「レイヤー=変数」を重ね、試合以上の複雑性を生み出す『フットボールヴィセラルトレーニング 無意識下でのプレーを覚醒させる先鋭理論[実践編]』が10月3日発売!

実際の試合以上の複雑性を生み出すヴィセラルトレーニングの構造を具体的に解説

株式会社カンゼンは、「レイヤー=変数」を重ね、試合以上の複雑性を生み出す『フットボールヴィセラルトレーニング 無意識下でのプレーを覚醒させる先鋭理論[実践編]』を10月3日に発売いたします。

阿部勇樹(元日本代表)推薦!
「この先のサッカーのために何が必要か? 指導者として新たな発見があった」

『フットボールヴィセラルトレーニング 無意識下でのプレーを覚醒させる先鋭理論[実践編]』書影
『フットボールヴィセラルトレーニング 無意識下でのプレーを覚醒させる先鋭理論[実践編]』書影

タスク(課題、目的)に向けて「レイヤー(層)=変数」を 重ね、実際の試合以上の複雑性を生み出す

上巻『フットボールヴィセラルトレーニング[導入編]』では、神経科学を実用的に用い、認知、意思決定、無意識下でのプレーを最適化するための理論を紹介した。下巻『フットボールヴィセラルトレーニング[実践編]』では、タスク(課題、目的)に向けて「レイヤー(層)=変数」を重ね、プレーヤー、フィールドサイズ、ピッチ形状、ゾーニング、ボール、ゴール、ゲート、ツール、時間などを操作し、実際の試合以上の複雑性を生み出すヴィセラルトレーニングの構造を具体的に解説していく。

サンプルページ

第1章 根本的なアイデア  3 解決と問題
第1章 根本的なアイデア  3 解決と問題
第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入 2 ヴィセラルトレーニング特有の原則:「レイヤー」の重なり
第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入 2 ヴィセラルトレーニング特有の原則:「レイヤー」の重なり
第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入  3 どのように複数のレイヤーを整理するのか?
第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入  3 どのように複数のレイヤーを整理するのか?
第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入 図14~図17
第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入 図14~図17
第3章 賢いサッカー選手 3 記憶
第3章 賢いサッカー選手 3 記憶
第4章 意思決定 1 伝統的なトレーニングとヴィセラルトレーニングの意思決定
第4章 意思決定 1 伝統的なトレーニングとヴィセラルトレーニングの意思決定

CONTENTS

CONTENTS①
CONTENTS①
CONTENTS②
CONTENTS②
CONTENTS③
CONTENTS③
CONTENTS④
CONTENTS④

監修者まえがき

第1章 根本的なアイデア
1 なぜヴィセラルトレーニングは誕生したのか?
2 「機械的論理」対「芸術的論理」
3  解決と問題
4 「試合」対「エクササイズ」
5 ヴィセラルトレーニングはなぜ選手の無意識的なプロセスを改善するのか?

第2章 実践的なヴィセラルトレーニングの導入
1 どのようにヴィセラルトレーニングを導入するのか?
2 ヴィセラルトレーニング特有の原則:「レイヤー」の重なり
3 どのように複数のレイヤーを整理するのか?
4 チームプレー形式でどのようにヴィセラルトレーニングを始めるべきか?
5 「構造化トレーニング」や「戦術的ピリオダイゼーション」を手助けするヴィセラルトレーニングという手段
6 ヴィセラルトレーニングをどこで適用すべきだろうか?
6・1 ゲームモデル
6・2 ゲームシステム
6・3 試合の局面
6・4 ヴィセラルアナリティクス
6・5 SSG・MSG・LSG・SG
6・6 個人トレーニング
6・7 小さなグループ
6・8 チーム
6・9 活性化
6・10 主要なトレーニング
6・11 補完的なトレーニング
6・12 レクリエーション的なトレーニング
7 ヴィセラルトレーニングにおける計画
8 通常のヴィセラルトレーニングと特別なヴィセラルトレーニング
9 育成年代からプロまでのヴィセラルトレーニング
10 すべてのトレーニングや試合をヴィセラルトレーニングに変換する方法
11・1 守備のポジショントレーニング
11・2 ロンド
12 ヴィセラルトレーニングと育成年代
13 ほかのスポーツを導入したヴィセラルトレーニング
14 ヴィセラルトレーニングにおける最大限の特異性

第3章 賢いサッカー選手
1 実行機能
2 ピッチ外における実行機能の評価
3 記憶
3・1 作業記憶
3・2 前方視的記憶
3・3 エピソード記憶
3・4 手続き記憶
3・5 パターン記憶
4 予測

第4章 意思決定
1 伝統的なトレーニングとヴィセラルトレーニングの意思決定
2 「現代的」な意思決定
3 「思考せずに思考する」対「思考することで思考する」
4 サッカーにおける意思決定に限らない意思決定

第5章 視覚的な認知
1 ヴィセラルトレーニングにおける視野
2 スキャニング(視覚認知行動)を説明するために役立つ従来のモデル
3 無意識の思考を刺激する「無意識のスキャニング」

第6章 心理学的なアプローチ
1 サッカーにおけるプライミング
2 無意識も従順である: 実施意図
3 実施意図を実際の試合でどのように適用するか?
4 「無意識の実行意図」がある場合はどのようになるか?
5 無意識を助ける意識的なプロセス
6 現実の出来事に基づいた感情的な優位性としての状態依存性記憶
7 無意識から暗黙的に学ぶそのほかの方法
8 無意識的にトレーニングを助ける「警告」
9 行動の観察
10 ビジュアライゼーション
11 瞑想
12 無意識へのアプローチにおける最後の手法:夢
13 明晰夢

第7章 感情とモチベーション
1 ヴィセラルトレーニングにおける感情
2 ヴィセラルトレーニングにおけるモチベーション
2・1 モチベーションの最も深い源泉:エロス

第8章 創造性
1 ヴィセラルトレーニングと創造性
2 意識における1つのタスク:機能的固定
3 「自動化」対「創造性」

第9章 認知的柔軟性
1 機能的結合の変化
2 精神的・認知的な耐性を強化するためのヴィセラルトレーニング
3 認知的疲労
4 認知的疲労におけるそのほかの要因
5 トレーニングと同様に重要な脳の回復

第10章 テクノロジーとイノベーション
1 テクノロジー・イノベーション・ヴィセラルトレーニング
2 サッカーにおける仮想現実と拡張現実

第11章 制約
1 ヴィセラルトレーニングはなぜ伝統的なタスクの制約ではないのか?
2 量的、質的な制約の次元
3 ナーゲルスマンのトレーニングセッション
4 明示的な制約と暗黙的な制約

第12章 ヴィセラルトレーニングという旅の終わりに
1 予備的な結論
2 最後のテスト
3 おわりに

監修者あとがき

訳者あとがき

書誌情報

書名:フットボールヴィセラルトレーニング
無意識下でのプレーを覚醒させる先鋭理論[実践編]
著者:ヘルマン・カスターニョス
監修:進藤正幸
訳者:結城康平
ISBNコード:978-4-86255-696-7
定価:2,970円(本体2,700円+税)
判型:四六判
ページ数:488P
発売日:2023年10月3日
出版社:カンゼン

【この件に関する問い合わせ先】

株式会社カンゼン
宣伝プロモーション部
担当:伊藤真
TEL:03-5295-7723
MAIL:ito@kanzen.jp