直下型地震発生を想定した災害対策訓練を実施 県警機動隊・航空隊と連携し、ヘリコプターによる救助訓練も

和歌山県警航空隊へリコプター「きのくに」による救助の様子(イメージ)
和歌山県警航空隊へリコプター「きのくに」による救助の様子(イメージ)

近畿大学生物理工学部(和歌山県紀の川市)は、令和3年(2021年)3月10日(水)和歌山キャンパスにおいて、約100名の教職員を対象に、直下型地震が発生したとの想定での避難訓練と、災害対策現地本部と学生消防団による放水訓練を実施します。また、岩出警察署、和歌山県警機動隊および航空隊によるレスキュー車やヘリコプターを用いた救出救助訓練も実施します。訓練には和歌山県警の警察犬「ヨハン号」も参加します。

【本件のポイント】
●県警による救出救助訓練に加え、10名の学生消防団による放水訓練を実施し日頃の消防訓練の成果を披露
●訓練を通じて災害に対する意識を高め、非常時における対応力を高める
●訓練後には和歌山県岩出警察署長から講評を受け、今後の災害対策を強化する

【本件の内容】
近畿大学生物理工学部では東日本大震災の発生から10年を迎えようとする令和3年(2021年)3月10日(水)に、災害に対する意識を高め、防災対策の強化を図るために、直下型地震の発生を想定した災害対策訓練を実施します。和歌山県では、県内全域が、南海トラフ地震により著しい地震災害が生じるおそれのある「南海トラフ地震防災対策推進地域」に指定されています。また、キャンパスのある紀の川市には、中央構造線断層帯の一部である根来断層・桜池断層帯が走っています。
本学部では、これまでに教職員、学生を対象にシェイクアウト訓練(地震発生直後の危険回避のための初期行動訓練)や避難訓練等を実施し、災害対策に取り組んできました。昨年は、那賀消防組合中消防署との協力による「はしご車」を用いた訓練も実施しました。
また、2019年4月には学生・職員等によるボランティアで地域の消防活動に貢献する消防団「紀の川市消防団本部近畿大学部」を結成しました。防災啓発活動に取り組み、地域の安全に貢献できるよう定期的に訓練を行っており、今回の訓練には10名の学生団員が参加します。
今回の訓練は、中央構造線断層帯での直下型地震の発生により、和歌山キャンパスにおいて震度6強の揺れが約10秒間続き、建物内で教職員が閉じ込められているという想定で行います。緊急地震速報の受信後、学内で定める「地震対策マニュアル」に基づき、学部長以下の教職員を中心に災害対策現地本部を設置し、情報の収集、本学災害対策本部(東大阪キャンパス)との連携、教職員による学生等の避難誘導などに対応します。また、本学部消防団の学生団員による放水訓練、岩出警察署による倒壊建物からの救出訓練、和歌山県警機動隊のレスキュー車および同県警航空隊ヘリコプター「きのくに」によるホイスト救助※ 訓練も行います。訓練終了後には、岩出警察署長から訓練の講評を受け、今後の災害対策に生かします。講評終了後、機動隊レスキュー車・高性能救助車(ウニモグ)・航空隊ヘリコプター等の見学会も実施します。

※ ヘリコプターが空中停止した状態で、機体に装備しているホイスト装置からワイヤーを伸長し、救助隊員を降下させ、要救助者を救助すること

【開催概要】
日  時:令和3年(2021年)3月10日(水)10:00~12:00
場  所:近畿大学生物理工学部(和歌山キャンパス)
     (和歌山県紀の川市西三谷930、
      JR阪和線「紀伊駅」からバスで約25分)
対  象:教職員(警備員含む)約100名
訓練参加:和歌山県警察機動隊副隊長以下約36名

【当日の流れ】
10:00 地震発生(震度6強・約10秒間)
    守衛室から危機回避・避難を学内にアナウンス
10:05 災害対策現地本部設置[以下場所:学生第二駐車場]
10:15 学生消防団員による放水訓練
10:30 救出訓練(1):機動隊員による狭隘(きょうあい)空間からの救出訓練披露
10:45 救出訓練(2):警察犬が要救助者を捜索後、
            岩出警察署員による倒壊建物からの救出訓練披露
11:00 県警航空隊員らによるヘリコプターを使用したホイスト救助訓練披露
     救出訓練(2)で救出した要救助者を搬送するためホイスト救助
11:15 和歌山県岩出警察署長講評、学部長挨拶
11:20 機動隊レスキュー車・高性能救助車・航空隊ヘリコプター等展示見学

【関連リンク】
生物理工学部
https://www.kindai.ac.jp/bost/