生徒の安全な通学のために 自転車組合による整備点検と保護者による見守りを実施

前回実施の様子
前回実施の様子

近畿大学附属和歌山高等学校・中学校(和歌山県和歌山市)は、令和2年(2020年)11月14日(土)に、保護者会が中心となり、「安全な通学と自転車の整備点検」を実施します。当日は保護者と教員による登校指導の後、和歌山県自転車軽自動車商業協同組合和歌山北部支部の協力のもと、生徒の自転車点検を行います。

【本件のポイント】
●保護者・地域住民・教員が協力し、生徒たちの登校の安全を見守る
●地域の自転車組合の協力で、通学自転車を念入りに整備・点検し、整備不良による事故を未然に防止
●生徒に通学ルールや交通マナーについて再認識させ、安全意識を高める

【本件の概要】
近畿大学附属和歌山高等学校・中学校は、全校生徒数1,655人のうち約6割の生徒が自転車で通学しています。生徒が安全で安心して通学できるように、毎年6月と11月に保護者会が中心となり、地域住民、教員とともに生徒たちの登校の安全を見守る登校指導を実施しています。生徒や保護者にとって、日頃の通学ルールや交通マナーを再確認できる機会でもあり、安全意識も高めることができます。また、整備不良による事故を未然に防ぐために、和歌山県自転車軽自動車商業協同組合和歌山北部支部にご協力いただき、ブレーキの利き具合やチェーン等に不良個所がないか念入りに点検作業を行います。前回は、計923台の自転車の点検をしていただきました。

【開催概要】
日時:令和2年(2020年)11月14日(土)
   7:40~11:30(雨天決行)
   7:40~登校指導
   10:00~自転車点検
場所:近畿大学附属和歌山高等学校・中学校 駐輪場および学校付近
   (和歌山市善明寺516、JR阪和線「和歌山駅」から和歌山バスで約15分
   「近畿大学附属和歌山校前」下車すぐ)
対象:全生徒1,655人(高校1,073人 中学校582人)

【関連リンク】
近畿大学附属和歌山高等学校・中学校
https://www.hwaka.kindai.ac.jp/