ベトナムで課題解決型インターンシップを実施 現地の学生と協力し、ベトナムでの芳香剤シェア拡大を目指す

近畿大学(大阪府東大阪市)と帝京大学(東京都板橋区)は、平成29年(2017年)8月21日(月)から28日(月)までの8日間、ベトナム・ホーチミン市にて、産学共同による海外インターンシップを実施します。近畿大学と帝京大学が共同で海外インターンシップを実施するのは今回が初めてです。

【本件のポイント】
●ベトナムで近畿大学と帝京大学の学生がインターンシップに参加
●現地の大学生と協力して、日本の某製薬会社の芳香剤のシェアが低いベトナムでのシェア拡大および市場開拓のための課題に挑戦
●学生はインターンシップを通じて、問題解決能力や海外におけるコミュニケーション能力を身に付ける

【本件の概要】
ベトナムでの芳香剤市場は、ブランド力のある欧米メーカーと低価格の現地メーカーが多くのシェアを占めており、今回インターンシップを実施する日本の製薬会社の製品シェアは5%未満、メーカー知名度は10%未満の状態であり、ベトナムでのシェアの拡大が課題となっています。
そこで、近畿大学および帝京大学が共同実施する海外インターンシップにおいて、学生に「ベトナム市場に芳香剤を売り込め!」というミッションを与えます。
このミッションに、近畿大学の学生(15人)と帝京大学の学生(16人)は、現地のオープン大学の学生と協力して課題解決に挑みます。市場の視察やアンケート調査などのリサーチ活動を行い、マーケティング戦略を立案します。
帰国後には、これから海外での仕事やインターンシップを考えている学生を対象に報告会を行う予定です。

■日 時:平成29年(2017年)8月21日(月)~28日(月)
■場 所:ベトナム・ホーチミン市
■参加者:近畿大学:1~3年生 15人、帝京大学:1~3年生 16人

【スケジュール】
■8月21日(1日目)
関西国際空港発
タンソンニャット国際空港(ホーチミン国際空港)着
ホテル到着後、オリエンテーションで研修目的等を確認

■8月22日(2日目)
ペンタン市場、聖母マリア教会、中央郵便局、戦争歴史跡博物館等を視察

■8月23日(3日目)
イオンオフィス訪問:ASEANエリアでの事業戦略求めるグローバル人材像の講演会を聴講
ホーチミン市・オープン大学にて交流セレモニー
リサーチに向けた準備(アンケート内容作成、ベトナム語レクチャー)

■8月24日(4日目)
目的達成に向けての計画立案ミーティング(日越学生6人程度のチームに分かれて)
グループごとのマーケティング・リサーチ実施

■8月25日(5日目)
中間報告(リサーチ結果報告→アドバイス→修正)

■8月26日(6日目)
再リサーチ・マーケティング案検討・準備
グループごとの再マーケティング・リサーチ実施
報告・発表に向けてのグループワーク

■8月27日(7日目)
キャリアフォーラム:ベトナムで活躍する若手ビジネスマンと交流
振り返り研修
修了式パーティー

■8月28日(8日目)
タンソンニャット国際空港発
関西国際空港