飯塚市立小中一貫校穂波東校中学部にて出張講義を実施 専門知識に触れ、自己の将来について考える機会に

昨年度オープンキャンパスでの高校生を対象とした体験授業の様子
昨年度オープンキャンパスでの高校生を対象とした体験授業の様子

近畿大学九州短期大学(福岡県飯塚市)は、令和4年(2022年)10月18日(火)に、飯塚市立小中一貫校穂波東校中学部の全生徒316名を対象とした出張講義を行います。地域社会に貢献できる人材の育成に寄与することを目的とし、本学教員が2つのテーマで講義を行います。なお、本学が中学生を対象とした出張講義を実施するのは、今回が初めてです。

【本件のポイント】
●近畿大学九州短期大学の教員が、中学生に2つのテーマで講義を実施
●中学生を対象とした出張講義は、近畿大学九州短期大学として今回が初の試み
●地域の中学生に専門的な知識に触れる場を提供することで、自己の将来について考えるきっかけとしてもらうことを目指す

【本件の内容】
近畿大学九州短期大学では、地域社会に貢献できる人材の育成に寄与することを目的に、地域の高校生を対象とした出張講義や、オープンキャンパスでの体験授業などに力を入れてきました。筑豊地域唯一の短期大学として、次世代を担う児童・生徒との交流の場を更に拡げるべく、市内の中学生を対象とした出張講義を初めて実施します。
飯塚市立小中一貫校穂波東校中学部の全生徒316名を対象に、「大人と子ども」、「何のために勉強するの?」の2つのテーマで講義を実施します。「大人と子ども」では、18歳選挙権や成人式について触れ、法律学的な側面から大人と子どもの違いを考えます。「何のために勉強するの?」では、現代社会の成り立ちやこれからの人生についての話を交えながら、勉強するとはどういうことかについて考えを深めます。
出張講義を通して、中学生に専門的な知識に触れる場を提供することで、生徒一人ひとりが今後の進路について考える機会とするとともに、学習意欲の向上や自己の将来について考えるきっかけとなることを目指します。

【開催概要】
日時:令和4年(2022年)10月18日(火)14:00~15:30
場所:飯塚市立小中一貫校穂波東校 体育館
   (福岡県飯塚市平恒1021、JR福北ゆたか線「天道駅」から徒歩約10分)
対象:飯塚市立小中一貫校穂波東校中学部 全生徒316名
内容:(1)「大人と子ども」 14:00~14:40
     講師 近畿大学九州短期大学生活福祉情報科 特任講師 清澤 亨
   (2)「何のために勉強するの?」 14:50~15:30
     講師 近畿大学九州短期大学保育科 教授 垂見 直樹

【関連リンク】
近畿大学九州短期大学
https://www.kjc.kindai.ac.jp/