【界 加賀】温泉旅館が秋ならではの取り組み「秋のマイクロツーリズム」を提供|提供期間:2022年9月1日〜11月30日

加賀温泉郷の一つ、山代温泉に位置する小規模な温泉旅館「界 加賀」では、2022年9月1日~11月30日の期間、近隣からお越しの方々に少しでもお楽しみいただけるよう、秋ならではの取り組みを提供します。館内の茶庭や客室の行灯の中に、うさぎの影がほんのり浮かぶ仕掛けが登場し、庭園に面したテラスでは、夜になると月に見立てた灯りがともります。この地に根付く秋の文化を身近に感じるひとときを過ごすことができます。

<背景>

「界 加賀」は、近距離圏内を訪れる「マイクロツーリズム」を推進し、さまざまな取り組みを展開してきました。石川県の良さにあらためて触れて愛着を感じたり、新たなお気に入りを見つけたりできるなど、今までにない気付きに満ちた旅を楽しんでほしいという思いから考案に至っています。3密回避や衛生管理が徹底的に行われた温泉旅館に宿泊し、地元ではおなじみの食材を斬新に組み合わせて楽しめる会席料理、毎晩開催する「加賀獅子舞」などのおもてなしを通じて、地元を再発見できる1日を過ごすことができます。

1 ご当地楽「加賀獅子舞」

金沢市の無形民俗文化財に指定されている加賀獅子舞を、地元の工芸作家や民族芸能チームの協力を得て、独自にアレンジした内容で毎日上演しています。勇壮な武家文化の伝統を重んじつつ、振付・衣装・音楽をオリジナルで手がけた舞は、新しさや独創性にあふれています。八方睨(はっぽうにらみ)と呼ばれる迫力のある獅子頭を間近で鑑賞できます。

2 ご当地部屋「加賀伝統工芸の間」

「九谷焼」「山中塗」「加賀水引」「加賀友禅」といった石川・金沢エリアが誇る代表的な4つの伝統工芸を随所に配した客室です。九谷焼の茶器でティータイムを楽しみ、山中漆器の壁掛けに加賀の文化を感じるひととき。障子にあしらった加賀水引が上品な輝きを放ち、ベッドルームでは加賀友禅をモチーフにしたパネルがおやすみ前の時間を優雅に彩ります。

3 今年も活蟹を用いた「ひとり蟹(がに)会席」を期間限定で提供

単身世帯数の増加、ライフスタイルや趣味趣向の多様化により、おひとり様市場は拡大しているといわれています(*1)。そんな旅のスタイルにあわせて、界 加賀では、秋から冬にかけて旬を迎える蟹をひとりで思う存分に楽しめるコースを用意しました。一口ごとの味の繊細な違いや変化を味わえるように工夫したコースで、6種類のつけダレで楽しめます。迫力ある見栄えの名物料理「蟹のしめ縄蒸し」をはじめ、贅沢感にあふれたひとり専用の会席コースです。
*1:矢野経済研究所 https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2418
提供期間:2022年11月7日~2023年3月10日チェックイン(12月29日~1月6日を除く)

4 秋のおもてなし

■読書の秋を温泉旅館で堪能する「温泉読書滞在」

界では、それぞれの地域にちなんだ「ご当地本」を用意し、1泊2日の滞在を通じて、そのご当地本にちなんだ追体験を提案します。初日にはゆっくりと温泉に入浴しながら、読書に没頭できるよう「温泉読書セット」の貸し出しを行います。界 加賀では、ご当地本として、北大路魯山人の「魯山人の料理王国」(中央公論新社刊)を用意します。幅広い芸術分野で知られる北大路魯山人は、九谷焼や加賀料理に魅せられ、山代温泉の滞在を通じて独自の料理哲学や才能開花の一端を担いました。「器は料理の着物」と唱えたことにちなみ、自分で選んだ茶器で抹茶を楽しむ体験や、温泉街に残る作品を巡り、魯山人の軌跡をたどる体験を用意します。

加賀の月うさぎ伝説に触れる滞在

古くから加賀エリアに伝わる月うさぎの伝説では、一羽の白うさぎが、稲作農家を困らせていた秋の長雨を降りやませ、豊作をもたらし、ツキ(月)を運んだといわれています。この伝承にちなみ、秋の間、館内の茶庭や客室の行灯の中に、うさぎの影がほんのり浮かぶ仕掛けが登場し、全ての客室には、界 加賀オリジナルの挿絵が入った、手作りの「月うさぎ伝説」絵本を用意します。また、館内の庭園に面したテラスでは、夜になると月に見立てた灯りがともり、この地に根付く秋の文化を身近に感じるひとときを過ごすことができます。

「界」とは

「界」は星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランドです。「王道なのに、あたらしい。」をテーマに、季節の移ろいや和の趣、伝統を生かしながら現代のニーズに合わせたおもてなしを追求しています。また、その地域の伝統文化や工芸を体験する「ご当地楽」や、地域の文化に触れる客室「ご当地部屋」が特徴です。現在、全国各地に展開しており、2022年1月に19施設目となる「界 ポロト」が北海道・白老温泉に開業しました。
https://hoshinoresorts.com/ja/brands/kai/

<最高水準のコロナ対策宣言>

【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・食事処入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)
・湿度40%以上を保つ加湿器を全客室に設置(星のや東京、沖縄県内の施設を除く)
・レストランにおけるメニューのQRコード化(界ブランド全施設)

【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化および混雑予測サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・半個室での食事処にて夕朝食の提供(界 *一部施設を除く)
・食事処の混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)
・パブリックスペースへのCO2(二酸化炭素)濃度測定器の配備
・自然換気、機械換気など、建物の設計にあわせた換気の徹底

関連資料:【星野リゾート】コロナ対策まとめ

界 加賀

加賀水引・加賀友禅などの伝統工芸をちりばめた客室や、スタッフが披露する加賀獅子舞など、伝統とモダンが融合した宿。山中漆器や九谷焼の器で料理とのマリアージュを楽しめます。名物料理「活蟹のしめ縄蒸し」は、ミシュランガイド富山・石川(金沢)に紹介されました。
〒922-0242 石川県加賀市山代温泉18-47/客室数 48室
https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaikaga/