50代でも20歳顔負けの爪に!?爪の丈夫さを保つたった1つの秘訣

外出自粛解除でやりたい、加齢に負けない丈夫な爪の育成の仕方

コロナウイルスで外出自粛が続いている中、歩くことが少なくなっていませんか?足の爪は立ったり、歩いたりして指の腹からの刺激がないと、爪はどんどん巻いてきてしまいます。座っている時間が長くなると、知らない間に巻き爪予備軍になっているかもしれません。

また、女性はおしゃれでジェルネイルしていた人も、コロナ期間中は自爪で過ごされていたのではないでしょうか。いつもよりも自爪に向き合う時間が増え、痛みが気になっている人もいるのでは?

これを機に爪のケアについて見直してみませんか?

爪は、髪の毛と同じで一生伸び続けます。年齢によって差はありますが、いくつになっても爪の健康をキープする方法は同じ。しっかり知識をつけてケアすれば、50代でも20歳に劣らず爪の機能を維持し、健康をキープすることができます。

そこで今回は、爪を若く丈夫に保つ秘訣に迫っていきます。

爪は20歳がピーク!?その理由は?

爪を若く保つ秘訣と言いましたが、そもそも爪にとって年齢は関係あるのでしょうか?

まずは爪の基礎的な生理からおさらいしていきましょう。

爪が伸びるスピードは、手は1日に約0.1mmしか伸びません。1ヵ月でやっと約3mmです。ですので、根元からつま先まで生え変わるのに約6ヵ月かかります。

足の場合は、もっと遅くて手の約2倍も時間がかかります。1日で約0.05mm、1ヵ月で約1.5mm、生え変わるのはなんと1年から1年半かかります。

ちなみに、これは20歳頃の成人を例としたデータです。実は年齢によって爪が伸びるスピードは違うのです。

加齢に伴う注意したい爪の変化

年齢によって変わる爪の変化と、若さを保つたった一つの秘訣とは・・・