアグネス・チャン

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2020年4月23日に、アグネス・チャン著『10歳までに鍛えておきたい20の能力』を発売します。歌手・エッセイストとして活躍する著者は、教育学博士でもあります。本書では、仕事を続けながら3人の子どもたちを名門大学に合格させた“アグネス流”家庭教育のすべてを紹介します。休校が続き、子どもたちの学習に不安を感じる保護者に、家庭でこそやるべき教育のヒントをお届けします。

子どもに「勉強しなさい」と言ったことはない

スタンフォード大学に留学し、教育学博士号(Ph.D)を取得したアグネスさん。渡米当時、長男は3歳、次男の臨月であり、“子連れ留学”として話題となりました。その後、母校に3人の子ども全員が合格したことで“アグネス流子育て”が注目されましたが、アグネスさん自身は子どもたちに「勉強しなさい」と言ったことはありませんでした。留学中からずっと勉強する姿を見せてきたことで、3人の兄弟は「無意識に好奇心と学習意欲を身につけたと思います」と、本書で振り返っています。幼いなりの経験から、子どもは自分で考え、学んでいる――新著タイトルの「10歳までに」には、そんな思いがこめられています。

休校中の今が「勉強」を見直すチャンス

休校になって、家庭でできる計算や漢字のドリルの需要が高まっています。必要なのは、「どうすれば積極的に学習する子どもに育つか」ではなく、「どうやって子どもの積極的に学びたい気持ちを保つか」というスタンスなのだと、アグネスさんは述べています。保護者に求められるのは、時代や社会の変化に左右されない特技や能力を伸ばすこと。勉強の本来の目的とは、子どもが夢中になれるものを見つけることだからです。

家庭教育に児童心理学やスタンフォードの教育学を応用

「このままで大丈夫?」「どう手助けしたらいいかわからない」。大人も戸惑う初めての状況にあって、児童心理学や教育学の専門知識に裏付けられた“アグネス流子育て”のプロセスから成果までがわかる本書は、家庭教育のよき相談相手となるサブテキストです。

家庭での時間を、今どう過ごすか。いつ学校が始まってもいいように、家族で準備ができるヒント満載の一冊です。

『10歳までに鍛えておきたい20の能力』について

『10歳までに鍛えておきたい20の能力』表紙
『10歳までに鍛えておきたい20の能力』表紙

ヘッドタイトル:アグネス流
タイトル:10 歳までに鍛えておきたい20 の能力
サブタイトル:これからの時代に活躍できる子に育てるために
著者:アグネス・チャン
判型:四六判並製
定価:1,300円+税
発売日:2020年4月23日
ISBN:978-4-569-84534-0
発行:株式会社PHP研究所

目次より

【第1章】私が行なってきた子育てを伝えたい
親は子どもの特性を見抜き、力を見出す
人生は一つ一つの選択の結果にある
感謝の気持ちを忘れず他人を尊重する

【第2章】10歳までに鍛えておきたい20の力
(1)自己肯定力
(2)恥ずかしさを乗り越える力
(3)意見を言える力
(4)あきらめない力
(5)適応力
(6)積極的に学習する力
(7)家事力
(8)金銭感覚力
(9)楽観する力
(10)光あるところに導ける力
(11)他人を尊重できる力
(12)信頼される力
(13)遊ぶ力
(14)いじめを正す力
(15)世界のことに関心を向ける力
(16)人を大事にできる力
(17)人を許す力
(18)指導力
(19)想像力
(20)創造力

【第3章】これからの時代を生き抜く「地球人」を育てる
各国の行事を通して「地球人」を意識させる
広い世界を見せることで視野が広がる
環境問題にも目を向けながら生きていく

著者について

アグネス・チャン近影
アグネス・チャン近影

アグネス・チャン

歌手・エッセイスト・教育学博士。1955年、香港生まれ。72年、「ひなげしの花」で日本歌手デビュー。上智大学国際学部を経て、カナダのトロント大学(社会児童心理学)を卒業。89年、米国スタンフォード大学教育学部博士課程に留学、94年に教育学博士号(Ph.D)取得。98年、日本ユニセフ協会大使に就任。2018年、旭日小綬章を受章。長男、次男、三男全員が母校スタンフォード大学に合格して話題となる。現在は芸能活動のみならず、ユニセフアジア親善大使、日本対がん協会「ほほえみ大使」など文化人として世界を舞台に幅広く活躍。
著書に『未知に勝つ子育て』(小学館)、『スタンフォード大に三人の息子を合格させた50の教育法』(朝日新聞出版)などがある。