6/29(月)、8/21(金)戦争講話及び校外研修「戦後70周年の夏」元特攻隊員の花道 柳太郎氏が戦争体験を語る 近畿大学附属和歌山中学校

近畿大学附属和歌山中学校(和歌山県和歌山市)は、平成27年(2015年)6月29日(月)に、元陸軍特別攻撃隊員(特攻隊員)の花道 柳太郎氏をお招きし、「未来に向けて~戦後70周年の夏~」というテーマで戦争講話を実施します。また、8月21日(金)には、校外研修として鹿児島県にある知覧特攻平和会館を訪れます。

【本件のポイント】
● 元特攻隊の花道 柳太郎氏から戦争の実体験を学ぶ
● 知覧特攻平和会館を訪問し、戦争に対する理解を深める
● 平和学習を通して、生徒に平和や命の尊さについて考える場を提供

【本件の概要】
本講演会の講師の花道 柳太郎氏は、和歌山県日高町萩原出身の元特攻隊員で、乗るはずだった機体が出撃前に燃え、また、戦隊長が特攻に反対だったことから生き残ることができました。花道氏は終戦後、自責の念で特攻隊員であることを隠していましたが、「今年で90歳。身体が元気な限りは自分の体験を話したい」との思いで、今回講演していただくことになりました。8月21日に訪問する知覧特攻平和会館での校外研修では、1,036人の特攻隊員らの永遠の冥福と世界の平和を願い、彼らの貴重な遺品や資料を見学します。

戦後70周年の節目に、戦争講話及び校外研修を通じて戦争の歴史を知り、平和と命の尊さを学ぶことで、生徒自身や友達、家族との絆について考えることを目的としています。

【戦争講話「未来に向けて~戦後70周年の夏~」】
■日  時:平成27年(2015年)6月29日(月)14:50~15:40
■場  所:近畿大学附属和歌山中学校 階段教室
■対  象:3年生(176人)
■講  師:花道 柳太郎氏

【校外研修-知覧特攻平和会館-】
■日  時:平成27年(2015年)8月21日(金)
■場  所:知覧特攻平和会館(鹿児島県南九州市知覧町郡17881)
■対  象:3年生(参加希望者155人)

【講師プロフィール】

■講    師:花道 柳太郎(はなみち りゅうたろう)氏
■プロフィール
 昭和15年(1940年)   岐阜県各務原陸軍航空機技能者養成所に入る
 昭和19年(1944年)   滋賀県第8航空教育隊に入隊
 昭和19年(1944年)   宇都宮陸軍飛行学校へ入る
 昭和20年(1945年)   陸軍飛行第62戦隊に配属
 昭和20年(1945年)5月 沖縄沖、ト号機で特攻出撃、帰還
 昭和20年(1945年)8月 復員
 平成21年(2009年)3月 NHK「戦争証言アーカイブズ」に出演

【知覧特攻平和会館】
知覧特攻平和会館では、第二次世界大戦末期の沖縄戦にて爆装した飛行機に乗り、敵艦に体当たり攻撃をした特攻隊員の写真や遺書などの遺品約4,500点、特攻隊員の遺影1,036柱などが展示されており、当時の記録を後世に伝える役割を果たしています。

花道 柳太郎氏
花道 柳太郎氏