大阪府教育委員会主催「学びングキャンパス」実施 近畿大学英語村E3[e-cube]

近畿大学英語村E3[e-cube](大阪府東大阪市)は、大阪府教育委員会から依頼を受け、平成28年(2016年)3月28日(月)・29日(火)に英語教育プログラム「学びングキャンパス」を実施します。28日は府内公立小学校5・6年生、29日は府内公立小中学校教員を対象に行います。

【本件のポイント】
●英語学習施設として注目される近畿大学英語村が、小学生からの英語学習をサポート
●「遊びながら英語を楽しく学ぶ」英語教育を通じて、小中学校教員が指導方法を学ぶ
●府内の教員の方々に近畿大学の英語教育の取り組みを知っていただく機会

【本件の概要】
本プログラムは、平成24年(2012年)から大阪府教育委員会の依頼を受けてはじまり、今年で5回目です。小学校での外国語活動必修化にともない、効果的な指導法を検討する場として、小学生対象と教員対象で日にちを分けて実施しています。

小学5・6年生対象のプログラムでは、海外でイースターに行われる伝統的な遊び「イースター・エッグハント」などを行います。また教員対象のプログラムでは、本学英語村が普段行っている英語による無料のアクティビティーを実施し、楽しみながら英語を身につける英語教育システムを体験し、学校現場に生かしていただきます。

■日 時:平成28年(2016年)
     (1)3月28日(月) 午前の部10:00~11:40、午後の部13:00~14:40
     (2)3月29日(火) 午前の部10:00~12:00、午後の部13:00~15:00
■会 場:近畿大学東大阪キャンパス 英語村E3[e-cube]
    (大阪府東大阪市小若江3-4-1、近鉄大阪線「長瀬」駅から徒歩約10分)
■対 象:(1)府内公立小学校の5・6年生(定員のべ80人)
     (2)府内公立小中学校の教員(定員のべ80人) ※いずれも申込締切済
■主 催:大阪府教育委員会事務局 市町村教育室小中学校課教務グループ

【近畿大学英語村E3[e-cube]】
近畿大学英語村E3[e-cube]は、平成18年(2006年)に「遊びながら英語を楽しく学ぶ」をコンセプトに開設されました。敷地内の会話は英語に限定され、常駐のネイティブスタッフと会話やゲームをしたり、料理やアート、スポーツ、クイズなど日替りの英語のイベント「アクティビティー」に参加したり、学生たちが楽しみながら英語に触れるというスタイルを確立しています。

開村9年で累計入場者は96万人を超え、大学英語教育の常識を覆す画期的な施設として、他大学や市町村でも近畿大学英語村を参考にした取り組みが広がっています。東京都がオリンピック開催に向けて計画している「英語村」開設のための有識者会議でも、近畿大学英語村村長の北爪佐知子が委員に就任しています。

【関連リンク】
文芸学部 英語コミュニケーション学科 教授 北爪 佐知子
http://www.kindai.ac.jp/meikan/951-kitazume-sachiko.html

小学生対象「学びングキャンパス」の様子
小学生対象「学びングキャンパス」の様子